スペックは本当にあるのか?人間の脳は通常10%しか使われてないはウソ?

スペックは本当にあるのか?人間の脳は通常10%しか使われてないはウソ?
Pocket

https://twitter.com/mana_joyful/status/1271108766637846531?s=20

スペックみたいな特殊能力って本当にあるのか、気になりますよね。

ドラマSPECに登場する、例えばニノマエのようなスペックホルダーは実在するのでしょうか?

スペックは本当にあるのか…ってドラマの見過ぎだよ。

ニノマエほど強力なのはさすがに…と思うけど、ちょっとした特殊能力レベルのスペックはありそうじゃない?

ドラマSPECの有名なセリフと言えばコチラ↓

人間の脳は通常10%ほどしか使われていません、残り90%はなぜ存在しどんな能力が秘められているのかまだ分かっていないんです

ほら!人間の脳の可能性を考えるとやっぱり、スペックホルダー実在しそうじゃない?

いやいやいや…「人間は脳を10%しか使ってない」って…それ嘘だから。

都市伝説だよ。

 

スペックは本当にあるのか?

スペックは本当にあるのか、気になったので調べてみました。

特殊能力って映画やドラマの中だけの話でしょ。

 

スペックホルダーって実在するの?

ドラマの中に出てくるような、時間を止めたり、千里眼とか、他人の心が読めるサトリとかは、ドラマの世界の話です。

 

スペックホルダーの実例はある?

ドラマSPECに登場するようなスペックホルダーは、フィクションですが、こんな人達は存在するようです。

霊を召喚して、霊の言葉を人に伝える口寄せをする、恐山のイタコは有名ですよね。

テレポーテーション(瞬間移動)が実際に起こったという報告は世界中にあるんです。

「火事場の馬鹿力」はよく例に出されるよね。

緊急事態には脳のリミッターが外れて、力の弱い華奢な女性でも片手で50キロぐらい持ちあげて逃げ出せるっていうやつね。

 

堤監督と脚本の西荻さんはスペックホルダー?

一瞬えっ?ってなったけど、これはネタじゃん…。

 

スペックの「人間の脳は通常10%しか使われてない」はウソって本当?

こんな気になるツイートを見つけたよ。

え?!人間の脳は10%しか使ってないってウソなの?

でも学校の理科の先生とかもそう言ってたよ…。

「人間の脳は10%しか使ってない」はウソなんです。

実際人間の脳の多くはまだ解明されていないことが多いのは確かです。

しかし、最近の科学によって、使われていないと思われていた脳の部位は、脳の司令塔的な役割であったり、情報を統合する役割を持っている重要な部位であることがわかりました。

具体的には、具体的になっていないことを考えたり、計画を立てたり、何かを決断したりする時に使う脳です。

でも、未だに一般の人の3分の2、科学者でも半分くらいの人が、「人間の脳は10%しか使われていない」という都市伝説を信じている人がいるのだそうです。

ってことは…ハリウッド映画「ルーシー」も嘘なの?

あれはさすがに嘘でしょ…いや、てか、信じるなよ…。

 

人間の脳は同時に10%くらいしか使われてない?

なんだそういうことかぁ~

あ、そこ納得するんだ。

 

まとめ

以上「スペックは本当にあるのか?スペックホルダーは実在するのかを調べてみました」をお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。