鉄の骨土屋太鳳役がクズでむかつく?平太とのその後のストーリーとは?

鉄の骨土屋太鳳役がクズでむかつく?平太とのその後のストーリーとは?

WOWOWドラマ「鉄の骨」に登場する 土屋太鳳さんが演じる役が、ヤバいんです。

ベストセラー作家・池井戸潤の原作で、「下町ロケット」や「半沢直樹」のようなビジネスの闇をあぶりだす社会派ドラマです。

社会派ドラマ「鉄の骨」なのに、土屋太鳳さん演じる彼女がクズ過ぎて話が入ってこない!

その彼女、重要な人物なのかな?と思いきや、そうでもないらしいので、余計にむかつくんです。

実は このドラマ、一度NHKで小池徹平さん主演で制作されており、今回の2020年版で2度目の制作になります。

WOWOWドラマで主役・富島平太を演じるのは神木隆之介さんで、その彼女役が土屋太鳳さんです。

ドラマ化も2度目、なんなら韓国でもドラマ化されたほどなので、面白いに決まってます。

それすら帳消しにしてしまうほどのクズ彼女って…

さて、土屋太鳳さんの役は どんなところがクズでむかつくのでしょうか?

そして、そんなクズ彼女と平太のその後はどうなるのでしょうか?

「鉄の骨」での土屋太鳳さんが演じる役が嫌われる部分や、主人公・平太とのその後のストーリーをご紹介します!

 

鉄の骨土屋太鳳役がクズでむかつく?

2010年 第31回 吉川英治文学新人賞を受賞した「鉄の骨」

中堅の建設会社である池松組に入社して4年目の主人公・富島平太(神木隆之介)が、会社の闇・社会の闇である『談合』の渦中に身を置きながら、仕事に対する理想や欲望・しがらみに葛藤する様を描いています。

さすが社会派の池井戸作品ですよね!

『談合』という法的に裁かれるべき悪行が 横行する社会の仕組みに疑問を持ちながらも、拒絶しきれない しがらみに苦悩する平太。

サラリーマンなら、平太に共感し得る部分が誰にでもあるうえ、社会の中で もがきながらも働く姿にリアリティを感じるはずです。

しかし、この小説に出てくる平太の彼女・野村 萌 がクズでむかつくせいで、内容に集中できないらしいのです。

では、野村 萌という土屋太鳳さんが演じる役は一体どんな女性なのでしょうか?

WOWOWドラマは原作と多少 違う内容になるかもしれませんが、原作を基に野村 萌の人物像に迫ってみましょう!

 

鉄の骨土屋太鳳役「萌」の役柄は?

野村 萌は富島平太の彼女です。

萌の職場は白水銀行で、ここは平太の勤める池松組のメインバンクです。

社会的に銀行員というと『立派な職業』という印象、ありませんか?

平太曰く、萌は『堅実でしっかりとした女性』で、銀行員向きの性格と言えるかもしれません。

しかし平太の萌に対する評価は、恐らく間違っていたと言わざるを得ない事が次々と起こるのです!

 

鉄の骨土屋太鳳役「萌」と平太の関係とストーリー

平太と萌は 元々 同じ大学のテニスサークルに所属していました。

社会人になり偶然の再会をキッカケに交際をスタートさせ、早4年目。

3000円飲み放題の居酒屋で 仲良く飲みながら本音で語り合うなんてこともできちゃう気さくな2人。

しかし、平太が現場から “談合部” と揶揄される業務部へ部署移動したことをキッカケに すれ違っていきます。

萌は 平太の会社の内情を聞き、コンプライアンス違反である『談合』を行う業務内容を甘んじている平太に、失望していくのです。

 

鉄の骨土屋太鳳役「萌」と園田の関係とストーリー

 

白水銀行融資課・課長代理の園田俊一は、社内でもエリート街道のど真ん中を行く為ファンも多い存在。

転勤や部署移動が多い銀行内。

送別会の飲み会で一緒になったことで、園田は 萌に興味を示します。

そこから園田は、萌に彼氏がいることも承知で「飲みに行こう」と誘うようになります。

ここから萌は覚醒し、奇行が見え始めます…!

 

鉄の骨土屋太鳳役の萌と平太のその後のストーリーとは?

鉄の骨土屋太鳳役がクズでむかつく?平太とのその後のストーリーとは?

