「仁」喜一の母の死因は?亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

「仁」喜一の母の死因は?亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

喜一の演技が天才的で泣ける!と「仁」の再放送が盛り上がっていますね。

特に多くの人が注目したのは、喜一の母、妙(タエ)が亡くなった時の演技です。

こんなに辛そうになく子供がいるなんて…と見ているこっちの胸が苦しくなったとテレビの前で号泣した人が続出しました。

ところで、喜一の母の死因がわからなかった…という人が意外と多いんですね。

喜一の母は何で死んだのか分からないと、喜一のどうしようもなく辛そうに泣くあの泣けるシーンの意味が本当に理解できないんです。

喜一の母の死因が理解できると、喜一の辛さの意味が本当に理解できて、あのシーンでもっと泣けるんですよ。

今回はそんな「仁」の注目子役、喜一の泣けるシーンの演技と母の突然の死因について紹介していきます!

 

 「仁」喜一の母の死因は?

第3話で、コロリ感染が広がり、江戸の町は得体のしれない恐ろしい感染病に震えて混乱していました。

しかし、仁の指導の元、徹底的な隔離対処と治療を行った結果、コロリの感染が落ち着き、江戸の町に平穏が戻って来ました。

ある日、喜一の母、妙(たえ)は、仁先生の所へ行ってくると喜一に伝え、納豆と枝豆の差しあげを持って家を出ます。

これが喜一と妙の最期の会話でした。

翌日、仁先生と咲の元に、町の人が大慌てである事件を伝えに来ます。

喜一の母、妙(たえ)が、通りがかった辻斬りに切られて命を落としたのです。

 

 喜一の母の死因「辻斬り」ってなに?

喜一の母の死因「辻斬り」とは、武士が通りですれ違った人を刀で斬りつけることです。

戦国時代~江戸時代初期~幕末時代に、辻斬りは頻繁に起こっていました。

辻斬りの目的は、主に次の4つです。

  • 刀の切れ味を試す
  • 強盗
  • 武術を磨く
  • 自分の刀の技術を誇示する

正直、令和の現在を生きる私としては、こんな武士の勝手な都合で、斬り殺されるなんて意味がわかりません。

一応、その当時も、辻斬りは犯罪で、お奉行様の捜査の対象になるものでした。

例え町中で刀を携帯することが許されている武士であっても、正当な理由がない限り、辻斬りをした者は厳しい処罰を受けます。

辻斬りは、通常の武士が行うものではなく、戦国時代後の気風に影響を受けた血の気が多い若侍や悪行をしていた者が主に行っていたんです。

 

 「仁」喜一の母が亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

喜一は、コロリ感染して重症となりましたが、仁の懸命な治療によって、完治することができました。

感染症により、大好きな母と死別する運命を乗り越えた喜一でしたが、その喜びも束の間、喜一の母が、辻斬りにあって亡くなってしまいました。

喜一の母、妙が亡くなったという知らせを受けた仁と咲は、急いで喜一の家に駆けつけます。

大好きな母、妙の遺体の前で、仁に語る喜一の姿が泣けるんです。

へっちゃらだよ、先生。人は誰でも死ぬもんだし。

この状況でそんな強がりを言う喜一の姿がいたたまれなくて、仁は喜一を抱きしめます。

すると喜一から本音が…

けど、先生には悪いけど、おいら、助からなければよかったよ。

こんなセリフを吐いて、本当に辛そうに喜一が泣くシーンに、多くの視聴者の涙腺が崩壊しました。

 

 喜一役の子役の演技がすごい!

ドラマ「JIN-仁-」の感動シーンには、必ず喜一役の子が居ましたね。

喜一役の子の演技に圧巻、視聴者も涙をさそうう場面が多かったのでは?

