黒木瞳と中島裕翔の初共演プリマダムあらすじは?役柄を画像と動画で紹介

黒木瞳と中島裕翔の初共演プリマダムあらすじは?役柄を画像と動画で紹介
Pocket

黒木瞳さんと中島裕翔くんが初共演したのは、ドラマ「プリマダム」です。

まずは、プリマダムのあらすじをご紹介します。

14年前のドラマなので、中島裕翔くんファンでも、見たことない方がいるのではないでしょうか?

昔から綺麗な黒木瞳さんと子供時代の中島裕翔くんが演じた役柄を、わかりやすく画像と動画でまとめました。

実は、2020年4月から放送されているスーツ2020の第2話で、再共演されるんです!

今度は大人同士なので、どのように共演されるか楽しみですね!

今回は、黒木瞳さんと中島裕翔くんが初共演したプリマダムのあらすじと、お二人が演じた役柄を、画像と動画でご紹介します!

 

黒木瞳と中島裕翔の初共演プリマダムあらすじは?

プリマダムは、2006年に放送された黒木瞳さん主演のドラマです。

中森明菜さんが、7年ぶりにドラマ出演したことでも話題になりました。

まず、昭和のアイドル・中森明菜さんが、ドラマ出演されていたことに驚きです。

出演者は、ほとんどがバレエ経験者だそうです。

また、最終回でのバレエの発表会のシーンは、生中継で放送されました。

今では、ドラマを生放送するなんてなかなか見ないので、失敗できないドキドキ感が、面白そうですよね!

 

黒木瞳と中島裕翔の初共演プリマダムあらすじ

夫と子供に時間を使っていた平凡なパート主婦、万田佳奈(黒木瞳)は、バレエの夢を諦めた過去がありました。

ある日、幼い頃同じ教室に通っていた倉橋嵐子(中森明菜)と再会します。しかし、嵐子は心臓病のため指導者の道に進んでいました。

そして、パート先の向かいにバレエ教室がオープンしたことをきっかけに、佳奈は、バレエ教室のオーナー・土井匠(小林十市)のもとで、再びバレエを始めます。

嵐子の一人息子・遥生(中島裕翔)は天才少年バレエダンサーで、立派なバレエダンサーになるように厳しく指導していました。

遥生は、過度に期待する嵐子に反抗するも、佳奈との交流や匠の「楽しむバレエ」のおかげで、再び、夢に向かって歩き出します。

しかし、いろいろ事情を抱えている仲間達と、「発表会」という目標に向かって必死にレッスンをしますが、発表会当日に嵐子が倒れてしまいます…

 

黒木瞳と中島裕翔の初共演プリマダムの役柄を画像と動画で紹介

元宝塚の黒木瞳さんがバレエを踊る姿は、44歳とは思えない程美しく、見惚れてしまいますよね。

中島裕翔くんは、バレエは初めての経験だったそうですが、可愛らしさの中に凛としているところがあり、初心者には見えない演技をしています。

お二人がどんな役柄を演じていたのか、画像と動画でご紹介します。

 

プリマダム黒木瞳の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

バレエショップDessusDessousドゥッシュドゥッスゥ(@dd.balletshop)がシェアした投稿 – 2019年 4月月23日午後9時36分PDT

役名:万田 佳奈(まんだ かな) 44歳

夫と子供に時間を使っている平凡なパート主婦。

幼い頃に父親の倒産が原因で、バレエの夢を諦めている過去がありました。

誰よりもバレエを愛しており、バレエ教室のムードメーカーです。

自分の言いたいことはしっかり言いますが、自分の悩みは抱え込んでしまう癖があります。

 

プリマダム中島裕翔の役柄は?

役名:倉橋 遥生(くらはし はるお)

嵐子(中森明菜)の一人息子で、天才少年バレエダンサー。

幼くして父親を亡くしており、嵐子と2人で生活をしています。

父親が生きている頃の夢は、立派なバレエダンサーになって父の振付で踊ることでした。

父親が亡くなった後、過剰な期待をかける嵐子への反抗から、踊る喜びを見失いかけるが、佳奈との交流や匠の楽しむレッスンによって、踊る喜びを取り戻し、パリに留学する事になります。

 

黒木瞳と中島裕翔スーツ2020の2話で再共演

黒木瞳さんと中島裕翔くんが、スーツ2020の第2話で、14年振りに再共演するんです!

スーツ2020第2話の予告はこちら↓

14年経っていても黒木瞳さんは変わらず綺麗ですが、中島裕翔くんは大人になっているので、スーツ2020では、どのように共演されるのか、楽しみです。

 

スーツ2020黒木瞳の役柄は?

役名:安田 佐緒里(やすだ さおり)

「東京国際記念病院」の看護師長。自分の信念は決して曲げない、味方につければ頼もしいが、敵にすると厄介な存在。

看護師達の待遇に不満を持ち、組合を結成して、賃上げを病院に要求します。

「要求が通らなければ、一部業務のストライキを官房長官が入院する日に行う」と宣言し、病院側の弁護士の甲斐(織田裕二)にも臆することなく対峙します。

看護師の給与アップを狙っているだけかと思われたが、そこには別の大きな狙いがあるようです。

 

スーツ2020中島裕翔の役柄は?

役名:鈴木 大貴(すずき だいき)

甲斐(織田裕二)の準弁護士。

一度見ただけで完全に暗記する驚異的な記憶力を持っており、幼い頃に交通事故で両親を亡くしています。

高等2年生の時に「司法試験予備試験」に合格するが、遊星( 磯村勇斗)に頼まれて先輩の大学受験の替え玉をしたことが発覚し、高校を退学処分となると同時に、司法試験の受験資格を失います。

それでも遊星との腐れ縁は続き、アルバイトだけでなく犯罪につながる危険な仕事にも手を出すように。

麻薬資金の運び屋をしたのがきっかけで、甲斐と知り合い、事情を把握した甲斐の命令で「鈴木大輔」の替え玉として「幸村・上杉法律事務所」で働くことになります。

 

まとめ

今回は、黒木瞳さんと中島裕翔くんが初共演した、プリマダムのあらすじと、お二人が演じた役柄を、画像と動画でご紹介しました。

プリマダムのあらすじから、中島裕翔くんにとって黒木瞳さんは重要な役だったことがわかりました。

14年前の中島裕翔くんかわいいですね~!バレエも初心者とは思えないレベル!

プリマダムとスーツ2020の役柄を画像や動画で見比べても、イケメンに変わりはないですね。

黒木瞳さんは、元宝塚なだけあって、バレエする姿はとても美しく、素晴らしいです。

14年経っていても、全く変わらない美しさを、見習いたいものです。

スーツ2020の第2話で共演するお二人にも注目して、ドラマを楽しみましょう!