宇多田ヒカル子育てがロンドンなのはイギリスと日本の育児環境の違い!息子の音楽の才能や教育は?

宇多田ヒカル子育てがロンドンなのはイギリスと日本の育児環境の違い!息子の音楽の才能や教育は?
Pocket

宇多田ヒカルさんは子育てのために、ロンドンに住んでいるそうです。

ロンドンを子育てのために選んだのは、イギリスと日本の育児環境の違いが原因だそう。

イギリスの育児環境は日本のものとどう違うのでしょうか?

また、天才的な音楽の才能を持つ宇多田ヒカルさん、息子の音楽の才能や教育はどう考え、何をされているのでしょうか?

宇多田ヒカルさんの子育て事情をご紹介します。

 

宇多田ヒカル子育てがロンドンなのはイギリスと日本の育児環境の違い!

宇多田ヒカル子育てがロンドンなのはイギリスと日本の育児環境の違い!息子の音楽の才能や教育は?

宇多田ヒカルさんの子育てがロンドンなのは、イギリスは育児環境が良いからだそうです。

日本の育児環境とどう違うのかを調べてみました。

日本では、これまで何度も子育て環境の改善が必要と声高に叫ばれてきたもののなかなか改善しないのが現実です。

子育てママや子供に厳しい冷たい社会だと言われるエピソードがツイッターなどのSNSで炎上することもよくあります。

具体的に、宇多田ヒカルさんは、日本やイギリスの育児環境のどんなところに注目しているのかについても詳しく見てみます。

 

ロンドンの育児環境2つのメリット

東京は子育てしにくそう、と日本の子育て環境には不安を感じている宇多田ヒカルさん。

ロンドンにどんなメリットを感じて、子育ての場所と決めたのでしょうか?

大きなポイントは2つのようです。

  • 充実した子育て支援
  • 子育てママや子供に優しい社会

 

充実した子育て支援

イギリスの小さな子供の子育て支援サービスは複数あり、選べることと複合的に活用することが可能です。

フルタイムで働くママのために子供を預かってくれるサービスにはこんな3つがあります。

  • 自宅で子供のお世話をしてくれるナニー
  • 個人の自宅で複数人の子供の世話をしてくれるチャイルドマインダー
  • 保育園や幼稚園

ナニーやチャイルドマインダーは基本的に、政府の教育監査局への登録が義務付けられています。

チャイルドマインダーのように個人の自宅で少人数とは言え保育サービスを提供する場合は、登録後に定期的な審査と資格更新が行われます。

また民間サービスを受ける場合は、助成金が支給されます。

上記の他にも、短時間であればベビーシッターや、チャイルドプレイという一時預かり所なども豊富です。

ただし、物価の高いロンドンでは、給与のほとんどが家賃と保育費に飛んでいくという家庭も多い点では、日本の東京以上に経済的に厳しいことはあり得ます。

因みにロンドンの物価は、東京の1.5倍~2倍と言われています。

宇多田ヒカルさんほどの収入があれば、経済的な心配が無いので、これらのサービスを最大限活用して、子育てに追われる生活はしなくてもいいかもしれませんね。

 

子育てママや子供に優しい社会

社会全体として、子育てママや子供に対するリスペクトのある風潮が挙げられます。

具体的には、ベビーカーを押した子育て中のママが、街中や公共交通機関を普通にストレスなく利用することができます。

段差があったり、大きな荷物を持っていたり、子供が泣いたり、といったことはもちろん当たり前にありますが、社会全体がそれを当たり前と受け入れているため、肩身の狭い思いをすることがないことが大きいです。

また小さな子供のケア支援も充実しています。

日本では電車にベビーカーを押して乗り込むことに賛成か反対か?と20代~80代の男女約500人を対象に調査したところ、47%(約半数)が反対と答えています。

ルール上は現在、日本の公共交通機関は、ベビーカーをたたまずに乗って良いことになっていますが、そのルールを知らない人が多いのです。

大きな荷物を抱えた母親に対しても、ベビーカーをたたんで、他の乗客に迷惑にならないようにするべきという考える人が多いんですね。

宇多田ヒカルさんも、東京で子育てする友人のベビーカーを押して公共交通機関を利用した時に、嫌みな言葉を浴びせられたなどの体験談などを語っていました。

 

