MIUドラマ2話感想・あらすじネタバレ!志摩の過去とは?

MIUドラマ2話感想・あらすじネタバレ!志摩の過去とは?

「MIU404」ドラマ2話が2020年7月3日に放送されます!

初回の放送も、13.1%と好調です!

「MIU404」ドラマ2話も、更に面白くなりそうな予感しかありません。

今回は、星野源さん演じる志摩の過去が明らかになるようですが…

MIU2話のあらすじとネタバレ・感想をまとめていきたいと思います!

気になる志摩の過去に、皆さんはどんな感想を持ったのでしょうか?

 

MIUドラマ2話感想

「MIU404」は、星野源さんと綾野剛さんがバディを組む “機動捜査エンターテイメント”

スピード感のあるアクションと、星野 × 綾野コンビが堪らないんです!

1話では、星野源さん演じる志摩と、綾野剛さん演じる伊吹とが出会い、絆が生まれそう。

卒なくこなす仕事に対して、志摩が 見て見ぬフリをしてきた『張り合いのなさ』。

それを臆面もなく口にできる伊吹に、触発されていきます。

 

MIU2話の解説・感想

2話の始まりは、伊吹が隣の車の違和感を察知したことから動き出しまします。

『殺しの現場から逃走した容疑者が乗っているかもしれない車両をみつけたかもしれない』

今までの志摩なら、こんなフワッとした状態で追尾許可を取ったりしなかったはず。

伊吹の行動力や、仕事に対する熱を、確実に感じて変化している志摩を絶妙に表現していました。

現場で捜査にあたる陣馬の “俺たちの仕事は、99% 無駄だ” という言葉。

初動捜査という、本来重要視するべき点を 警察内で分業にしたことで起こっている弊害が見えます。

このドラマの中心に、『仕事とは何か?』という問題提起もあるように感じました。

更に、松下洸平さん演じる加々見も、仕事で悩みを抱えていました。

働くということは、生きていくために必要な事です。

しかし、命と引き換えにしなければならない仕事など、そう多くはありません

命は戻らない。時間も戻らない。

どんなに願っても・・・。

限りある自分の命と時間を、より多くの幸せで満たせるように生きたいですね。

 

MIUドラマ2話の感想

2話は感動しましたね。

本当に考えさせられました。

「どんなにムカつく相手でも、殺した方が負けだ」

伊吹の言葉が、重いですね。

 

MIUドラマ2話あらすじネタバレ!

2話のあらすじをご紹介していきます!

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

でたーー!いきなり伊吹の 野生の勘が働いちゃったのね!

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

陣馬さんの、さすがのベテラン感!洞察力も素晴らしい!

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

このご夫婦は 脅されてたんじゃないの??

 

MIUドラマ2話ネタバレあらすじ

ここからネタバレです!!

志摩と伊吹が田辺夫婦の車を追尾していると、検問に差し掛かる。

田辺夫婦は、同乗している男は自分たちの子供だと検問をした警官に話したという。

名前・年齢・生年月日まで、詳細に話したというのです。

それでも、容疑者である可能性は捨てきれない為、志摩と伊吹は追尾を続けます

そして車は、東京を抜け神奈川県に入っていきます。

もし本当に息子なら、脅したりしないよね?なんで嘘なんかついたのかな?
何が目的で、どこに向かってるんだろう・・・

現場周辺の陣馬と九重は、志摩と伊吹が追尾する車の持ち主である 田辺夫婦の自宅を訪れていた。

表札に、息子と思われる名前も連なっています。

応答がない為、周辺の聞き込みをすると、ある意外な事実が判明します。

田辺夫婦の息子は、13年前に自殺していたのです。

しかも、今日がその息子さんの命日だといいます。

えーーーーー! 息子じゃなかったら、やっぱり犯人・・・?

信号待ちで止まった際、志摩がある大胆な行動に出ます!

田辺夫婦の車に近づいたのです!

「バックドアからはみ出したものが、ベローンってしてます」

そう言ってバックドアを開けさせ、その隙にボイスレコーダーを仕込みます

犯人と服装は一致、凶器らしきものも見えた。

・・・恐らく、加々見だ。

ボイスレコーダーの内容を電波で飛ばし、メロンパン号の中で聴く2人。

しかし、会話の内容からも やはり田辺夫婦は脅されているようには思えない

志摩ちゃん!仕事できるー!さすがっ!