出典:https://ray-web.jp/54667?page=1

ここからはネタバレ。

萌と平太の関係がギクシャクし始めたのは、平太が “談合部” と揶揄される部署に、現場から移動したことがキッカケでした。

萌は違法である談合を仕事の一部として強いられながら、それを断れない平太にイライラします。

「1つの仕事に振り回される平太と、会社の経営という視点から仕事を捉える私。」という、何故か上から目線で平太をダメ男扱いします。

萌はこれを “銀行視点” といった表現をしています。

・・・へぇー、銀行視点ですか。

そんなメンタルになっている萌、イケメンでエリートの園田から口説かれて食事に行く間柄になります。

園田は年上で 萌の知らない世界を見せて、知的好奇心を満たしていきます。

その上で、平太の事も 巧みにダメ男の様に語り、萌にどんどんアピールします。

萌としては、彼氏である平太と イケメン エリート園田の間で、悩み苦しむわけです。

しかし その行動は、とても悩んで苦しんでいる人間の成せる行動ではありません!

悩んで苦しんでいるのは『私、どうしたらいいのぉ~?』という自分本位の考えにすぎません。

『しっかりしていて堅実』と萌を評価していた平太は、とんでもないお人好しです。

目を覚ませ!平太!

WOWOWドラマでは、平太と萌と園田の三角関係が どの様に描かれるのか楽しみです。

 

鉄の骨土屋太鳳役「萌」と園田の結末は?

萌は園田の影響を受けまくって、行きつけを 居酒屋からワインバーに変え、ビール派からワイン派になっていきます。

そんな自分に酔い、「君に相応しい相手は、もっと他にいる。」と園田に囁かれ、その気になります。

もちろん、することもします。

そんな園田との楽しい大人な関係は、園田のニューヨーク支店への移動が決まり、急に現実的になってきます。

「もちろん君にも一緒に来てほしい。」

「え? 私、英語 喋れないし、ニューヨークとか友達とか居ないし、無理じゃない?」

こうして園田との関係に疑問を持ちますが、驚くのは この時点で平太とは別れてません!!

浮気しといて、二股状態で、彼氏の悪口 散々 浮気相手と言っておきながら、最終的には『自分の事』しか考えてません。

それは、園田との関係の結末にも如実に現れます。

園田がニューヨークに行く日、見送りにも行かず 、もちろん園田がニューヨークに行ってから 会いに行くこともありませんでした。

萌は「今の仕事を続けたい」「あなたは傲慢だ」「私は傷付いた」とメールで園田を振るのです。

・・・いや、クズwww

 

鉄の骨土屋太鳳役「萌」と平太の結末は?

平太との考え方や “視点” の違いから、平太と溝を感じている萌は、園田との浮気に走ります。

その間も平太は、何も知らずに慣れない営業に邁進し、なんとか談合を必要悪だと飲み込みながら頑張っています。

そんな平太と久々に飲むことになり、大人な自分を平太に見せびらかす為か、ワイン派アピールをします。

平太が関係修復を望んでも、あからさまに「関係修復して何になるの?」と言わんばかりの態度を取ります。

ここでも、決定的なことは何も言いません。

自分から別れも切り出さないし、浮気を打ち明ける事もありません。

萌は自分の為に、自分の生きる道を選びます。

最終的に平太との関係がどうなったのかは、明確になっていません。

きっと自然消滅させたのでしょう。

こんな女と別れて平太には幸せになってほしい!

切に願ってしまいます。

 

まとめ


WOWOWドラマ「鉄の骨」で土屋太鳳さん演じる 野村 萌役がクズでむかつく事を、原作の内容からご紹介しました。

主人公・富島平太の仕事ぶりや談合についてのお話だけで十分に面白いのに、萌の浮気話って必要だったのか?と本気で思います。

平太とのその後についても 特に盛り上がりもなかったので、萌にただただ むかついただけでした。

それと同じくらい園田もクズ男でしたけども。

この萌を土屋太鳳さんがどう演じるのかが気になります。

園田を演じるのは、イケメン俳優の代名詞の様な 向井 理さんです。

原作のイメージだと山崎育三郎さんの方がしっくりくるのですが、この配役も見どころです。

WOWOWドラマ「鉄の骨」は2020年4月18日から全5回の放送です。

是非 土屋太鳳さん役のクズ彼女っプリが、どこまでむかつく…いや、再現されているかお楽しみに!

最後までご覧いただきありがとうございました。