日本の育児環境

子育てママや子供に厳しい社会と言われる日本の育児環境ですが、イギリスや他の国に比べて良い点もあります。

政府の子育て支援は頼りないですが、例えば一般人にとってみれば、物価はロンドンより圧倒的に安いです。

子育てではオムツやおしりふき、すぐにサイズアウトする洋服、おもちゃ、保育園や幼稚園の費用など色々と物入りです。

大人だけで暮らしていた頃とは比べ物にならないくらい、色んな出費があります。

物価の高いロンドンでは、給与も東京の平均より高いですが、物価が2倍に対して、給与も2倍ってことはないので、収入に対する必要経費の割合は東京での生活よりも厳しいものになります。

日本が世界に誇るべきは、治安の良さと便利性、そしてトイレの綺麗さです。

駅にはエレベーターがあって、公共の場では段差が少ないバリアフリー対応した建物や施設がほとんどです。

外出時のトイレが清潔さが、日本のレベルは他の国で求めることができません。

しかし、和を以て貴しとなすという考えの日本では、小さな子供も全体の一部であり、全体最適を求められます。

少子高齢化で子供が少なく大人以上がマジョリティの日本社会に於いて、少数派の小さな子供や子育て世代への配慮は欠けがちなのが悩ましいところです。

 

宇多田ヒカルロンドンで子育て!息子の音楽の才能や教育は?

宇多田ヒカル子育てがロンドンなのはイギリスと日本の育児環境の違い!息子の音楽の才能や教育は?

宇多田ヒカルさんの息子はまだ4歳と幼いので、現段階では特別音楽の才能を開花させているということは無いようです。

天才的な音楽の才能に恵まれた宇多田ヒカルさんの息子なので、これから音楽の才能を開花させることも期待されます。

宇多田ヒカルさん自身は、子供に歌手になってほしいと思ってはいないそうです。

子供には、何でも自分のやりたいことをやってほしいと願っています。

でも、宇多田ヒカルさんが、第一線で活躍するミュージシャンで、自宅にスタジオもある環境です。

息子さんがしゃべり始めた頃に覚えた言葉は、ギター、スピーカー、マイクと言った音楽の機材名だったそう。

自宅にあるスタジオに楽器や機材があるので、宇多田ヒカルさんの息子さんにとっては、生活の中に自然に溶け込んだ身近なものなんですね。

好きなことはやらせてみる!というのが宇多田ヒカルさんの子育ての考え方です。

マイクスタンド付きのおもちゃのキーボードを息子さんの誕生日にプレゼントしたそうですが、弾き語りをしたり、踊ったりして喜んで遊んでいるそうです。

お母さんのライブ映像を見たり、お母さんが好きなミュージシャンの動画を一緒に見たりして、自然に吸収しているんですね。

宇多田ヒカルさんとしては、自身がミュージシャンであることで、息子さんを自分のいる音楽の方向へ誘導することはされたくないそうです。

でもやっぱり母親が、歌手、宇多田ヒカルだと、息子に与える影響は音楽が大きいと感じています。

宇多田ヒカルさんは、そんな息子さんの状況と、自分が息子に与える影響を認めた上で、息子が将来どうなっていくのか楽しみだと語っています。

 

まとめ

宇多田ヒカルが子育てをロンドンでするのは、イギリスの育児環境が良いからだそうでした。

宇多田ヒカルさんはニューヨーク生まれのニューヨーク育ちですが、日本人です。

宇多田ヒカルさんのファンの多くも日本人なので、日本がメインマーケットです。

それでもイギリスのロンドンで子育てをするのは、日本の育児環境が厳しいと思ったからだったんですね。

日本人としては、ちょっと悲しい話です。

私たち日本人ひとりひとりのメンタルが変わって、政府の子育て支援制度がもっと充実したら、宇多田ヒカルさんだけでなく、逆に海外のセレブが日本で子育てをしたい、と思ってくれる日がいつか来るといいですね!

宇多田ヒカルさんの息子の音楽の才能はまだ未知の世界、これからが楽しみな状況でした。

宇多田ヒカルさんの教育方針としては、息子さん自身が好きなことをやってほしいと思っているので、音楽の特別な教育はされていませんでした。

しかし、母親が第一線で活躍する歌手で、自宅にスタジオもある環境なので、自然に宇多田ヒカルさんの音楽の影響を受けて育っているようです。

宇多田ヒカルさんの益々の活躍に期待するだけでなく、息子さんの成長にも注目ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。