レッドアイズ犯人と黒幕をネタバレ考察!ドラマと原作が違うって本当?

レッドアイズ犯人と黒幕をネタバレ考察!ドラマと原作が違うって本当?

※最新情報 3月5日更新※

レッドアイズは、現在話題性NO.1のドラマで、初回から亀梨和也さん演じる伏見に降りかかる、衝撃の事件から物語が始まります。

警察として事件を追う伏見ですが、犯人を見つけることができるのか、真犯人や黒幕の存在が気になるところで、SNSでも様々な考察が出てきていますよね。

もうすぐすべての謎が解けそう…気になる!

盛り上がってきているレッドアイズですが、実は原作があるのでは?と言われているようですが本当でしょうか?

そこで今回は、犯人や黒幕の正体をネタバレを含めながら考察し、さらにレッドアイズの原作と噂される作品を紹介します。

 

レッドアイズ犯人と黒幕をネタバレ考察!

主人公である伏見の婚約者・美保を殺害したのは「青いコートの男」。

物語はすでに後半、犯人や黒幕の考察が盛り上がりを見せています。

現時点での犯人の手がかりである、「青いコート」などいくつか手掛かりがあります。

ひとつづつ確認しながら、犯人や黒幕の正体について考察してみましょう!

 

青いコートの男の正体は?

初回から、青いコートの男の部屋の中にある児童心理学・心の病・脳神経など医学書や心理学に関する本がたくさん置いてあることに気が付いていた方も多かったと思います。

このため、犯人は精神科医?という予想は多く見られました。

ついに第4話の冒頭で、青いコートの男の正体が明らかになり、心理カウンセラー・鳥羽和樹であることが判明しました。

鳥羽が真犯人であり黒幕なのか、このような殺人計画を立てた理由は、一体何なのでしょうか?

しかも鳥羽は、夫を殺されてしまった島原のカウンセリングを担当し、島原の心も操ろうと考えているのでしょうか?

鳥羽が警察内部の情報をさらに知ることができるような状況になったね…

島原由梨にも危険が及ぶのでは??

 

真犯人は鳥羽じゃない?

鳥羽は青いコートの男であり腕に傷もありました。

伏見の婚約者・美保を殺害した青いコートの男は鳥羽で間違いないのではと思います。

しかし、この一連の青いコートの男が絡んだ事件は複数あり、実際に鳥羽が全て行っていたわけではありません。

鳥羽が部屋で読んでいた資料には「症状」が記載されていたことで、資料は「カルテ」であることが分かります。

実は、今までの事件の犯人は全て鳥羽のカウンセリングを受けていた人物、つまり患者だったのではないでしょうか。

警察をミスリードをしながら、実は患者を洗脳し犯行を続けていくというのも、心理カウンセラーの鳥羽であれば可能でしょう。

そして可能性としては鳥羽自身も犯人の一人に過ぎず、誰かに操られている可能性がゼロではありません。

鳥羽は確実に事件にかかわりのある人物ですが、犯行の真犯人なのかそれとも黒幕で実行犯は別にいるのか、気になりすね!

鳥羽のカウンセリングを使って、裏ですべてを操っている人物がいるかも!

 

黒幕・内通者を予想

実際に、初回から犯人の部屋だと思われている場所で青いコートを脱いだのを見たのは鳥羽ですが、他にも内通者がいる事が明らかになりました。

KSBCで見ているモニターの中の青いコートの男については、以下の事が分かっています。

  • 目印の腕の傷が各話で違っていること
  • 各話の犯人達の背格好が違うこと
  • 警察の内部情報に詳しい

今まで登場した青いコートの男は、どちらかというと女性のような体格に見える事もあったり、傷の大きさもそれぞれ違って見えます。

この中に黒幕や共犯がいて、新たに明らかになった内通者の存在…この内通者が真犯人もしくは黒幕なのかもしれません。

操られた内通者なのか、自ら協力しているのか、この辺りが重要なカギになりそうです。

鳥羽ひとりでは犯行は無理だし警察内部の情報も知りすぎ。

情報提供者はいると思ってたけど…

では鳥羽との複数犯説で、黒幕や内通者だと噂される怪しいとされる人物について、ひとりずつ探ってみたいと思います。

 

