窪田正孝のかっこいい筋肉画像をダイナーとラストコップで徹底比較!凄い腹筋の鍛え方も紹介

窪田正孝のかっこいい筋肉画像をダイナーとラストコップで徹底比較!凄い腹筋の鍛え方も紹介

映画「ダイナー」での、窪田正孝さんのかっこいい筋肉の画像が凄い!と話題です。

窪田正孝さんの筋肉美が最も注目されたのは、2016年のドラマ「ラストコップ」のファイティングシーン。

ボクサー姿で闘うの窪田正孝さんのシックスパックな腹筋がかっこいい!と話題になりました。

2019年の映画「ダイナー」と2016年のドラマ「ラストコップ」の窪田正孝さんの筋肉画像を比較してみたいと思います!

一体どんな鍛え方をすると、窪田正孝さんの凄い腹筋を手に入れられるのでしょうか?

窪田正孝さんの筋肉の鍛え方についても紹介します!

 

窪田正孝のかっこいい筋肉をダイナーとラストコップを画像で徹底比較!


窪田正孝さんは、筋肉がすごい!とこれまでもたびたび話題になってきました。

上記の画像は、2019年の映画「ダイナー」のスキン役の宣伝画像です。

孤高の殺し屋スキン役ということで、傷だらけの肌と冷たい眼、マシンガンを持つ手。

この画像だけでは、窪田正孝さんの筋肉の凄さは感じられません。

しかし、映画を観た多くの人が、映画の感想は、「窪田正孝の筋肉がかっこよすぎた!」と語り、メディアでも取り上げられ話題になっています。

窪田正孝さんの筋肉が凄い!と騒がれた過去の作品として2016年のドラマ「ラストコップ」があります。

そこで、ラストコップの画像とダイナーの画像を比較してみたいと思います!

男性も女性も、窪田正孝さんの筋肉美をご堪能ください♪笑

 

ダイナー 2019年の時の画像


↑映画ダイナーで窪田正孝さんの筋肉が凄い!と話題になり、注目されたのがこの画像です。

窪田さんの腕の筋肉(三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、前腕筋群)に注目してください!

肩から腕にかけての筋肉の盛り上がりと浮き上がった血管、まるで漫画のキャラクターのようですが、これ、本物です!

傷ついたスキン(窪田正孝,)を介抱するボンベロ(藤原達也)とのツーショットです。

ハッキリと影を落とすほどの大胸筋。

細く引き締まった腹筋は、全て見えなくても、間違いなくシックスパックですよね。

鍛え上げられた筋肉が、服の上からでも、後ろ姿でも分かってしまいます。

映画ダイナーでは、窪田さんの、筋肉はほとんど服で隠れています。

服や大判包帯やガーゼで隠された筋肉のチラ見せが、全く素肌が見えないシーンでも想像力を刺激されてしまいます。

確かに、映画ダイナーは、窪田正孝さんのしなやかな鍛え上げられた筋肉が印象的でした!

 

ラストコップ 2016年の時の画像

2016年のドラマ「ラストコップ」で、窪田正孝さんの筋肉がかっこいい!凄すぎる!と話題になったのは、第7話です。

ひょんなことから違法ファイトクラブに参加することになり、同期の若山省吾(竹内涼真)とボクシングで闘うことになったシーンです。

ボクサー姿で、ボクシングをする窪田正孝さんの筋肉の仕上がり具合がプロ並み!と多くの人が驚きました。

全く無駄な肉の無い減量した試合直前のプロボクサーのような身体です。

腹筋だけでなく、背中、腕、肩、全ての筋肉がバランスよく仕上がっていて、スポーツ選手…もはや格闘家です。

ラストコップの窪田さんの筋肉は、アスリート、本物のプロのボクサーのような身体ですね。

大胸筋はやや薄めではありますが、腹筋は割れてシックスパック、横腹に全く無駄がなく、背中、肩から腕に掛けても鍛え上げられた筋肉です。

ラストコップの窪田さんは、普段はスーツ姿で細身の可愛いく、ちょっと頼りない男の子の印象なので、ボクサー姿のすごい筋肉とのギャップに、多くの視聴者が驚愕したんですね!

