危険なビーナス5話あらすじネタバレと感想!新たな謎と伏線を考察!

危険なビーナス5話あらすじネタバレと感想!新たな謎と伏線を考察!

大人気ドラマ「危険なビーナス」第5話のあらすじと、ネタバレ感想をお届けします!

次々に出てくる新たな謎と伏線も考察したいと思います。

4話では祥子の失踪から伯朗が何者かに襲わると思いきや、百合華の家に忍び込んだ楓の仕業でしたね。

さて第5話ではどんな展開になったのでしょうか。

危険なビーナスのネタバレ感想と、新たな謎と伏線を考察していきましょう!

 

危険なビーナス5話あらすじネタバレと感想!

祥子は夫の浮気が分かり、ショックのあまり失踪したわけではありませんでした。

実は、矢神家の遺産をすべて手に入れるための計画をしていました。

一方、伯朗は、差出人不明の謎の手紙を受け取ると……?

 

危険なビーナス5話あらすじ

早速、5話のあらすじを、おさらいしましょう。

池田動物病院で仕事中だった伯朗(妻夫木聡)に、差出人不明の手紙が届く。

そこに書かれていたのは「今夜、康治が殺される」という一言だった。

伯朗は、単なるイタズラではないかと軽く考えていたものの、昼食を共にした楓(吉高由里子)と元美(中村アン)に、手紙のことを話した。

楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしているのでは?」と推理した。

一方、その頃の矢神家では、波恵(戸田恵子)がある事を決意を固めていた。

それは夜7時に親族を集めて”開かずの間”を開け、遺産を再確認しようという事だった。

そこには未だ禎子(斉藤由貴)の遺品も残っているため、伯朗にも立ち会って欲しいと、波恵が依頼した。

祥子(安蘭けい)は、すべての遺産を手に入れようと画策し、矢神家一族が『開かずの間』を確認している最中に、康治(栗原英雄)を殺害する事を計画していた。

そして君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に、殺害計画を実行すると伝えた。

7時前に矢神家に到着した伯朗と楓は、康治が無事である事を確認し安心すると、伯朗は育ての親である康治への複雑な心境を吐露した。

そして楓は康治の殺害計画を阻止するための、作戦を伯朗に提案し、自分はベッドの下に潜り込み、伯朗が親族の揃う部屋へ向かった。

そして約束の時間に、『開かずの間』を開ける時刻が近づいてくる。

 

果たして祥子の計画は実行されてしまったか、また、楓の作戦は成功したのでしょうか?

 

危険なビーナス5話ネタバレ感想

ネタバレあり、5話の感想の声を集めてみました!

祥子の康治暗殺計画は、楓と伯朗の連携プレーで回避する事ができました。

また、祥子の暴露で禎子は殺されたらしいという事と、勇磨と佐代(麻生祐未)が、親子だった事も発覚しました!

謎がいろいろ解けてスッキリしたものの、まだまだ分からない事もありますよね。

 

危険なビーナス5話新たな謎と伏線を考察!

第5話にして、他にもたくさんの謎が明らかになりました。

伯朗が幼少期に経験した、康治の動物実験のトラウマや禎子は事故ではなく殺人だった事など、この後どうなっていくのでしょうか。

そして、遺産の確認は未だ途中ですよね。

一清が描いた幾何学模様の絵画の行方もきになるところです。

 

今までの伏線を考察

ドラマ後半に向けて、解決できていない謎をおさらいしてみましょう。

  • 伯朗の母の誰に殺された
  • 楓の正体は?
  • 伯朗の父と多数の絵の存在
  • 康治の動物実験の意味は?

祥子がはっきりと「禎子は殺された」と言っていました。

では誰が何のために殺したのか?今のところ見当がつきません。

そして楓の正体は、明人の妻ではなさそうな気配がしますよね。

そして明人失踪の鍵を握るであろう、伯朗の父が残した絵の謎がいつ明かされるのか、気になります!

 

まとめ

危険なビーナス第5話のあらすじネタバレ・感想、そして新たな謎と伏線を考察していきました!

いかがでしたか?

危険なビーナス第5話のあらすじでは、祥子の康治殺害計画がクローズアップされていました。

ネタバレ感想をみると、解かれた謎と今までの伏線から、新たな謎について考察したくなりますね。

次回は禎子が殺された謎が明らかになりそうな予感ですね。

最後までご欄いただき有難うございました!