わたどう3話感想とあらすじ・ネタバレ紹介!七桜の正体がバレる?

 

ドラマわたどうは、どんどん人気が出てきていますね!

美しい椿と七桜を拝めるわたどうは、日々の癒しと活力になっているという声多数です。

更にオリジナルストーリーで語られる女将・今日子の暗躍を覗き見る「女将の部屋」も配信スタート!

益々話題が尽きません!

そんな わたどう3話のあらすじ・感想・ネタバレ・見どころをご紹介します!

わたどう3話では、どんな見どころがあるのでしょうか。

女将…怖い!七桜の身に危険が?

あらすじや感想、ネタバレなど、徹底的にご紹介していきます!

 

わたどう3話感想

2話のラストは、衝撃的でしたね!

横浜流星さんの演じる椿は美しく、ベッドシーンならぬ布団シーンにドキドキしてしまいました!

でも、3話の頭で七桜が断ってて、「せんのかい!」って笑っちゃったw

七桜の偽りの経歴が、女将にバレてしまいそうです..が、どうやってこの危機を乗り越えたのでしょうか?

 

わたどう3話の感想

段々と明らかになる、椿の内面に同情を禁じ得ません!

こんな冷たい家庭環境で、唯一の心の支えである父・樹とも血の繋がりがないなんて…

確かに七桜も可哀想です。冤罪はダメ、絶対です!

でも、それ以上に椿の生い立ちが壮絶過ぎて、しかも七桜にも嘘をつかれているなんて…

今後の展開で、椿が幸せになってくれる事を願ってしまいます。

それにしても、悪の元凶は全て女将としか思えない・・・!

城島くんすら金で命令していただなんて、どういう母親なのか神経を疑います。

 

わたどう3話の視聴者の感想

物語はついに3話まできましたね!

ここまでのドラマの展開が、原作ファンもビックリの再現度の高さです!

そして、明らかになった城島くんの本性!驚きました!

4話では、城島くんが抱く椿への憎しみの原因で、七桜を奪い合う?!

息子を恨む人間を雇って手下にするなんて、本当に女将が恐ろしい…

 

わたどう3話あらすじとネタバレ!

椿と七桜の美しさと、美しい和菓子と、わたどうの魅力にすっかり魅了されてしまいますね!

この3話で、七桜を助ける多喜川の登場や、大旦那と椿の確執などが描かれ、見どころ満載でした。

 

わたどう3話のあらすじ

こちらが3話のあらすじです。

なぜ椿つばき(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。
その理由を聞いた七桜なお(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける
母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。

椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?
自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。
知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川たきがわ(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。
しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!

途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。
そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。

再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。
食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!
とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。
大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。
下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。

右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。
しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。
店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。

しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

引用: https://www.ntv.co.jp/watadou/story/

もう…2人に試練ばかりが襲い掛かって…
もう七桜の正体ばれちゃったの?!

 

わたどう3話のネタバレ

 

七桜の母と椿の父の関係

15年前の事件の日の前夜、椿は父・樹の部屋で七桜の母・百合子と共にいるのを見ていました。

その時、2人は抱き合いキスをしていたのです。

その光景は、幼い椿にあまりにも衝撃的過ぎました。

母・百合子と椿の父・樹との関係を知らなかった七桜は、まさか本当に百合子が樹を殺したのかと考えてしまうほどに動揺したのです。

お父さんがお母さん以外の人とイチャコラしてたら、そりゃ驚いちゃうよね…

 

七桜を閉じ込めた椿の想い

椿は七桜を誘い出し、物置へ閉じ込めます。

女将が七桜に対して、執拗に嫌がらせをしている事を、椿は知っていました。

七桜の身に危険が及ばない様に、椿は七桜を閉じ込めたのです。

七桜は逃げ出し、狙われ、壺を落とされ、それを庇った椿が怪我をしてしまいます。

椿は七桜と過ごす中で、七桜が自分のつまらない人生を変える魔法を持っているような気になってくるのでした。

そして、どう考えても七桜に惹かれている自分に気付くのです。

しかし もし七桜がかつての「サクラ」なら、この想いは消さなければならない…

椿は七桜に「サクラなのか?」と確信に迫ります!

七桜はお母さんの不倫を知って、驚いたけど、逆に考えたら女将が若旦那を殺す動機になるって気付いたね!

