半沢直樹2大和田味方になるの?手を組む理由はなぜか狙いや関係を解説

半沢直樹2大和田味方になるの?手を組む理由はなぜか狙いや関係を解説
Pocket

https://twitter.com/hiroshi_pyon_ao/status/1292439152948989953?s=20

大和田って半沢直樹の味方になるの?

大人気ドラマ半沢直樹の大和田と言えば、悪役代表ですが、半沢直樹の味方になって手を組むなんてどんな狙いがあるんでしょうか?

あの大和田が半沢直樹と手を組む目的や狙い、大和田の周りの人間関係についても詳しく解説をしていきます。

実は半沢直樹2の原作では大和田は登場しないんです。

しかしドラマ半沢直樹2では、毎回名言がさく裂し、何やらキーパーソンといった感じです。

原作ファンも読めない大和田の動き、敵なのかまさかの味方になるのか、半沢直樹2は大和田に注目です!

1話から多くの人が大和田の動きがきになっているんです。

こちらの動画では4分50秒あたりから大和田の話で盛り上がっています!

さぁ、大和田は、半沢の味方になるのでしょうか。

この記事では、大和田と半沢の二人が手を組む理由や狙い、気になる人間関係を詳しく解説していきたいと思います。

 

半沢直樹2大和田味方になるの?

<速報>

大和田と半沢、味方になって手を組みました!!!

1話ラスト、大和田の「半沢くんが、動き出しましたか」という一言が、匂わせでしたね。

もう1話から緊張感あってワクワクしてしていますよね!

半沢直樹2では大和田と半沢が手を組むのでしょうか?

 

大和田出向先から半沢直樹の味方になる?

3話の終わり方と4話の予告から、ついに大和田は出向させられそうな雰囲気です。

あの大和田ですから、手を尽くして出向を阻止しそうな感じがしますが、全シリーズに比べると大和田の影響力はちょっと落ちていますよね。

大和田派の伊佐山が、実は三笠副頭取に乗り換えてたという1話の衝撃の展開がありました。

今作から登場の伊佐山も裏切りそうで裏で繋がってて裏切らない…と見せかけてやっぱり大和田を裏切って、自分が落とされるパターンな感じがします。

その伊佐山や三笠副頭取という東京中央銀行内の共通の敵を撃つことを目的として、一時的に半沢と大和田が手を組む、つまり味方になることはあり得そうです。

Twitterでもだったら次は「もしかして大和田は半沢と?」と話題になっていますね。

今後どうなっていくでしょうか。とっても楽しみです。

 

半沢直樹2大和田味方で手を組む理由はなぜか狙いは?

大和田が半沢と手を組んで味方になる狙いとして、敵が伊佐山では小物過ぎる気がします。

実際、伊佐山は大和田を裏切ったのかと思いきや、実はちゃんと繋がっていました。

もともと大和田は半沢に弱みを握られて土下座までして、恨んでいます。

伊佐山も、慕っていた大和田をこんな目に合わせた半沢が憎い。

大和田と伊佐山の半沢に対する共通認識は「敵」です。

では、大和田が大嫌いで恨みもある半沢と手を組むほどの「敵」とは誰がいるのでしょうか?

考えられるのは、中野渡頭取、もしくは三笠副頭取ではないでしょうか。

大和田ほどの人物が、、自分の身を本気で守りながら本気で戦わないと勝てない相手というと、このくらいのラスボスレベルではないでしょうか。

 

敵の敵は味方の強力関係で狙いは三笠副頭取?

大和田が半沢と手を組んで味方になってまで狙っている敵対する相手が、三笠副頭取だとしたら、こんな考察ができます!

買収が成立しても失敗しても、ぬかりなく自分の地位を向上させ、狙った相手、副頭取を落とし入れることができる。

そのためなら、半沢直樹の目的達成でもなんでも手助けしそうですよね。

半沢直樹は、自分の信念に誠実な人間なので、信念に沿った行動を実現させるためなら、相手が大和田であろうと利用することは間違いありません。

例え将来的に自分の道をまた塞ごうとするような存在になる可能性があったとしても。

半沢直樹と大和田暁は、信念の違いこそあれ、すごく似ているのかもしれませんね。

まだ伊佐山が大和田を裏切る伏線も消えてはいないようです…。


どう転んでも、この上なく緊張感ある展開になる事は間違いないですね。

 

ラスボスは中野渡頭取で協力する?

ラスボスはやっぱり中野渡頭取でしょうか?

原作では、半沢が銀行に戻って頭取から直々に「大手航空会社再建」の直命を受けて奮闘の末に、なんと最後は、責任を取る形で中野渡頭取は辞任するんです!