どんな感動シーンがあったか、反響が大きかったものを振り返ってみました。

  • 母を助けるために「お代はおいらが払うよ」と仁に頼むのシーン
  • おまじない「ちちんぷいぷぴ」のシーン
  • 突然の母の死を前に、本音を吐いて辛そうに泣くシーン
  • 母の死を思い出して今を全力で生きるシーン
  • アンドーナツを届けるシーン

 

母を助けるために「お代はおいらが払うよ」と仁に頼むのシーン

たった一人のお母さんを助けてほしくて、厳しい社会の現実を感じながらもなんとかしようと必死が泣けますね。

こんな子供が、ただでなんとかしてくれとは言わない、ちゃんとお金は払うから、どうかママの命だけは助けてほしい!とお願いする状況に胸が苦しくなります。

喜一の泣き方は本当に辛そうで、見ているこちらの胸が苦しくなりますよね。

 

おまじない「ちちんぷいぷぴ」のシーン

喜一の母、妙(たえ)さんが馬に蹴り上げられ頭部に重症を負った時、麻酔をせず手術に臨みました。

痛みに苦しむ母に、喜一がおまじない「ちちんぷいぷい」をする場面の喜一の演技は多くの視聴者を魅了しました。

 

突然の母の死を前に、本音を吐いて辛そうに泣くシーン

喜一の母が辻斬りに遭い亡くなってしまった時、滲み出る悲しみを全身にまとって一言

「先生には悪いけど、おいらコロリから助からなきゃ良かったよ」

そう言って泣く喜一を仁先生が抱きしめる場面の、心底苦しそうに泣く喜一の演技に、多くの人がテレビの前でしばらく涙が止まらなかったと言っています。

 

母の死を思い出して今を全力で生きるシーン

死ぬほどつらい経験をしたからこそ、もうそんな辛い想いは二度としたくない。

だから今を全力で生きる!

助かる人は助けたい!

諦めたくない!諦めない!

そんな喜一の気持ちが伝わるシーンで、胸の奥の方がグッと痛くなるシーンです。

きっと今医療現場でコロナと戦っている医療関係者の人達は、こんな感じなんじゃないでしょうか?

 

アンドーナツを届けるシーン


咲の母、栄が脚気になりました。

脚気は江戸時代の生活習慣病のひとつで、ビタミンEの極度の欠乏により手足などが痺れて動けなくなる病気です。

寝たきりになってしまった栄の脚気を治すために、仁はアンドーナツを作るのですが、栄は頑なに食べようとしません。

咲が出ていき、生きる気力を失っていたのです。

そんな栄に喜一がアンドーナツを届けます。

頑なな栄の心を解かしたのは、母を亡くした辛い経験をした幼い喜一の心からの言葉でした。

おいらもそうでした。

おっかさんが死んだとき、おいらも、コロリから助からなきゃよかったって思いました。

だけど、おいら、あれからいいことがいっぱいありました。

きっと… 奥方様が笑える日は 必ず来ます

そして、最後に栄の心に刺さったのがこのセリフ。

でも、笑えないんです

死んだら… だめなんです

生きてなきゃ… 笑えないんです

このセリフに心を揺さぶられたのは、栄だけでなく、私たち多くの視聴者も一緒でしたね。

 

喜一の撮影裏話がまた泣ける


栄を喜一が説得するこのシーンの撮影の日、実は子役の伊澤柾樹くんは、朝から高熱があったのだそうです。

小まめに水分補給をしながら、自分も周りも納得の演技ができるまで何度も必死にチャレンジして、出来上がったのがこのシーンです。

伊澤柾樹くんのプロ意識に脱帽です。

そんな風にしてできたのがこのシーンだと思うと、より感情が入って涙が止まりません。

 

 喜一役の子役の伊澤柾樹は誰?

  • 名前:伊澤柾樹(いざわ まさき)
  • 生年月日:2001年3月6日
  • 所属事務所:ヒラタオフィス所属
  • 代表作:「JIN-仁-」(2009年)、「熱中時代」(11年)、「浪花少年探偵団」(12年)、「ボクの妻と結婚してください。」(15年)、西郷どん(18年)

 

2001年3月6日生まれ。現在19歳。

主な代表作には、大ヒットドラマ「JIN-仁-」(2009年)を始め、最近ではNHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)に出演しています。

所属事務所は、以前はヒラタオフィス所属でしたが、現在詳しくは不明のようです。

伊澤正樹君の最新情報については、伊澤正樹君のお母様が運営され続けているブログをチェックするのがおすすめです!