 

大旦那と椿の確執

15年前の事件の夜みた、樹と百合子の姿を「言い争っていた」と言った椿。

事件の後日、大旦那は椿に「あの夜、本当は何を見たのか?」を問いただします。

「キスしてた…驚いて嘘をついてしまった」

本当の事を離すと、大旦那は怒り心頭!

それ以来、椿のことを毛嫌いし、椿に辛く当たるようになったのです。

しかし草薫会の茶会で、椿の想いを知った大旦那は、樹の遺影の前で、何十年ぶりに椿の御菓子を食べます。

樹を失った悲しみは椿も大旦那も同じ。

ここから大旦那との関係が良好になるのでしょうか?

椿、本当に可哀想…でも御菓子食べてもらえて良かった!
大旦那の心の狭さ!子供のやることを許せないとか何なの?!

大旦那がここまで怒る理由は、一体何なのでしょうか?

嘘が嫌いという理由以外にも、何か大きな隠し事がありそうです。

 

七桜の過去を知る多喜川

草薫会の茶会で探していた多喜川に再び出会う七桜。

多喜川が、七桜の母の御菓子のファンになったキッカケなどを聞きます。

昔、多喜川がまだ高校生の頃、父が光月庵の御菓子を月に一度は買ってきて食べた思い出があるのだそう。

その和菓子を囲んで家族が笑い合う。

こんな素晴らしい御菓子を作っていたのが、七桜の母でした。

その父に宛てて七桜の母が書いた手紙を、多喜川はあの雨の日、七桜に渡したのです。

多喜川の父は昨年亡くなっています。

どんな経緯で多喜川の父が百合子から手紙を受け取ったのか、多喜川も知らないと言っていました。

でも、七桜が御菓子を作り続ける限り、見守り続けると言い、消えてしまいました。

まだまだ怪しいけど、とりあえず味方なのかな?

 

城島と女将の怪しい関係

女将は ある職人にお金を渡し、礼を言います。

落とし文を夜通し作る七桜にお茶を出すように頼んだのです。

恐らく七桜が眠ってしまう様に、睡眠薬でも入れたのでしょう。

その隙に、七桜が母と名乗る夕子からもらった名刺を盗んだのです。

このお茶を持っていったのは、城島。

そうです、城島は女将とは違う思惑を持って、椿と七桜を邪魔したいのです。

城島くんが女将の手下!椿を嫌う理由が気になるなl

4話では、城島君が椿を困らせる為に七桜を奪いにかかります!

どんな展開か、楽しみですね!

 

 

わたどう3話で七桜の正体がバレる?

やはり皆さん、原作で予習して、様々なシーンが再現されるのかに注目が集まっているようです。

わたどうの魅力は、この再現度の高さと、更にドロドロと恋愛のキュンキュンが織り成すドキドキ感!

3話でも、加速していく2人の恋模様と、運命のいたずらと、女将のイジメに期待しましょう!

 

わたどう3話で七桜の正体はバレる?

2話のラストで、職人のうちの誰かと思われる人物が、女将に七桜の素性を調べた資料を手渡している描写が描かれています。

その資料には、七桜が百合子の娘で、「サクラ」と同一人物だと書かれていました。

女将はその情報を基に、七桜に15年前はどこにいたのか問いただします

しかし、七桜の母と名乗る夕子が、光月庵に来たことで、一旦は窮地を乗り切る七桜。

更に、椿が3話の最後に「サクラなのか?」と七桜に尋ねています。

執拗に七桜に嫌がらせをする女将との会話を聞いてしまった事も、椿の疑念を膨らませたのでしょう。

七桜が「さくら」だと知ったら、椿はどういう行動に出るんだろう…。怖い…。

それでも、惹かれ合う2人の運命は、どうなってしまうのでしょうか…!?

 

まとめ

わたどう3話のあらすじ・感想・ネタバレ・見どころはいかがでしたか?

女将のイジメに加担した城島、七桜の過去を知る多喜川、椿の父と七桜の母との関係などが明らかになりました。

4話では本格的に城島が動き出す様子です!

今回、七桜のことを好きだと自覚し始めた椿と、15年前の事件の真相にこだわる七桜に愛は芽生えるのでしょうか?

見どころ満載のわたどうの、今後の展開が気になります!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。