姉川保(神奈川県警刑事)

姉川保は神奈川県警捜査一課に所属する刑事で、先輩の長久手智亮とバディを組んでいます。

長久手は昔ながらの刑事タイプで、KSBCのやり方を毛嫌いしているのに対して、姉川は最先端の科学捜査を行うKSBCの存在を羨み、かつて捜査一課にいた伏見に対しても憧れを抱いています。

一見するとKSBCの良き協力者の様にも見えますが、怪しい点があるようです。

青いコートの男(鳥羽)の部屋にKSBCのメンバーや関係者の写真が貼られていましたが、そこに姉川と長久手の写真だけがありませんでした。

もし姉川が青いコートの男なら、当然そこに自分の写真やデータを貼る必要はありませんよね。

体格も青いコートの男に似ているとも噂されていますし、今後の展開で姉川がどんな行動を取っていくのか、注意深く見ていく必要がありますね。

 

小牧要(KSBCのハッカー)

小牧要は天才ハッカーで、伏見によって集められたKSBCのメンバーです。

では、なぜ同じチームの仲間が「青いコートの男」だと考えられるのでしょう?

しかもまだ本編で小牧が着用しているシーンなく、予告やHPなどの画像のみにしか使われていないパーカーのようです。

まだまだ小牧を疑いたくなる要素はあります。

鳥羽のボードには小牧の家族を示す部分もありますが、いまだに登場はありません。

これはまだ小牧に謎が隠されている証拠でしょう。

 

湊川由美子(KSBCメンバー)

以前から湊川の後ろ姿と青いコートの人物の姿が似ているのでは?という考察はありました。

そして今回の長篠の事件では、なぜ長篠のロッカーの中に起爆装置が入っていたのかが謎です。

湊川であれば同じ女性更衣室への出入りを疑われることもなく、鍵がなくてもロッカーを開ける技を持ち合わせていますので、起爆装置を入れることも可能でしょう。

しかし、湊川自身が巻き込まれた事件では、大切な家族が巻き込まれています。

内通者だとバレないようカモフラージュされたものだとしても、大切な子供を巻き込むでしょうか?

 

石津渉(屋台の店長)

石津は島原由梨の妹・はるかが働く屋台の店長で、いつもはるかを気にかけてくれます。

この優しい店長が?と思いますが、フラグは色々立っているようです…

はるかにも、お姉さんのことを気にかけているような素振りを見せていますが、実は情報を探る目的があるのかもしれません。

 

動機は?

今まで青いコートの男が仕掛けたと思われる一連の犯行は、全て伏見や島原、KSBCの仲間の過去に関係のあるものばかりです。

現に2・3話で登場した犯人・蠣崎は、過去に島原由梨が強盗犯を追跡している場面で、誤ってもみ合いになる中で恋人が巻き込まれて亡くなっていたことが分かっています。

他にも、姉川や山崎も過去に自分が犯してしまった事件に関係する人物が犯人で、本人や家族が復讐に巻き込まれてしまいました。

この先の5話でも、長篠や長久手が事件に巻き込まれていく展開です。

そう考えると、伏見が捜査一課時代に関わった事件の関係者(被害者家族など)が実は鳥羽で、動機は復讐なのではないかと考えることもできます。

過去に鳥羽と伏見が出会っているのか、動機もそこに隠されている可能性は高いと思います。

 

登場人物の名前の由来を考察

レッドアイズの登場人物の名前は、苗字がすべて日本で実際に起こった、戦の名前になっています。

  • 伏見響介=鳥羽・伏見の戦い
  • 島原由梨=島原の乱
  • 山崎辰二郎=山崎の戦い
  • 小牧要=小牧・長久手の戦い
  • 湊川由美子=湊川の戦い
  • 長篠文香=長篠の戦い
  • 姉川保=姉川の戦い
  • 長久手智亮=小牧・長久手の戦い
  • 奥州寛治=奥州合戦
  • 結城美保=結城合戦
  • 大塩はるか=大塩平八郎の乱
  • 石津渉=石津の戦い