 

傑作ドラマ「仁」を全話を無料視聴する方法を限定公開!

今コロナという試練に向き合っている私たちに、南方仁先生の「神様は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉が響くと話題です。

このセリフを喜一ちゃんが言うシーンがまた泣けると大注目です。

このシーンだけ観ても泣けるんですが、「仁」のストーリーを全部見るとこのシーンが深みを増してより響いて泣けるんですよね。

辛い経験をたくさん積み重ねた喜一のセリフは、どのシーンも名シーンで、現代の大人にもすごく響きます。

今みんなが見ているドラマ「仁」は感動的な泣ける名シーンが多いのですが、見逃した回があると100%楽しめないわけで…

そんな方におすすめなのがParaviになります。

というのも、仁の第一期と完結編全話ノーカットがParaviで配信されていて、今すぐイッキに無料で楽しめてしまうんです。

「仁」喜一の母の死因は?亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

しかも、現在2週間無料お試しトライアル実施中という事で、これを利用しない手はないですよね。

私も今第一期を見終わって完結編を見ているところなんです!

しかし、このお得なキャンペーンもいつまで続くかは分かりません。

なので、お早めにお得なキャンペーンを試してみて下さいね!

>>仁を全話イッキ見する<<

※5分登録完了するので今すぐに見れます。

 

「仁 JIN」の他に何が見れる?

仁ドラマ関西再放送2020の放送局はMBS?放送日と時間はいつからいつまで?

パラビでは、「仁」の他にも、コロナと戦う今だからこそ見たい作品が沢山見れます!

命の生まれるてくる現場産科で闘うコウノドリや、天才小児科医が孤軍奮闘して仲間を勝ち取っていく最上の命医、救命救急現場での戦いが描かれた作品が観れるんです!

南方仁のような名医たちが、命を救うために全力で奮闘する姿から、諦めない気持ち、きっとみんなで笑い合える未来があると信じられる希望が感じられる作品ばかりです。

多くの愉しみを奪われ、当たり前だった日常を失ってネガティブになりがちです。

コロナに負けるな!と強い気持ちになれる作品や、人の繋がりや優しさに触れて涙を流せるような作品が観たいですよね。

「仁」喜一の母の死因は?亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

今すぐ「JIN/仁」をパラビで見る

>>今すぐ「仁」ノーカットで全22話を一気に無料視聴する<<

 

 喜一の子役の演技に感動した!

「仁」喜一の母の死因は?亡くなった時の泣けるシーンの演技も紹介

以上『「仁」喜一の母の死因は?泣けるシーンの演技も紹介』をお届けしました。

喜一の母の死因、辻斬りは現代ではありませんが、昔はこのような時代があったことにショックを受けてしまいますね。

そして、泣けるシーンに必ず登場していた喜一役の子役の演技力は視聴者も圧巻しました。

喜一役、伊澤正樹君のプロフィールについても解説しましたが、試練を乗り越えてきっとこれから活躍されることが楽しみですね。

記事でご紹介したドラマの内容を踏まえ、喜一の母の死因、泣けるシーンでの喜一の演技力を思い出しながら、ドラマ『Jin-仁-』の再放送版と特別版を楽しんで下さい。

喜一の泣けるシーンやセリフに感動する名シーンを全部見たい!という方にはパラビがおすすめです!

パラビは現在2週間無料お試しキャンペーン実施中で、今絶対見たい傑作ドラマ「仁」の2シリーズ全話を今すぐイッキに無料で見ることができるんです!

ぜひあなたも喜一の名シーンに名演技に感動して、パラビで仁を満喫してくださいね!

>>今すぐ「仁」を全話パラビでイッキに無料視聴する

最後までご覧いただき、ありがとうございました。