原作には大和田は出てきませんが、ドラマでは航空会社の件を大和田に命じていました。

ドラマ半沢直樹2では、ここまで大和田がかなりオイシイとこもって行ってますから、原作と違う展開も予測されます。

中野渡頭取レベルの相手を狙うなら

それにしても中野渡頭取(北大路欣也さん)の威圧感というか、存在感はスゴい。

もっと出番あってもいいなと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

半沢直樹2大和田降格後の人間関係を解説

大和田降格後の半沢直樹2の人間関係について整理していきます。

半沢直樹と大和田が手を組み味方になる伏線を読み取り考察していきたいと思います。

注目すべき人物はこちらの3人です。

  • 伊佐山泰二
  • 三笠陽一郎
  • 中野渡頭取

東京中央銀行の要人たちです。

半沢直樹、大和田とそれぞれの人間関係を詳しく解説していきます。

 

半沢直樹と伊佐山泰二

東京中央銀行の証券営業部の部長の伊佐山は出世欲が強い。

取締役まで引き上げてくれと見込んでいた大和田を失脚させた半沢を恨んでいて、異常なまでに半沢を敵対視している。

半沢直樹2で、現在半沢が直接対決中の相手が伊佐山です。

大和田の愛弟子と言われる超大和田派ですが、大和田が半沢に敗れ中野渡頭取派に寝返ったことで、伊佐山は大和田を裏切ったと思われていました。

しかし、3話現在まだ大和田と伊佐山は裏で繋がっていたことが分っています。

愛の反対は無関心ではなく、憎悪に振れることが多いのが人間関係なので、もう一転する可能性もゼロではありませんよね。

今後の伊佐山と大和田の関係が、半沢と大和田が手を組むきっかけになることも考えられます。

 

半沢直樹と三笠陽一郎


半沢の顧客を伊佐山が横どりした仕返しに、半沢が東京銀行に敵対姿勢を向けたことで、三笠と半沢の間に敵対構図が生まれました。

東京中央銀行の副頭取である三笠は、伊佐山を自分の派閥に入れ込んだ事をキッカケに、三笠派が半沢と敵対するという大きな構図に進化しました。

三笠はかなり生臭い、悪い感じがしますから、半沢は相当大きく厄介な敵を作ってしまいました。

いくら半沢直樹でも、副頭取の三笠を敵にして闘い抜くことはかなりの苦戦を強いられます。

そこで鍵となるのが、前作のラスボス大和田で、共通の大きな敵を前に一時的に手を組み、見方になるのではないかと噂されています。

 

半沢直樹と中野渡頭取


東京中央銀行の中野渡頭取は半沢を証券会社へ出向を命じた張本人です。

半沢直樹は、中野渡頭取を敵と見なしていると考えて間違いないと思います。

しかし、半沢直樹は賢い人間なので、銀行というルールの中でゲームを勝ち抜くためには、中野渡頭取に逆らってはプレーすることさえ許されないということを理解しています。

中野渡頭取は、まず第一に半沢直樹の実力、才能、性格を高く評価しています。

その上で、自分のために働き結果を出した半沢直樹を、証券会社に出向させましたが、それもまた中野渡頭取なりに狙いがありそうです。

中野渡頭取は、腹黒人間で溢れるドラマ半沢直樹の中での一番の腹黒ですからね。

 

大和田暁と伊佐山泰二

伊佐山は、かつて「大和田の愛弟子」と呼ばれていた程の大和田派で、大和田も伊佐山は目をかけてきた部下です。

しかし1話では早速、大和田が伊佐山に裏切られる展開になりました。

伊佐山が寝返った相手は、反中野渡頭取派のトップ、三笠副頭取です。

三笠副頭取は、中野渡頭取派に寝返った大和田を敵対視しており、粛々と中野渡頭取の失脚を狙っています。

 

大和田暁と三笠陽一郎

伊佐山を三笠に取られた大和田は、三笠を面白く思っていないのかと思いきや、3話で発覚したのは、伊佐山は対三笠のスパイでした。

三笠から常務のポストに推薦する事を条件に協力を願い出られ、大和田は三笠に恩を売りつけた形となっています。

しかし、実は、大和田が狙っているのは、三笠副頭取のポジションです。

大和田と三笠は、元々は同じ反中野渡頭取派だったので、中野渡頭取派に寝返った大和田を良く思っていません。

この二人の戦いは半沢直樹2の鍵を握っていそうです。

 

大和田暁と中野渡頭取

大和田の不祥事に対する厳罰を、平取締役への降格という異例の軽い温情処理をした中野渡頭取。

大和田はそれ以来、中野渡に頭が上がらず、反中野渡頭取派から中野渡頭取派に寝返りました。


しかし、元々他人に弱みを握られることが大嫌いな大和田です。

相手が例え中野渡頭取だとしても、このまま素直に従って、恩返しをするような人間とは考えられません。

密かに粛々と中野渡頭取のポジションを今も密かに狙っていると考えられます。

 

まとめ

半沢直樹2で大和田は味方になるのか?半沢と手を組む理由はなぜなのか?

その狙いや関係について、詳しくみていきました。

いかがでしたか?

話題沸騰の半沢直樹2では、大和田が味方になるのかどうかが大きな見どころになってきました。

もし手を組むとするのなら、裏に隠された理由がありますよね。

敵の敵は本当に味方なのか、それとも陥れる罠になるのか。

なぜ味方になるのか、その狙いやそれぞれの人間関係も見逃せません。

一瞬、気を緩めたら置いて行かれてしまいそうですね。

次回も気を張って、まばたきしないで見たいと思います!