そうなると各話の犯人達の名前が、それらの戦に関わっているのかどうかです。

例えば、蠣崎という名前の人物が島原の乱に関わっているのかどうか、気になりますよね。

調べてみたところ戦には関わっていませんでしたが、犯人達や犯行に関わっている人物も実際に日本で起こっている戦である事は分かりました。

  • 岩槻=岩付城の戦い
  • 蠣崎=蠣崎蔵人の乱
  • 神流川=神流川の戦い
  • 漆川=漆川の戦い

苗字が戦の名前になっているのは、単なる脚本家たちの遊び心かもしれませんが、実際に「鳥羽・伏見の戦い」で伏見の婚約者・美保を殺害したのは「鳥羽」です。

「小牧・長久手の戦い」など、登場人物名が2つあるものも気になります。

 

SECRET動画を考察

レッドアイズ原作の犯人はドラマと違う?黒幕をネタバレ考察!

レッドアイズの公式HP上に気になるものを見つけました!

天才ハッカー・小牧要役で出演している松村北斗さんの向かって左肩の上に不審な矢印があります。

そこをクリックすると画面が移り変わり、”SECRET”と書かれていて、動画を見ることができます。

この動画は毎週更新されるのかな?

現在の動画はコチラ!

青いコートとの人物が、長篠の兄を遠くから観察しているようですね…

でもこの青いコートの人物が女性に見えませんか?

女性って言ったら一人しかいないんじゃ…

更にこのヒント動画を示している矢印ですが、他の場所にもあるんです!

右側の「その事件(ヤマ)から、目を離すな。」

そう書かれた “そ” の字の横、更にはシシドカフカさんの頭から、まっすぐ上に目線を向けるとうっすら確認できます。

現在ではこの矢印の場所に加えて、鳥羽の突き出した指の間、全4か所にスコープの標準のようなものが表示されています。

過去の動画のタイトルには、『He』とつくものもあり、犯人は男性だともいわれています。

そしてこの矢印は鳥羽のカウンセリングルームにも!

やはり鳥羽が大きく関係している証拠なのかもしれませんね!

 

縦読み文字の秘密

前回の動画で、KSBCで撮られた動画のようです。

撮影者がKSBCに自由に出入りできる人物なのが分かります。

このメッセージは縦読みができる事が判明!

「次はこまき おまえだ」

実際に小牧には危険が降りかかりましたよね…

しかし逆に、次は小牧が動く番だ、という風にとらえることも可能です。

今後は小牧から目を離さない方が良いのかもしれません。

 

第6話の小牧の過去をネタバレ

6話では小牧の過去が明らかになりました。

大学時代から信頼し腕も認めていた後輩の悠香に裏切られ誘拐、違法なハッキングに手を貸す羽目になります。

実は悠香は犯罪集団の一味、お金のためには仕方なかったようですが、騙されたショックは大きかったのではないでしょうか。

 

7話の伏見の過去をネタバレ

伏見が過去に逮捕した夫婦から逆恨みをされたことで、監禁されてしまいます。

やはり裏には「先生」の存在が…鳥羽の患者なのでしょうか?

湊川が助けに向かうようですが、伏見の居場所を探し出すことができません。

助けに行ってるってことは湊川はやっぱり仲間?

それとも、わざと居場所が分からないフリをしてるとか?

>>「レッドアイズ」の見逃し配信を利用する!

 

レッドアイズ原作はドラマと違う?

最近の新ドラマでは、原作のマンガや小説があることが多いので、レッドアイズにも原作があるんじゃない?と思っている方も多いと思います。

今回のレッドアイズにも原作があるのか調べてみましたが、原作・原案なしの完全オリジナルドラマであることが分かりました。

脚本家で今回のレッドアイズも手掛けた福田哲平さんも、twitterで「オリジナルである」と発言しています。

しかし、なぜかSNSでも原作あるでしょ?という声が未だにあるようなんです。

実はレッドアイズに印象が似ているという作品がいくつかあり、それを原作だと思っている方がいるというのが実態です。

どれだけ似ているのか真相を探るために、原作だといわれている作品のストーリーを確認しながら、記事内で比較して検証していきます!

 

韓国映画が原作?

