ザヘッド6話感想・あらすじと真犯人ネタバレ!最終回の考察・伏線解説

Pocket


※2020年7月17日 ネタバレアップデートしました!※

遂にやってきてしまいました!「ザヘッド/THE HEAD」6話にして最終回です!

果たして真犯人は誰なのか?遂に最終回で判明しますね。

あらすじ・ネタバレを感想も含めてご紹介していきます!

今までの伏線の回収や、沢山してきた考察についても解説していきたいと思います。

皆さんの考察では、真犯人の予想は誰ですか?

「ザヘッド/THE HEAD」6話あらすじや感想・ネタバレは放送後に更新しております。

 

ザヘッド6話あらすじ&感想

いよいよ事件の全貌が明らかになりました!

最終回では、どんな展開をみせてくれたのか…気になりますよね?

私は犯人も気になりましたが、アキがどうなってしまうのかも気になりました。

>>アキのスピンオフは映画化?アキの過去を詳しく知りたい!

まずは、あらすじから確認しましょう。

 

ザヘッド6話あらすじ

コチラがあらすじになります

マギーは ためらいながらもヨハンに向かって、
彼の最愛の妻でもある越冬隊員アニカから引き出した“告白”について、語り出す。

それはアーサーが「ポラリスⅤ」での任務中、
サラに対して到底信じられない行動を取っていたのだ。

まもなく、ヨハンは自分たちがずっと
見当違いの場所で、
アニカを捜していたことに気づき、
急いで捜索活動を仕切り直す。

そして、とうとうアニカが乗っていた雪上車を発見するのだが…!?

ついに明かされる、
完全なる暗夜が続く6カ月の間に起こった、
謎多き凄惨な事件の全貌。

しかし、その奥底には最後の最後まで
誰も知り得なかった“最も冷たい真実”が潜んでいて…!
出典 : https://www.hulu.jp/static/thehead/

ポラリスⅤでの出来事は、アニカが首謀者なんでしょうか?

そのアニカの居場所が、やっと明らかになります!

 

ザヘッド6話の感想

 最終回でトレンド入ったの めっちゃ嬉しいね~!

終わってしまうのが嫌な方、真犯人が楽しみな方、山下智久さん演じるアキが死んでしまうのが悲しい方。

様々ありましたが、これだけ上質なミステリーが終わってしまうのは悲しい!

でも、やっぱり真犯人が気になるよね

 

ザヘッド6話真犯人のネタバレ

5話の放送内容から、アーサーがポラリスⅤで起こったサラ殺害に関係している事は濃厚です。

しかしアニカの居場所も、アキの死因も明らかになっていませんでした。

アーサーがみんなを操り、一連の犯行を行ったというのが、全容なのでしょうか?

気になるネタバレを早速見ていきましょう!

 

ザヘッド6話真犯人ネタバレ

真犯人に関してのネタバレです!

一体なぜこの事件が起こったのでしょうか?

 

<ポラリスⅤでのサラの死因>

一連の事件はポラリスⅤでのサラの死に関わっているのは、5話までで明らかになっています。

この『サラの死因』は、後頭部に打撃を受けた他殺だとマギーは供述していました。

マギーの供述から、夏季隊員の医師であるミケが、サラの遺体を解剖します。

肺には煙を吸った痕跡がない事から、火事の前に亡くなっていた事は間違いありません。

一体何があったのか・・・?

実は、アーサーがサラに対してセクハラとパワハラを行なっていたのです。

6話冒頭、サラとアニカが基地の外で話すシーン

サラは『こうなる事を知ってて誘ったの?』とアニカに聞きます。

恐らく日常的に、アーサーのセクハラが水面下で行われていたのでしょう。

そして、冬の終わりの日に、アーサーはサラに言い寄ったのです。

しかも、研究の成果に貢献した事を評価するも しないも答え次第だと迫ります。

嫌がるサラをアーサーが力づくで押し倒した時に、机の角で頭をぶつけてしまいます。

その一部始終をアニカはドア越しに見ていました。

 

<アニカの対応>

アニカは 全てを知っていて、冬季隊員たちに話します。

しかし冬季隊員たちに話したのは、アーサーを糾弾する為ではありません。

サラの死因を偽装しようと、全ての冬季隊員を説得したのです。

もしアーサーのしたことがバレたら、研究が続けられなくなる。

それは、サラの名誉や 誰よりも熱心に研究していたサラの全てが無駄になる、と。

アニカは、冬季隊員たちを説得する為に、彼らの弱みを握り、脅したのです。

半強制的に、サラの死の偽装に関わることとなってしまった冬季隊員たち。

特にダミアンは苦しみました。

 

<ダミアンの死>

5話の冒頭でダミアンの死が描かれています。

その時に誰かに電話をしていました。

君がサラや私たちに何をしたのか、バレるだろう』と話しています。

この時の電話は、実はアニカに対しての電話でした。

これでアニカは、危険を感じてポラリスに戻ってきたんですね。

 

 これは、アーサーが犯人ってことなのかな?
 しかも、アニカもめっちゃ怪しいじゃん!!

