M愛の実話はどこまで本当?実在人物は誰が誰か画像で比較紹介!

M愛の実話はどこまで本当?実在人物は誰が誰か画像で比較紹介!

M愛の実話はどこまでが本当?実在人物は誰が誰か、画像も比較してご紹介します!

ノンフィクション作家・小松成美さんの同名著書『M~愛すべき人がいて~』をドラマ化した、今作。

平成の歌姫・浜崎あゆみがスターダムに駆け上がるまでの秘話と、松浦勝人会長との大恋愛(不倫)を描くストーリー。

「事実を基にした」フィクション小説として、小松成美さんが行った浜崎あゆみさんへのインタビューが基になっています。

良い意味でも悪い意味でも放送前から かなり話題になっていました。

そんなM愛、事実を基にした実話っていうけど、どこまでが本当なのか気になりますね。

また、ドラマの登場人物は 実在しているってことになるけど誰が誰なのかも知りたい!

そう思っている方に、画像も比較しながらご紹介します!

 

Contents

M愛の実話はどこまで本当?

激動の音楽業界を駆け抜けるアユとマサの姿、その中で芽生える2人の愛や葛藤・・・

どこの部分が実話なのでしょうか?

今回、『M』小説をドラマ化するにあたって、脚本を あの 鈴木おさむさんが手掛けています。

そのため、原作にはない「ドラマならではの脚色」を加えてあります。

実際、制作側からも「ドラマオリジナル要素を加えたフィクション」という断りも公表されています。

しかし、原作小説が本人たちへのインタビューから、事実に近い内容になっている事は確かです。

その為、ドラマ的脚色があるにせよ、アユとマサの関係は実話に限りなく近いと思って間違いないでしょう!

浜崎あゆみさん本人も、小説の帯に「自身の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とコメントしています。

この言葉が事実を語っていると思うと、なかなか深いですね。

 

「事実に基づくフィクションである」の意味?

「事実に基づいたフィクション」と原作小説にも、ドラマにも 記されています。

この言葉には、「ストーリー(話しの内容)そのものは事実だけど、登場人物などが創作されている」という意味が含まれます。

原作著者の小松さんは、この『M』を本にする際、浜崎あゆみさんの “自叙伝” ではなく、”小説”として出版した。

その背景には、実在する登場人物の都合で 事実が描けないことが関わっています。

そのため、ストーリーが なるべく事実と異ならないような架空の登場人物を創作し、小説化したのです。

M愛の原作小説では、登場人物は浜崎あゆみさん、松浦勝人さん以外はできるだけ増やさなかったそう。

これは、なるべく事実に忠実に描きたいという小松さんや浜崎さんの想いの現れでしょう。

「事実を基にした実話に限りなく近いオリジナルドラマ(フィクション)」とは、事実をベースに、登場人物やストーリーの細かい展開をアレンジしたドラマと言えるでしょう。

アレンジされている時点でノンフィクションではありませんが、事実に限りなく近いストーリーってことですね。

 

M愛の実在人物は誰が誰か画像で比較紹介!

M愛ドラマ、実在人物は誰が誰かすごく気になりますよね。

浜崎あゆみさんと松浦勝人さんを含み、実在する人物がモデルになっていると思われる登場人物をピックアップ!

実在人物が誰かを一人ずつ画像と比較していきます。

  • アユ役(安斉かれんさん)
  • マサ役(三浦翔平さん)
  • 大浜役(高嶋政伸さん)
  • 中谷役(高橋克典さん)
  • 輝楽天明役(親納慎也さん)
  • 天馬まゆみ役(水野美紀さん)

番外編

  • USG役(lolさん)
  • OTF役(和田楓さん(Da-ICE)・Hinaさん(FAKY)・栗原陸人さん)
  • 冴木真希(Yop’inさん)

では、一人ずつご紹介します。

 

アユ役(安斉かれんさん)の実在人物は浜崎あゆみ

アユ役の実在人物は 浜崎あゆみさんです。

わざわざ言わなくてもお分かりだと思いますが念のために書きました。

言わずとしれた歌姫で、2000年代を代表する歌手です。

今の若い世代の人たちはあまり知らないと思いますが、全盛期の浜崎あゆみさんは本当にすごかったんですよ。

 

浜崎あゆみのプロフィール

  • 名前:本名は濱﨑歩(読み方は同じです)
  • 生年月日:1978年10月2日生まれ(41歳)
  • 現在の職業:ミュージシャン・歌手・女優・モデル

 

