私たちはどうかしてる最新62話ネタバレ確定と感想!多喜川の秘密の初恋とは?

わたどう最新話62話の確定ネタバレ・感想!
Pocket

私たちはどうかしている最新話62話の確定ネタバレと、感想をお伝えしていきます!

私たちはどうかしている最新話の62話では、多喜川の秘密の初恋が一番のネタバレポイントです。

ドラマの私たちはどうかしているの原作である「私たちはどうかしている」が連載されている、月刊誌「BE-LOVE」の最新号が9月1日に発売されます。

10月号では、14巻に収録されるであろう、私たちはどうかしているの最新話である62話が収録されています。

今回は、62話で確定したネタバレと、実際に私が読んだ感想をお届けいたします。

多喜川さんの初恋についてどんな秘密が描かれているのでしょうか?

私たちはどうかしているの最新話が気になる人や、一緒に考察を楽しみたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

私たちはどうかしている最新話62話ネタバレ確定

私たちはどうかしているの61話では、椿と七桜の幼少期に起こった事件の真相に近づく描写がありましたね。

いよいよ物語も佳境にはいってきた印象があり、どんな結末を迎えるのか非常に私もワクワクしています!

ただ61話の時点で椿と七桜の恋の方は、お互いが大事がゆえに、あまり良い雰囲気にはなっていません。

また栞の姉である由香莉の行動により、七桜がどうなってしまったのか、そして多喜川さんにはまだ知られていない裏があるのか…62話では注目したいことが山ほどあります。

ではさっそく、62話のネタバレをお伝えしていきますね!

 

多喜川さんがくれた母からの手紙は本物だった

多喜川さんが、七桜にはじめて会ったとき、母からだと手紙をくれましたよね。

多喜川さんは七桜を利用としていたのですから、その手紙は偽物なのでは?という疑惑は、私も持っていました。

でも62話で、七桜はその疑問を多喜川さんにぶつけています!

その結果、母からの手紙というのは「本物」でした。

多喜川さんの父は、七桜の母である百合子さんの御菓子のファンでした。

なんと百合子さんが逮捕されたとき、弁護士をすぐ手配したのも多喜川さんの父だったんです!

あの手紙は弁護士経由で受け取ったもので、多喜川さんは父から子供(七桜)が成人してから渡してほしいと頼まれていたんです。

 

私たちはどうかしている多喜川の秘密の初恋ネタバレ

多喜川さんといえば、七桜のことが好きですよね。

じつは多喜川さんには、ある幼少期の苦い思い出があります。

それは、失声症のような状態だったことです。

多喜川さんは、子供の頃から家を背負うプレッシャーから、あまり上手く言葉がでないという症状に悩まされていました。

あるとき、父に連れられ光月庵にて父が好きなものを買ってくれようとしたとき、うまく気持ちを言葉にできない多喜川さんに気づいたのは、七桜の母の百合子でした!

着物を汚すのを気にして、大好物が「大福」であることを今まで誰にも言えなかった多喜川さんだったのですが、そんな百合子さんの優しさに多喜川さんは救われたんです。

当時中学生だった多喜川さんは、百合子さんに恋心を抱きます。

初恋ですね!

相手にされないことはわかっていても、百合子さんに憧れていた多喜川さん。

百合子さんが逮捕され、そして百合子さんの手紙から女将の陰謀に気づき、幼少期母に言われていた「あの女将さえいなければ」という言葉を強く思い七桜を利用したんです。

つまり多喜川さんも七桜も、百合子さんのために行動していたことになりますね。

↓わたどう最新話62話をebookjapanで今すぐ読む↓

>>わたどう最新話(BE LOVE10月号)を今すぐ読む
>>わたどう最新話(BE LOVE10月号)を今すぐ読む<<

 

私たちはどうかしている最新話62話の感想


まず、由香莉に階段から落とされた七桜に、命の別状がなくて本当によかったです!

怪我こそしてしまいましたが、ここで七桜が倒れてしまうのは、あまり想像したくなかったので。

そして、多喜川さんがなぜ七桜を好きになったのかも、わかった気がします。

個人的には、この62話を読んで、初恋の百合子さんの温かさと、七桜の温かさが似ていたのかなと思いました。

私は椿との恋愛が上手くいって欲しい派なのですが、百合子さんを思う気持ちが同じ2人なので、七桜と多喜川さんの仲がどうなるのかも気になります。

あと、多喜川さんと七桜と話しているとき、影から見守る椿の姿が少し切なく感じましたね。

でもその後、由香莉に椿が詰め寄るシーンを見て、すごく七桜のことが大事なんだなとキュンとしました!

 

多喜川さんの父と百合子の犯人の可能性

また62話を読んで、百合子さんが事件の犯人である可能性は低くなったかなと思います。

というのも、もし犯人であれば、弁護士を通じてまで真実を伝えようとはしないと思うからです。

また多喜川さんの父がもし犯人であれば、弁護士を手配するなど、助けようとする行動はとらないのではと、推測できます。

つまり62話を読んで、百合子さんと多喜川さんの父の犯人説は、薄らいだということですね。

私たちはどうかしているの62話はすごく読み応えがあったので、はやく63話も読みたいです!

わたどうの漫画を1話から全部読み直したいな!

わたどうの漫画を今すぐ読むならebookジャパンがおすすめだよ。

会員登録も月額も無料だし、全巻イッキに電子書籍で読めるし、BE LOVEも最新刊まで全部読めるよ。

ebookジャパンは漫画好きに一番おすすめの電子書籍書店で、漫画など読める書籍は約50万冊と世界最大級で、漫画だけでも21万冊もあるんです。

月額使用料がないのに、無料で読める作品が多くて、その数なんと9000冊!

9月11日までわたどうの1巻&2巻も無料で読めるんです!

読みたい本がないのに月額料金を払うのは勿体ない…そんな心配もebookジャパンなら要りませんし、読みたい本が無料の読み放題にあったり、有料でも本当に読みたい本は読む分だけ払う仕組みなので安心です。

↓わたどう漫画をebookジャパンでお得に1話からイッキ読みする↓

↓わたどう漫画をebookジャパンでお得に1話からイッキ読みする↓

>>わたどう漫画を今すぐ読む<<

 

まとめ

私たちはどうかしているは、どのお話もキュンとしつつハラハラし、すごく面白いですよね。

最新話の62話でも、多喜川さんの初恋相手など過去がわかったこともあり、改めて犯人像の考察をするのがすごく楽しかったです!

確定しているネタバレ要素からも、私の感想としても、やはり女将が犯人である可能性が高いと思いましたね。

七桜が多喜川さんを抱きしめるシーンは、大人である多喜川さんが可愛くみえて、守ってあげたい雰囲気があり、感想としては、すごく多喜川さんの印象が良くなる回でした。

また、今回62話が掲載されているBE-LOVEの10月号では、私たちはどうかしているの出演者である山崎育三郎さん、高杉真宙さんのインタビューが掲載されており、ドラマの撮影現場レポの漫画も見られるので、ファン必見でしたね!

私は、62話を読んでよりドラマが楽しみになりました。

以上、「私たちはどうかしている最新話62話の確定ネタバレと感想」をお伝えしていきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。