仁の胎児腫瘍の正体はなに?包帯男の謎と共に原作からわかりやすく解説!

仁の胎児腫瘍の正体はなに?包帯男の謎と共に原作からわかりやすく解説!

ドラマJIN-仁-はご覧になりましたか?

このドラマは過去にタイムスリップし多くの人を救い、技術の発展をもたらす仁という医者を描いています。

二期にわたって放送された人気作品ですが、内容が複雑で謎が残っている人も多いのではないでしょうか?

例えば胎児腫瘍はなに?や謎の包帯男の正体など…数々の疑問があることでしょう。

そこで、仁の胎児腫瘍の正体なにか、謎の包帯男は何者なのかをわかりやすく解説します。

とはいえ、原作を知らないと解決しない部分も多くありますので、原作も含めた内容で解説していきますね。

出来る限りわかりやすく説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

仁の胎児腫瘍の正体はなに?

このドラマでは序盤から度々「胎児腫瘍」が写し出されます。

これは仁が自分を手術した際に、頭から摘出されたものです。

多くの人を疑問と恐怖に陥れたこの胎児腫瘍ですが、結局何だったのでしょうか?

その正体に迫りたいと思います。

 

胎児腫瘍の正体は坂本龍馬?

「しゃべる(意思疎通をする)と頭痛がしてしまうのか」みたいなことを龍馬の声が言って、頭痛がおさまるシーンがありました。

このシーンからもわかるように胎児腫瘍の正体は、坂本龍馬なんです。

実は仁の脳内には、もともと腫瘍がありました。

坂本龍馬が暗殺され、顔に龍馬の血を浴びたことが引き金となり、この腫瘍に坂本龍馬が結びついたという設定です。

 

胎児腫瘍の意味はタイムスリップした理由?

胎児腫瘍は結局なんだったのでしょうか?

実は、あの胎児腫瘍は仁を江戸時代に行かせるタイムマシーンだったと考えられています。

実際に、仁は胎児腫瘍によって江戸時代に行き、多くの人々を助け医療技術の発展に貢献しました。

そして、植物状態になった恋人の友永未来の運命を変えることにもつながっていきます。

友永未来の運命を変えたいと願っていた仁を江戸時代に連れていき、運命を変えるチャンスを与えたのは全て胎児腫瘍だったというわけです。


ある運命を変えたい男に、神様は、本気で運命を変えるチャンス、つまりタイムマシーンである胎児腫瘍を与えた。

胎児腫瘍は痛みや苦しみを伴い、しかも様々な困難を乗り越えて初めて運命を変えることができる試練です。

南方仁ならこの試練を乗り越えられると思って与えられたのが、胎児腫瘍。

胎児腫瘍はタイムスリップした意味そのものなんですね。

立派な役割をこなしていたのに、怖いとか思ってごめんなさい…。

でも怖いと思っていたのは私だけではなく、みなさんもそう感じていたようです。

 

胎児腫瘍が怖いと話題

仁の包帯男正体は?

 

包帯男の正体は坂本龍馬?南方仁?

包帯男の正体は、南方仁です。

仁は現代への出入口である場所へ向かう途中に、残党狩りにあってしまい顔に大怪我を負ってしまいました。

そして、そのまま現代へと戻った為、手術され包帯男の姿となっていたわけです。

 

仁の胎児腫瘍と包帯男の謎と共に原作からわかりやすく解説!

最後まで観ても、多くの謎が残ってしまうのがこのドラマです。

私も初めて観た時、え、どういうこと?と困惑しました…。

原作の内容含めて、疑問箇所をわかりやすく解説していきますね。

 

咲の怪我 緑膿菌

咲は怪我が原因でペニシリンが効かない緑膿菌に感染してしまいます。

療養しても回復しない咲を救う為、仁は治療薬である「ホスミシン」を探します。

ですがホスミシンは江戸時代になく、仁は現代へとまたタイムスリップをします。

そして、原作とドラマでは異なる結末を迎えます。

ドラマでは、現代に戻った仁は過去に戻れず、現代の仁が代わりに江戸時代へとタイムスリップしてしまいます。

ただ、咲の兄である恭太郎が拾ったホスミシンによって咲は一命をとりとめています。

一方、原作では現代に戻った仁は、また無事に過去に戻ることができ、自ら咲を助けています。

そして咲を助けた恭太郎は、咲が怪我をした時、既に斬り殺されてしまっています。

 

現代の包帯男は仁

包帯男の正体は、江戸時代から現代に戻った仁ということは先ほどお伝えしました。

仁は現代の病院で手術され包帯男という状態ですが、目的だったホスミシンを手に入れることができます。

そして胎児腫瘍の瓶も抱えながら外階段にいる所を、現代の仁に発見されてしまうのです。

 

戻るぜよ、あん世界に

仁が残党狩りにあい、追い詰められた時に「戻るぜよ、あん世界に」という声が頭の中で響きます。

この声によって仁は、崖に飛び降りタイムスリップを成功させることができました。

これは脳内の腫瘍に宿った坂本龍馬の強い意志が具現化したものと考えられています。

頭の中に坂本龍馬がいるなんて、予想もつかないですよね。

 

パラレルワールドと現代の仁

仁の世界はパラレルワールドです。

パラレルワールドとは、同じ複数の世界が同時に並行して存在する世界のことです。

本来1つの世界に1人しか仁は存在しませんが、ドラマでは世界Aの仁が、世界Bの江戸時代へタイムスリップしていました

その結果、1つの世界に仁が2人存在してしまい、現代の仁と過去の仁が遭遇する場面へと繋がりました。

ドラマを1回見ただけでは理解が難しくなった謎が解けて、もう一回ドラマ全部見たいな!

ドラマ「仁 JIN」をもう一度見たい方におすすめのお得な見逃し配信情報はこちらからどうぞ♪

>>ドラマ「仁 JIN」を今すぐお得に全話イッキ見する方法を知りたい!

 

まとめ

仁の胎児腫瘍の正体はなに?包帯男の謎と共に原作からわかりやすく解説!をお届けしました。

ここまでわかりやすく解説をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

仁の胎児腫瘍がなにかは、血によって腫瘍に宿った坂本龍馬が正体でした。

胎児腫瘍に続いて謎が多かった包帯男は、過去に戻った仁でした。

仁は内容が複雑なぶん見応えがありますので、何度観ても楽しいですよ。

ちなみにドラマでは結ばれなかった咲と仁ですが、原作では結ばれてハッピーエンドになっているので個人的には原作派です!

>>原作漫画「JIN 仁」の結末を詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

気になる方は、ぜひ原作もご覧になってくださいね。