アユ役(安斉かれんさん)

役柄

幼い頃に父が蒸発して以降、母と祖母と暮らしながら地元の福岡でモデルをしていたが、ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば生活が楽になると考え、一念発起して東京の叔母・里美を頼り上京する。

上京後に友人となった理沙に誘われて初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会い、歌手デビューのチャンスを掴む。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/M_愛すべき人がいて

 

マサ役(三浦翔平さん)の実在人物は松浦勝人さん

マサの実在人物は松浦勝人さんです。

これもわざわざ言わなくてもお分かりだと思いますが念のために書きました。

松浦さんは音楽プロデューサー・実業家・エイベックスの代表取締役会長と、色んな肩書を持っていらっしゃいます。

エイベックスは浜崎あゆみさんが所属している事務所でもあります。

松浦勝人のプロフィール

  • 生年月日:1964年10月1日生まれ(55歳)
  • 現在の職業:音楽プロデューサー・実業家・エイベックス株式会社代表取締役会長CEO

マサ役(三浦翔平さん)

役柄

レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。

人気プロデューサー・輝楽天明ひとりに会社の売上を頼っていることに危機感を感じている。

このままでは未来はないと考え、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れる。

そこで流川からVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。

一緒に厳しい試練を乗り越えるうち、アユを一人の女性として愛するようになる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/M_愛すべき人がいて

 

大浜役(高嶋政伸さん)の実在人物は依田巽さん

「大浜」の実在人物は、かつてエイベックスの社長を務めていた依田巽さんだと言われています。

依田巽さんは、松浦勝人さんの前のエイベックスの社長さんなので、可能性は高いと思います。

依田巽さんのプロフィール

  • 生年月日:1940年5月27日生まれ(79歳)
  • 現在の職業:株式会社ドリーミュージック取締役最高顧問・ギャガ株式会社代表取締役会長兼社長CEO

大浜(高嶋政伸さん)

 

役柄

大浜はレコード会社「A VICTORY」の代表取締役社長。

会社のトップに君臨し、マサの才能は会社に必要だと認めています。

しかし、徐々に自分の立場が危うくなっていくのを感じ始め、マサをあの手この手で追い出そうとし始めます。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/M_愛すべき人がいて

 

中谷役(高橋克典さん)の実在人物はサンミュージックの相澤社長

「中谷」の実在人物はサンミュージックの相澤社長だと言われています。

浜崎あゆみさんが東京の上京してから所属していた事務所がサンミュージックだったことから、中谷は相澤社長ではないかと思われます。

相澤秀禎のプロフィール

  • 名前:本名は相澤芳郎
  • 生年月日:1930年1月20日生まれ(2013年5月20日逝去)
  • 現在の職業:生前はサンミュージック会長

中谷(高橋克典さん)

 

役柄

中谷はアユが上京してすぐに所属した芸能事務所の社長です。

アユは中谷にとって「普通のタレント」でしたが、マサがアユに目を付けていることを知るとアユを手放さないために執拗に裏で色々と手を回します。

 

輝楽天明役(親納慎也さん)の実在人物は小室哲哉さん

輝楽天明役(キラ)の実在人物は小室哲哉さんだと言われています。

TMネットワークでデビューした後は、TRF・globe・安室奈美恵・華原朋美などを プロデュース。

1990年代をリードしたアーティストのプロデューサーとしても有名な方です。

小室哲哉のプロフィール

  • 生年月日:1958年11月27日生まれ(61歳)
  • 現在の職業:2018年に引退

輝楽天明役(親納慎也さん)

 

役柄

輝楽天明は別名「キラ」と呼ばれる「A VICTORY」の凄腕音楽プロデューサーで、マサのライバルで敵対する関係にあり、かなりの曲者です。

この風貌、言動はかなり異色なのでインパクト的にはこのドラマ一ではないでしょうか(^_^;

 

天馬まゆみ役(水野美紀さん)の実在人物は原田真裕美さん

2話に登場する天馬まゆみの実在人物は、原田真裕美さんだと言われています。

原田真裕美さんは、20年以上前にエイベックスの新人育成をしていたそうです。

教えた生徒は、TRFのユキさん、安室奈美恵さん、相川七瀬さんなど大物ばかりでびっくりしました。

ちなみに浜崎あゆみさんは3番目の生徒だそうです。

でも本業はサイキックカウンセラーという職業らしいですよ。

原田真裕美のプロフィール

  • 生年月日:不明です(公開されていないようです)
  • 現在の職業:サイキックカウンセラー・スピリチュアルカウンセラー

天馬まゆみ役(水野美紀さん)