社内の会話で、加々見が同級生の岸に誘われて、今の仕事に就いた事がわかりました。

そして殺された専務がパワハラをしていた事、それに反発した岸が専務を殴り、会社をクビになった事も判明。

その頃本部で、岸がSNSに専務を中傷し、天誅がくだってもおかしくないと、犯行を連想させる書き込みをしていたことが見つかりました。

岸は実家の山梨に帰ると話していたと、同僚の証言がありました。

加々見が向かっているのも、山梨です。

伊吹は、加々見が無実をを証明するために、岸の実家に向かっていると確信しました。

・・・じゃあ、加々見じゃなくて、岸って人が犯人なの??

志摩は田辺夫婦の車の荷台に、菖蒲の花束が乗せられているのも確認していました。

花束の購入店舗を陣馬へ伝え、聞き込みをしてもらう事にします。

そして、その店の防犯カメラを確認したところ、加々見が田辺夫婦を脅し、車に押し込む様子が記録されていました。

まだ、加々見の犯行ではないと100%言いきれない状況に、志摩は警戒を解きません。

田辺夫婦の車は、富士山の良く見える道の駅に停車しました。

夫婦と共に車を降り、歩き出す加々見の手には凶器が握られています。

危害を加える可能性がある為、志摩と伊吹も追跡します。

しかし、やはり脅されているようには見えず、3人は腕を組んで楽しそうに話しています。

加々見は犯人じゃないなら、なんで凶器を持ってるんだろう?

田辺夫婦の息子は、13年前 無実の罪で疑われ、事情も聞かずに頭を下げさせてしまったと、田辺さんは加々見に語ります。

息子の無実を信じてやれなかった事を悔やんで生きてきた13年間・・・

田辺夫婦は、加々見との出会いを 運命の様に感じていました。

加々見の無実を信じたい。加々見の望みを一緒に成し遂げたい。

しかし伊吹が踏み込み、加々見に出頭を命じます。

取り乱した加々見を 取り押さえる伊吹。

しかし田辺夫婦が、それを妨害し加々見を逃がしてしまいます。

田辺さんは、息子を信じてあげられなかった分、加々見を信じたかったんだね。

田辺夫婦から事情を聞いていると、陣馬さんから『岸は東京にいて、事件を知らない』と連絡がっ!

岸は犯人じゃなかった・・・

じゃあ、やっぱり加々見が・・・!?

加々見が向かう先は一体どこなのでしょうか?

加々見はなぜ山梨にやってきたのでしょうか?

何が引き金となって、この事件は起こってしまったのでしょうか?

気になった方は是非、本編チェックしてください!

 

MIUドラマ2話のネタバレ志摩の過去とは?

志摩の過去の秘密ってなに?

気になる…

岡田健史さん演じる九重は、志摩は過去に相棒を殺したって言ってましたね。

志摩が加々見の犯行を無実だと信じる田辺夫婦に語り掛けます。

人は信じたいことを信じる。

自分のやってしまった事を認めたくないんです。

できる事なら、罪を犯す前に戻りたい。無かったことにしたい。

でも、時は戻らない!

加々見の姿に自分の過去を重ねたのかな・・・

後悔があるからこそ、人にやさしくなれる事もあるよね

そして、加々見の抱えていた闇を聞き、全てを知った時にこう言います。

理由はどうあれ、命は取り返しが付かないんだよ。

はぁ~~・・・深い!深いよーー!

志摩の過去に何があり、なぜ相棒を失ってしまったのかは、今回描かれませんでした。

しかし、志摩が自分すら信じられなくなってしまった理由も、関係がありそうですね。

志摩は伊吹を相棒にすると、また同じようなことが起こってしまう事を恐れているのかもしれません。

そう思わされたのが、ドラマラストで2人が食事をするシーンです。

時は戻らない。人の命は還らない。

どんなに願っても。

お前は長生きしろよ。

この時の、志摩の声の優しさを含んだ響きに、かつて相棒だった人への愛情を感じます。

どんなに願っても、アイツは返ってこない。

もう、あんな思いは二度としたくない。

志摩の心の一番奥に、この想いが渦巻いているように感じました。

 

まとめ

「MIU404」ドラマ2話のあらすじやネタバレ・感想をまとめてきました。

気になる志摩の過去の真相は、2話では明らかになりませんでした。

しかし、志摩の抱えている過去を、少しづつ伊吹が癒しているように感じます。

ドラマMIU2話の感想にも、深い!感動した!という声が多く挙がっていました。

3話も気になりますね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。