竜の道主題歌セカオワのアンブレラの意味は?歌詞の解釈もわかりやすく説明!

竜の道主題歌セカオワのアンブレラの意味は?歌詞の解釈もわかりやすく説明!
Pocket

竜の道の主題歌セカオワのアンブレラの意味と、歌詞の解釈もわかりやすく説明してきます。

ドラマ竜の道の主題歌に、セカオワの曲が採用されました!

採用されや曲は「アンブレラ」で、その意味が気になりますよね。

そこで、歌詞の解釈もまじえながら、アンブレラというタイトルにこめられた意味について、考察してみました。

気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

竜の道主題歌セカオワのアンブレラの意味は?

双子の復讐劇を描いたドラマ「竜の道」は、各地でとても話題になっています。

ドラマといえば、主題歌も世界観を作るうえでかなり重要!

話題のドラマ竜の道でも、素敵な主題歌が採用されているんですよ。

ドラマきっかけで主題歌が売れた!なんてことも珍しくはないので、話題作の主題歌はきっちりチェックしておきたいですよね。

 

竜の道の主題歌を歌うのはセカオワ

そんなドラマ竜の道の主題歌を歌うのは、セカオワこと「SEKAI NO OWARI」です。

2007年に結成したセカオワは、メッセージ性が強い曲が多く、若者を中心に人気がありますよね!

そんなセカオワが歌う主題歌のタイトルは「umbrella」です。

私ははじめてこの曲を聴いたとき、切ない雰囲気のある歌で、少し懐かしい感じがすると思いました。

アンブレラの意味

アンブレラといえば、英語で「傘」ですよね。

セカオワの曲のアンブレラも、傘を題材にした曲になっているんです!

じつはアンブレラは、セカオワでははじめて、擬人法という技術が使われている曲なんです。

主人公は「透明なビニール傘」という身近なもの。

街で忘れられたり壊れたり…そんな意味合いがタイトルから読み取れますよね。

すごくセンスの良いタイトルだなと、私は思いました。

 

竜の道主題歌セカオワのアンブレラ歌詞の意味と解釈もわかりやすく説明

曲を聴くなら、歌詞の意味もしっかり知っておきたいですよね。

上記でも触れたように、アンブレラは傘の視点で書かれた歌詞になっているので、とても意味がわかりやすくなっていると思います。

なのでアンブレラを聴くときは、傘をイメージしながらぜひ聴いてみてくださいね。

 

アンブレラの歌詞の一部を紹介!

竜の道の公式のダイジェストで流れている部分の歌詞を、まずは紹介していきます。

鏡に映る私は透明だった
分かってた事でも知らないままの方が良かった

私は君を濡らすこの忌々しい雨から
君を守る為のそれだけの傘
それは自分で決めたようで運命みたいなもの
何も望んではいけない 傷付くのが怖いから

もう一度あの日に戻れたとしても
繰り返してしまうでしょう 私はきっとそう

この雨がこのままずっと降れば
願ってはいけない そんな事は分かってる だけど
君に降る雨が いつの日か上がって青空を望んだら
その時私はきっと

出典:SEKAI NO OWARI「umbrella」

ビニール傘が主人公であることを知っていると、頭のなかに映像が流れるような歌詞ですよね。

では、もう少し詳しく、歌詞の意味を解釈していきます!

 

アンブレラの歌詞の解釈

まず大前提として、アンブレラはドラマ竜の道のために書き下ろされた曲になっています。

つまり「ビニール傘=竜の道の主人公」と思うと、わかりやすいかと思います。

竜の道の主人公の竜一は、整形し他人になりすまし、裏の世界から復讐を企む男!

ちなみに歌詞にでてくる「君」は、竜一の義妹である「美佐」である可能性が高いです。

美佐は竜一のことを死んでいると思っているので、いくら竜一が見守っていても、その存在を知りません。

歌詞の意味と重ねると、切なくそして悲しいですよね。

 

アンブレラは親子の歌でもある

セカオワのアンブレラは、親子の曲でもあるという解釈もできます。

この場合は、傘が親で、君が子供ですね。

親は子供をいつでも見守っていますが、子供のうちは本当気づかないものです。

そしてそのことを忘れて、ついついないがしろにしてしまったり…。

個人的には

  • この雨がこのままずっと降れば 願ってはいけない そんな事は分かってる

この歌詞がとてもぐっと心に残りました。

どんなにかわいくても、成長を望まない親はいませんよね。

 

まとめ

ドラマ竜の道の主題歌に採用された、セカオワのアンブレラは、歌詞の意味を知ると、さらに深みがでますね。

またこのアンブレラは、メロディーもすごくいいので、切なくそして曲に対する愛情も感じられます。

曲の解釈というのは、人それぞれするものでもあるので、この記事を参考に、いろんな考え方で曲を捉えると、さらに好きになると思います。

以上、竜の道の主題歌セカオワのアンブレラの意味と、歌詞の解釈もわかりやすく説明させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。