 

ザヘッド最終回の考察・伏線解説

ここでまだ残っている謎について解説していきたいと思います!

 

ザヘッド最終回の考察ポイント

最終回の謎は、以下のつ!

  1. アニカはどこにいるのか?
  2. 無くなった雪上車はどこにあるのか?
  3. 血染めのセーターの隠し場所はどこ?
  4. アキの死因、もしくは、本当は生きてる?
  5. アーサーだけが犯人なのか?
  6. マギーは何者なのか?

 

<1・2、雪上車とアニカの居場所>

アニカの居場所のヒントを、マギーが思い出します。

『雪嵐に向かって走るより、カナダ基地に向かうわ』

そう言って、雪上車に乗り込み走り出すアニカ。

雪上車も炎上せず、走り出していました。

この話を聞き、アルゼンチン基地に向かったと思っていたヨハンは驚きます。

カナダ基地はアルゼンチン基地とは逆方向です。

ヘリコプターで捜索していた隊員に伝えると、雪上車が見つかります。

スノーモービルで駆け付けたヨハンは、アニカを見つけ出したのです。

 

<3、血染めのセーターの隠し場所>

アニカを発見したヨハンは、あるものを見つけます。

アニカのシートの横に置かれた、血染めのセーターです。

マギーは、雪上車に大切なセーターを入れておいたんですね。

アーサーは見つけようがないですもんね!

 

<4、アキは生きてる??>

雪上車でアニカが出発したところにアーサーがやってきます。

そして、マギーに銃口を向けると、そこにアキが来てマギーを助けます!

アーサーは、アキの脇腹をドライバーで刺します

それでもマギーに向かって『逃げろ!』と叫ぶアキ

…マギーは逃げる事しかできず、アキを救えなかったと言いました。

 

<5、アーサーだけが犯人なの>

実は、ここが一番大きな考察ポイントなんです!!

サラの死因を巡って、ポラリスⅥでの一連の事件が起こっています。

では、アーサーが自分で起こすのっておかしいですよね?

だってわざわざ自分の不利になる過去を蒸し返すような事件を起こす必要がないですもんね?

…じゃあ、誰がポラリスⅥでの殺人を行っているのでしょうか??

実は…アニカではなく、マギーなんです!!!!

えええええええーーーーーーーーーーー!

 

<Ⅵ、マギーは何者なのか?>

全ての犯行をアーサーの行いだと確信したヨハンは、マギーを無罪放免にします。

マギーは、妹に連絡を取ります。

オンラインで繋がった妹は、マギーを こう呼びます。

『オリヴィア』

マギーの本名はオリヴィア…サラの娘でした。

サラの死の真相をダミアンから聞いたマギーと妹は、この計画を立てたのでしょう。

母の復讐の為に、一連の事件を行なったのです。

ヨハンがマギーの素性を調べる為に、履歴を取り寄せました。

それを裏で偽装していたのは妹でした。

全てが終わり、ポラリスを去るマギーの顔には、達成感と焦燥感が滲んでいました。

えーーー!じゃあ、マイルズやニルスも・・・・・・アキも???
・・・どんでん返し感、ハンパない・・・!!

ラスト10分のドキドキ感、本当にすごかったです!!

結末を知っても、もう一度みたい!!

 

この『THE HEAD / ザヘッド』はhuluオリジナルドラマです。

今なら、全6話が2週間の無料期間内で、全部観れちゃいます!

まだ見ていない方は、是非この機会に2週間お試し体験してください!

>>hulu 2週間お試しは コチラから!

 

山Pを絶賛するTHE HEAD公式

『毎回 エンディングを飾るのは、このトモの歌う「Nights Cold」以外ありえない!』

こう表現して、山Pと山Pが歌う「Nights Cold」を絶賛してくれています!

更に、映像にはヘリコプターに座って笑顔で微笑む山P!?

この歌詞の、日本語訳を見ると、またかなり『THE HEAD / ザヘッド」の世界観が感じられますよ。

 

まとめ

「ザヘッド/THE HEAD」の6話のあらすじや感想・真犯人ネタバレについて紹介してきました。

楽しかった考察や伏線解説も最後になってしまいました。

最終回になってしまい、寂しい反面、最後の最後までしっかり謎があり最高でした!

1時間で真犯人や、これだけの伏線の回収を、しっかりした上、更なる衝撃がありました。

この最終回で悔いなし!

「ザヘッド/THE HEAD」は全6話のhuluオリジナルドラマです。

考察・ネタバレ知ってても楽しめるくらい素晴らしいので、まだ見ていない方は是非見てくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。