レッドアイズの原作と勘違いされている作品のひとつが、2014年に公開された、韓国で大ヒットした映画『監視者たち』。

警察の犯罪組織監視班と、武装犯罪グループの攻防を描いたスリリングなサスペンス映画です。

主人公の女性刑事と特殊な能力を持つメンバーが、犯罪グループのリーダーを追いますが、頭が切れるリーダーは監視網を潜り抜け、完全犯罪を成功していきます。

冒頭からエンディングまで飽きさせない演出は見事!

本当に最後まで面白かった!

出演されているキャストも、人気アイドルグループ”2PM”など豪華俳優陣で注目度もすごかったですが、ストーリーも面白く、韓国だけでなく日本でも非常に評価の高かった映画です。

しかし映画『監視者たち』はレッドアイズの原作ではありません。

 

日本ドラマのリメイク?

もうひとつ、レッドアイズの原作ではと言われているのが、2019年に放送されていたドラマ『ボイス 110緊急指令室』です。

警視庁で働く主人公・樋口彰吾は3年前に妻を殺害された過去があり、強行犯係から緊急指令室に移動、すっかりやる気を失っています。

そこに絶対聴感能力を持つプロファイラー・橘ひかりが表れます。

このふたりは3年前の事件の際に、樋口の妻のSOS通信を緊急指令室で受けたのが橘ひかりだったという、深いつながりがありました。

ぶつかりながらも、徐々に信頼関係を気づいていきます。

切ないストーリーだったけど、徐々に信頼関係ができていく過程がたまらないんだよね♪

アクションシーンも迫力があり、緊迫したやり取りが緊張感たっぷりで、目が離せなかった方も多かったのではないでしょうか?

しかしこちらのドラマ『ボイス 110緊急指令室』も、レッドアイズの原作ではないと分かっています。

 

ドラマとの違いは?

では原作と噂される2作品ですが、レッドアイズとどのような違いがあるのでしょうか?

類似点なども見ながら、違いを比較してみましょう。

 

ボイス 110緊急指令室

実はこの『ボイス 110緊急指令室』は、そもそも韓国ドラマ「ボイス〜112の奇跡〜」のリメイク作品なんです。

レッドアイズとの類似点を見てみましょう!

  • 妻を殺された凄腕刑事の復讐劇
  • 真犯人を突き止めるために奔走する
  • 警察の特殊部隊

たしかに、当てはまるものが調べれば調べるほど出てきますね…

実はドラマ「ボイス」と「レッドアイズ」は、チーフプロデューサーの池田健司さんや、プロデューサーの尾上貴洋さんなど、同じスタッフが集結して作られた作品なんです!

スタッフが同じなので展開が似てしまい、原作だと勘違いされているのかもしれません。

>>韓国原作の「ボイス」を見る!

 

監視者たち

それでは、先ほど少しご紹介した「監視者たち」との類似点を紹介しましょう。

  • 主人公がずば抜けた身体能力を持っている。
  • 凶悪犯の監視を専門とする”監視班”
  • 特別な能力を持つメンバー
  • 顔を明かさない凶悪犯

類似点を取り上げると、やはり内容が同じような気がしますよね…

警察の中の監視をする、いわば特殊な裏方の任務を題材にしているため、似てくるのは当然だと思いますが、過去にあった悲しい事件を背負っている、など設定にも違いがあります。

>>無料で「監視者たち」を見る!

これはこれで面白そうだし、どちらも見比べてみてもいいかも。

>>無料で「レッドアイズ」を全話イッキ見するには?

 

まとめ

今回はドラマ「レッドアイズ」の気になる犯人と黒幕をネタバレ考察すると共に、ドラマと原作が違うのかも調べてみました!

主人公の恋人を殺害した犯人や黒幕は誰なのか、これまでのネタバレや伏線を元に考察してみましたが、みなさんの予想の参考になったでしょうか?

いよいよ物語も終盤で、緊張感もさらに増していく事でしょう。

原作と噂される作品も、レッドアイズと違う部分を比較してみると、実は犯人や黒幕を探るヒントになるかも☆

>>無料で「レッドアイズ」を全話見直す!

主人公の恋人を殺害した青いコートの男は誰なのか、最終回まで見逃せませんよ!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

あなたにおすすめ