逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」を動画で解説!

逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」を動画で解説!
Pocket

逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」を動画で解説していきます。

逃げ恥で話題となった名言の中でも、沼田さんの名言は多くの視聴者の支持を受けています。

沼田さんの数ある名セリフの中でもダントツで注目が高いのがこちら。

「仕事の半分は仕方ない」

社会人なら納得!共感しちゃいますよね。

でも、仕事の半分がしかたないなら残りの半分は?

この記事では、沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」シーンの動画を見ながら解説していきます。

 

逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」

沼田さんが、仕事のストレスが溜まって愚痴る、キャリアウーマンの土屋百合(石田ゆり子さんです)に放った一言がこちらの名言です。

仕事の半分は仕方ないでできている

この沼田さんの名言は、多くの視聴者の共感を得て、ニュースになるほど話題になりました。

キャリアウーマンのゆりちゃんだけでなく、みんな、日々葛藤をしながらお仕事頑張ってるんですね。

 

残りの半分は「帰りたい」

「仕事の半分は仕方ないでできている」の台詞には続きがあります。

ゆりちゃんに「残りの半分は?」と聞かれた沼田さんの答えは?

「帰りたい」

いい話×説教系の話かと思ったら、ヤラレマシタね!

私を始め、会社で働く多くの人達がうんうん、とうなずいちゃいましたよね。

正直な気持ちを代弁してもらえたみたいで、これもまた共感を得たようです。

実はもう少し続きがあるんですよ!

仕事だけが人生じゃ無い、ほどほど食べていければいい。

と沼田さんは語ります。

沼田さんからの頑張りすぎる社会人への素敵なメッセージみたいですね。

 

沼田さんの名言に共感する人の声!

仕事にやりがいを見出す事も必要ですけど、本音は仕方ない&帰りたいの割合も多いかもしれませんね。

なんて心にしみる名言なんでしょう!

 

沼田さんってどんなキャラ?

沼田さんは、逃げ恥の主人公、星野源さんが演じる津崎平匡の職場の同僚です。

ゲイで料理上手という個性的なキャラクターなんです。

演技派俳優、古田新太さんが演じることで、沼田さんが完成された感じがしますね。

 

逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」を動画で解説!

友人の愚痴を聞いてあげて、こんな大人な台詞が言える沼田さんって、いいですね。

沼田さんもサラリーマンで、不満を持っていることを悪びれることもなく、自然体で受け止めているんですね。

だから、サラッと言葉にできるのかもしれないです。

仕事の半分は仕方ないでできている、残りの半分は帰りたい

優しささえ感じる沼田さんの言葉が、日頃頑張ってる私たちの本音を代弁してくれたみたいです。

もしも仕事帰りにバーで沼田さんに出会ったら、愚痴や悩みを聞いてもらいたくなりますよね。

 

沼田さんの仕事や役職は?

では、沼田さんの仕事は?っていうと、主人公でエンジニアの仕事をしている、

津崎平匡の同僚で「インフラエンジニア」という仕事です。

実は、IT企業に勤める優秀な人材だったんですね。

料理上手でインフラエンジニアって、なんか凄いです!

 

インフラエンジニアってなに?

では、インフラエンジニアとはどんな仕事なのでしょうか?

主にIT企業内で、システムを構築するネットワーク導入や、管理、運用などをする技術職です。

いわばIT関係の基盤(インフラ)をつくって、運用する仕事がインフラエンジニアなんです。

こうやってネットワーク社会が成り立っているのも、沼田さんのようなお仕事をされている方がいるからなんですね。

沼田さん、感謝です!

 

まとめ

大ヒットしたドラマ、逃げ恥の沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」が、

沢山の共感と支持を得たのが、伝わったでしょうか?

沼田さんの名言「仕事の半分は仕方ない」の動画を解説させて頂きました。

現代社会で一生懸命働く人達の声を、沼田さんが代弁をしてくれている気がしますので、

視聴してない方は、是非、逃げ恥の動画で沼田さんの言葉を聞いて欲しいと思います。