魔女の宅急便の公式モデルはどこの国?コリコの街やグーチョキパン店も紹介

Pocket

魔女の宅急便の公式モデルは国どこの国なのか気になります。

フランス、クロアチア、スウェーデン、オーストラリアなど噂があります。

実は、スタジオジブリは、魔女他の宅急便のモデルになったのはどこの国なのか公式に発表しているんです!

さらにキキがおそのさんやトンボに出逢い、1年間修業をすることにしたコリコの街も具体的にモデルがあるんです。

こちらもジブリから公式に発表されている情報をお届けします。

もちろん、コリコの街のモデルとなったこの街に、おそのさんのグーチョキパン店のモデルとなった店もあるんですよ。

この記事は、魔女の宅急便のモデルの国がどこの国なのか、コリコの街やグーキョキパン店のモデルについての公式情報をお届けしていきます!

 

魔女の宅急便の公式モデルはどこの国?コリコの街はどこ?

魔女の宅急便の舞台となった港町「コリコ」のモデルはどこの国にあるどの街なのでしょうか?

ヨーロッパがモデルだろうと多くの人が想像していると思います。

東ヨーロッパの国、クロアチアのドブロブニクという町の名前が上がることもあります。

ポルトガルも美しい港町の印象が強いですよね。

しかし、公式には、魔女の宅急便のモデルは、スウェーデンにある街なんです!

スウェーデンのどの街なのか見てみたいと思います。

 

魔女の宅急便の海の見える街「コリコ」のモデルは2つある?

魔女の宅急便の海の見える街「コリコ」は、スウェーデンの2つの街をモデルにした架空の街なんです。

コリコの街のモデルは、ストックホルムとビスビューです。

ストックホルムは、スウェーデンの首都。

ビスビューは、バルト海に浮かぶ島にある、中世の街並みが美しい街です。

ストックホルムとビスビューの魔女の宅急便のモデルとなった場所を紹介しますね。

 

コリコの街のモデル➀ストックホルム

ストックホルムは、北欧スウェーデンの首都です。

北欧のヴェネツィア呼ばれる、美しい水の都で、世界中の旅行客に人気の観光地なんですよ。

日本からスウェーデンへの直行便がないので、フィンランドなどヨーロッパの都市で最低1回乗り換えが必要です。

例えば、東京からフィンランドのヘルシンキまでの飛行時間は、約10時間半、ヘルシンキからストックホルムが1時間半で、移動は1日がかり。

飛行機代は10万円~20万円くらい掛かりますが、行く価値あり!の世界の中でも美しい街のひとつです。

宮崎駿監督が魅了され、魔女の宅急便のモデルにした理由が分かります。

 

ストックホルムの時計台

 

ストックホルムの石畳の路地

 

ストックホルムの街の中心

田舎育ちでほうきで飛ぶ能力も危なっかしいキキが危うく事故になりかけたシーンを思い出しますね。

 

コリコの街のモデル②ゴッドランド島のビスビュー

ビスビューは、ストックホルムからフェリーで3時間、飛行機で45分の場所にある、バルト海に浮かぶゴッドランド島にあります。

中世ヨーロッパの雰囲気が漂うビスビューの旧市街が、魔女の宅急便の海の見える街「コリコ」のモデルです。

10世紀の遺跡なども残っている、歴史を感じられる美しい街なんですよ。

 

ゴッドランド島の港

キキがほうきにまたがって、カモメと一緒に空を飛んでいた姿が思い出されますね。

 

ビスビューの路地裏

ジジとお買い物に行く時に歩いてた路地でしょうか?

キキが森で出会った、絵描きの少女ウルスラが遊びにきた時、ちょうど左下の写真の場所で再会してましたね!

 

ゴッドランド島の街並み

キキが初めての仕事で、ほうきで空高く上った時のシーンとリンクします。

こんな街に住みたいけど、さすがに魔女じゃないとこの景色は見れませんね!

 

魔女の宅急便の公式モデルのグーチョキパン店も紹介

魔女の宅急便と言えば、おそのさんのグーキョキパン店ですよね。

こんなパン屋さんに一度行ってみたい!

美味しそうなグーキョキパン店のふかふかの出来立てパンを食べたみたい!

そんな夢を描いた人は多いですよね。

魔女の宅急便のモデルとなったスウェーデンの港町、ビスビューで、グーキョキパン店を見つけました!

 

魔女の宅急便「グーキョキパン店」のモデルになったパン屋

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 旅の思い出 04* * 日帰りでVisbyに行ってきました♡ * Gotlandという島にある街なんですが ストックホルムから飛行機で40minくらいです。 飛行機と言ってもプロペラ機で、座席も自由。 * 1番の目的は魔女宅の グーチョキパン店のモデルになったお店♡ (実際はケバブ屋さんだけど) * ランチは近くのお店でガレット^ ^ チーズ苦手なので無しにしてもらって やっと食べ切れるくらいボリューミーでした。 * 帰りに空港行きのバスもタクシーも来なくて困って 近くにいたお兄さんにタクシー呼んでくれない? ってお願いしたら快く呼んでくれました。 Google翻訳でつくったスウェーデン語、 ちゃんと通じたらしい^ ^ 無事ストックホルムに帰れて良かった♡ * * #kebabochpizza #creperie&logi #galette #stakatarinaruin #visbycathedral #visbyringmur #kikisdeliveryservice * #ガレット #ビスビュー大聖堂 #大聖堂 #ビスビューの輪壁 #城壁 #魔女の宅急便 #聖地巡り #ぐーちょきパン屋 * #visby #gotland #sweden #北欧 #ストックホルム #ゴットランド島 #ゴットランド #ビスビュー #ヴィスビー #北欧旅行 #北欧旅行記

Chika_Nakata(@chika_nakata)がシェアした投稿 –

グーキョキパン店のモデルになったお店は、「Kebab och pizza(ケバブ・オ・ピッツァ)」です。

パン屋ではなく、ケバブとピザのレストランですね。

おそのさんが中から、お客さんの忘れていったおしゃぶりを片手に飛び出してきそうです!

ビスビューには、キキがお届け物をする時に飛び立っていた場所のモデルもありましたよ!

 

Kebab och pizza(ケバブ・オ・ピッツァ)

住所 Södra Kyrkogatan 5, 621 56 Visby

 

まとめ

以上「魔女の宅急便の公式モデルはどこの国?コリコの街やグーチョキパン店も紹介」をお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。