 

筋肉が大きくなってる?

2019年のダイナーの時は、3年前のラストコップの頃と比べると、少し肩幅&胸板が広くなっているように感じます。

大胸筋や肩周り、首回りの筋肉が大きくなっているのではないでしょうか。

そのため、ゆったりとした服を着ていても、その下にあのかっこいい筋肉があることが想像できてしまいます。

腕の筋肉の盛り上がりも、ラストコップの頃より大きくなっている感じがします。

また、ダイナーはしなやかな筋肉、ラストコップは、プロボクサーのような密度のある硬い筋肉に見えますね。

トコトン役に入り込む窪田さんなので、殺し屋と警察官(ファイトクラブ対決)という役柄に合わせて、筋肉の鍛え方も調整しているのかもしれません!

 

窪田正孝のダイナーの凄い腹筋の鍛え方とは?

窪田正孝のかっこいい筋肉画像をダイナーとラストコップで徹底比較!凄い腹筋の鍛え方も紹介

ダイナーでチラ見せしていた窪田さんの凄い腹筋は、毎日の筋トレで鍛えているのだそうです!

ライザップにでも通っているのか?どこのジムに通っているの?と気になる方も多いのではないでしょうか?

窪田正孝さんはジム通いはされておらず、自宅でできる筋トレを暇さえあればやっているそうです。

あるバラエティ番組では「暇さえあれば懸垂してる」と窪田正孝さん本人が語って、実際にスタジオで懸垂器具を使って軽々と懸垂する姿を見せていました。

懸垂などの筋トレの他にも、毎日45分ジョギングしたり、キックボクシングしたり、スーパー銭湯でサウナや水風呂に入ったり、舌だし健康法にハマっていたこともあるんです。

役者として身体のコンディションを鍛えることを意識して生活されているそうで、食事制限なども行っているようです。

窪田正孝さん、本当はお肉が好きなんだそうですが、トマトやレタスなどの野菜を意識して食べるようにされているそうですよ!

 

窪田正孝の凄い筋肉は子供時代に作られた?

窪田正孝のかっこいい筋肉画像をダイナーとラストコップで徹底比較!凄い腹筋の鍛え方も紹介

窪田正孝さんは、元々筋肉質な上に、子供の頃からスポーツマンだったそうです。

小学時代に野球、中学でバスケ、更にダンス(ポッピンダンス)を経験しています。

上記の写真は中学時代の写真ですが、すでに腹筋割れてます。

窪田正孝さんの筋肉は、特定の筋肉を付けるために特別メニューを期間限定で作り上げたようなものではありません。

子供の頃からスポーツをして、大人になった今も習慣的に運動し、日頃から健康に気を付けた生活を送って、時間をかけて鍛え上げられた筋肉です。

だから3年前よりも今の方が凄い筋肉で、かっこいいんですね!

 

窪田正孝のかっこいい筋肉画像をダイナーとラストコップで徹底比較!凄い腹筋の鍛え方も紹介まとめ

今回は窪田正孝さんのかっこいい筋肉について、2019年の映画ダイナーと2016年のラストコップの時の画像で徹底比較してみました。

現在31歳の窪田正孝さんのダイナーの筋肉も、20代後半のラストコップの時の筋肉も、めちゃくちゃかっこ良くて、これらの画像は完全保存版です!

そんな凄い筋肉の窪田正孝さん、男女ともに憧れるのは、余計なものが全くない完璧な腹筋です。

窪田正孝さんの腹筋などの筋肉の鍛え方は、毎日の自宅でできる筋トレで、暇さえあれば懸垂をしているそうです。

芸能人だからできる高価な特別トレーニングではなく、ご本人の地道な努力に鍛え方をされていました。

窪田正孝さんは、超実力派の演技派俳優で、筋肉美を売りにした俳優さんではありませんが、今後も窪田正孝さんの筋肉美には注目しながら、応援していきたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。