 

役柄

ニューヨーク在住のボイストレーナー。

とにかく強烈なキャラクターですが、マサが最も信頼を寄せるボイストレーナーでアユをスパルタレッスンします。

しかし、そのパワハラ的なレッスンでアユは覚醒していきます。

 

番外編・主要キャストじゃなけど実在人物は誰が誰か画像で比較紹介!

主要キャストではありませんが、アーティストとしてドラマに出演している方々にも実在人物がいらっしゃいます。

実は、結構な大物有名人ばかり!

「番外編」としてご紹介します。

 

USG役(lolさん)の実在人物はTRF

USGの実在人物はTRFです。

小室哲哉さんがプロデュースした1990年代を代表するダンスユニットです。

ちなみに、SAM(さむ)さん(右から2番目の方です)は、惜しまれつつも芸能界を引退した安室奈美恵さんの元旦那様です。

USG役(lolさん)

ドラマに影響はありませんが、アーティストとして出演されています。

ダンスの振り付けは、当時のTRFが踊っていたものとは違うみたいです。

ドラマではそこにも注目ですね!

 

OTF役(和田楓さん(Da-ICE)・Hinaさん(FAKY)・栗原陸人さん)の実在人物はELT

OTFの実在人物はELT(Every Little Thing)です。

このグループも1990年代後半を代表するアーティストで、浜崎あゆみさんと同世代です。

浜崎あゆみさんとは違うテイストで人気を博していました。

OTF役(和田楓さん(Da-ICE)・Hinaさん(FAKY)・栗原陸人さん)

ドラマに影響はありませんが、アーティストとして出演されています。

当時のELTと雰囲気がよく似ていますよね。

 

冴木真希(Yop’inさん)の実在人物は相川七瀬さん

冴木真希さんの実在人物は相川七瀬さんです。

相川七瀬さんはロックシンガーです。

デビュー当時はルックスと歌のギャップがインパクト強くて大人気でした。

その前にも女性ロックシンガーはたくさんいましたが、基本的に「バンド」でした。

相川七瀬さんはソロだったのでこれまでにないタイプ。

「可愛くて格好いい」というジャンルを確立したアーティストだと個人的には思っています。

冴木真希役(Yop’inさん)

ドラマに影響はありませんが、アーティストとして出演されています。

相川七瀬さんの格好良い雰囲気がよく出ていますね。

番外編でご紹介した3アーティストは、1990年代の懐かしいヒットソングを新しいテイストで聴かせてくれますよ。

 

他にもいるかもしれませんが、下記の登場人物はドラマオリジナルキャラクターのようです。

  • 田中みな実さん演じる 姫野礼香
  • 久保田紗友さん演じるアユの同級生 玉木理沙
  • 白濱亜嵐さん演じる 流川翔

このキャラクターたちがドラマをさらに面白くしてくれているのは間違いないところでしょうね。

 

まとめ

M愛の実話はどこまでが本当?実在人物は誰が誰か、画像も比較してご紹介しました。

M愛は浜崎あゆみさんや松浦勝人さん、周囲の関係者に取材をして出来上がった「事実に基づく小説」です。

ドラマでは、オリジナル要素が加わっていますので、どこまでが実話なのか分かりにくいかもしれません。

しかし、「事実を基にした実話に限りなく近いオリジナルドラマ」なので、ストーリーをしっかり追えばきっと事実が見えると思います。

また、小説は「浜崎あゆみと松浦勝人の暴露本だ!」と、発売されるとかなり話題になりました。

しかし、秋元康さんは「一人の少女のサクセスストーリーの光と影を描いたもので、興味本位のものではない」と原作小説を絶賛。

ただの暴露本なのか、それとも「浜崎あゆみ」という一人の少女の愛と成功の物語なのか・・・

ドラマを観終わったとき、自分なりに評価するのも面白いですね。

今回はドラマM愛はどこまでが本当の実話なのか、実在した人物は誰が誰なのかを、画像も比較しながらご紹介しました。

M愛ドラマ、今後の展開が楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。