スペック戸田恵梨香の腕の骨折はなぜ?左手を隠す理由もネタバレ解説

スペックの戸田恵梨香さんが腕を骨折しているのは、なぜかご存知でしょうか?

戸田恵梨香さん演じる当麻は、常に左腕に三角巾がされておりインパクト強いですよね。

ただ骨折にしては、左手が治る気配が全く無いので、不思議に思った視聴者も多いのでは?

理由はもしかして骨折では無い?

そこで腕の三角巾の理由や、なぜ左手を隠しているのかネタバレしたいと思います。

スペックはシリーズも長く、やや複雑なストーリーなのでネタバレ含めてしっかり解説していきます!

 

スペック戸田恵梨香の腕の骨折の理由はなぜ?

左手に三角巾つけている=当麻というイメージが強いですよね。

もはや三角巾が無いと、当麻じゃない?というくらいトレードマークになっています。

ただ、骨折ということで最初は納得していましたが、果たして理由は本当に骨折なのでしょうか?

骨折に疑問を感じた人も多数います。

 

戸田恵梨香の腕は骨折じゃない?

結論からお伝えすると、戸田恵梨香の腕は骨折ではありません。

三角巾をつけているのは別の理由です。

実は、戸田恵梨香はある事件によって左手が切断されています。

そして、それを隠すために三角巾をつけているのです。

 

スペック戸田恵梨香の腕の左手の秘密もネタバレ解説

戸田恵梨香の左手は、過去に一十一によって切断されています。

爆発によって左手が吹き飛ばされるというシーンは衝撃的で忘れられません。

しかし、驚くべきは手術によりなんとか縫合されたということ。

しかも、左手には死んだスペックホルダーを一時的に蘇らせる力も宿っています。

戸田恵梨香さん凄すぎませんか!

 

当麻の左手は無い?

当麻の左手は切断されたにも関わらず、奇跡的に復活しています。

その代わり、神経までは復活しておらず、左手の機能としてはほとんどありません。

左手はただ、つながっているだけに等しい状態になっています。

ですが、終盤ではなんとか動かすシーンもありました。

まとめ


スペック戸田恵梨香の腕の骨折はなぜ?左手を隠す理由もネタバレ解説をお届けしました。

スペックの戸田恵梨香さんの腕の骨折に疑問を感じていた方も多くいたと思います。

なぜ、いつまでも骨折しているのか不思議に思いますよね。

左手を隠していたネタバレは、骨折ではなく左手が切断された過去が理由でした。

左手の機能も十分に回復しておらず、スペックも宿っていたのを隠していたのですね。

当麻の左手にそんな秘密があったなんて、やはりスペックは奥が深い。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。