半沢直樹2井川遥の正体は原作にある?怪しいスパイ行動理由はなぜかも考察

半沢直樹2井川遥の正体は原作にある?怪しいスパイ行動理由はなぜかも考察
Pocket

『半沢直樹2』の人気が絶好調です!

ストーリーも佳境に差し掛かり、いよいよクライマックスに向けておもしろくなってきていますよね。

ここで気になるのが、半沢直樹たちが通う小料理屋の女将・智美と銀行との関係です。

紀本常務の名前を聞いてから明らかに怪しい素振りを見せるようになりましたが、紀本常務と何か関係があるのでしょうか?

ネタバレしてもいいから、原作での女将・智美の正体が知りたい!という方のために、『半沢直樹2』井川遥の正体は原作にあるのか、怪しいスパイ行動理由はなぜかを考察します。

なお、この記事にはドラマ第7話までのネタバレが含まれているので、ご注意ください!

 

半沢直樹2井川遥の正体は原作にある?

井川遥さんの役どころは、着物姿が素敵な小料理屋・上越やすだの女将です。

ドラマでは毎回登場しており、このお店で半沢直樹は同期の渡真利や、部下の森山と情報交換をしています。

ゆったりとしたお店の雰囲気に井川遥さんの美しさも加わって、ピリピリしたやりとりの多いドラマの中でも数少ない癒しのシーンになっていました。

『半沢直樹2』は、池井戸潤さん著の「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」をもとにして制作されています。

原作を読めば、女将の正体がわかる…と思いきや、原作では井川遥さん演じる小料理屋の女将は出てきません。

ドラマ版のオリジナルキャラクターなんです。

だから女将の正体は今のところ謎のまま…ドラマを見ていかないとわかりません。

ただ、前作『半沢直樹』でも原作と違う部分がありましたし、反響の大きかった作品の続編ですので、ドラマ版で原作とはまた違うストーリーを楽しめるのはうれしいですよね。

 

半沢直樹2井川遥は銀行の内通者?

第1話で、女将の智美は東京中央銀行の株主であることが明かされています。

半沢直樹たちがこの小料理屋でよく銀行の話をしているので、それを聞いて「内部事情に詳しくなってしまった」とも語っていました。

ただ、ドラマが進んでいくにつれて「この女将なんか怪しい…」と感じ始めた方も多いのではないでしょうか。

というのも、半沢直樹たちの話にそれとなく耳を傾けている様子が何度も描かれていましたし、伊佐山部長や紀本常務のこともなんだか知っているようでした。

そして第7話で急展開!

名探偵 花ちゃんの活躍で、智美は元銀行員で中野渡頭取の元部下であることが判明したのです。

「この女将、ただものではないな」とは思っていましたが、これには私もびっくりしました!

さらに、女将の本名も判明します。

花ちゃんは半沢直樹のスーツに入っていた名刺を発見してお店に行くのですが、そこにあった名前は「新山智美」でした。

ドラマ『半沢直樹2』の公式サイトには、井川遥さんの役名が「智美」としか書いていませんでした。

当初からそのことに違和感を持っていた方もいたようです。

何かの伏線なのでしょうか?

さらにこのタイミングで女将の本名が判明し、しかも視聴者に印象付けるような演出の仕方だったので、今後何か女将の名前にからんだ新事実が出てくるのでしょうか…?

物語の鍵を握る重要な人物ということは間違いないので、東京中央銀行にどのように絡んでいるのか気になりますね。

半沢直樹の敵なのか味方なのか、今後の展開が楽しみです!

 

半沢直樹2井川遥の怪しいスパイ行動理由はなぜかも考察


女将があまりに怪しいので、「誰かのスパイなのでは?」という意見も出ています。

そこで、これまでの女将の怪しい行動を振り返ってみましょう。

 

半沢直樹2井川遥の怪しいスパイ行動は何話のどのシーン?

 

・第4話

原作「ロスジェネの逆襲」にあたる、東京セントラル証券とスパイラルの件が一段落したところで、後半の「銀翼のイカロス」のストーリーにつながっていく部分です。

小料理屋で渡真利が「ニューヨークから紀本常務が戻ってくる」という話をしたときに、女将は何とも言えない表情をしていました。

さらに第5話、渡真利が紀本常務と中野渡頭取について話をしたときも、動揺してお箸を落としてしまいます。

明らかに紀本常務のことを知っているような様子でしたね。

 

・第7話

女将が元銀行員で中野渡頭取の元部下だったことが判明しました。

紀本常務と中野渡頭取、そして政府と何らかのつながりがあるのでしょうか?

もし女将がスパイなら、誰のスパイなのでしょうか。

考えられるのは、紀本常務か中野渡頭取です。

紀本常務のスパイだとしたら、半沢直樹たちの会話は女将を通じて紀本に筒抜けと言うことになるので、半沢危うしですよね。

反対に中野渡頭取のスパイなのだとしたら、半沢直樹たちの会話を盗み聞いて何をするつもりなのでしょうか。

考えれば考えるほど謎です。

しかし、女将がスパイならば、もう少しうまく立ち回るんじゃないかな?とも思います。

半沢直樹たちから紀本常務の名前が出たときの動揺ぶりは、かなり目立ちました。

おそらく、突然 紀本常務の名前が出たので心から驚いたのではないかと感じます。

女将はスパイなのではなく、過去の重要な事実を知る人物なのではないでしょうか。

それが、紀本常務と政府のつながりに関わっているのかもしれません。

8話の予告では、女将が喪服を着てお墓参りをしているような場面がありました。

誰かの死が、今の銀行の人事に関わっており、それに紀本常務と中野渡頭取も関与しているとか…?

それに政府も関わっている可能性もあります。

「銀行の深い闇」とも言われていたので、どんな過去があったのか気になりますね!

 

半沢直樹2井川遥の怪しい本名についても考察

更に気になるのは、女将の本名についてです。

先述したとおり、相関図で 女将は「智美」としか書かれていなかったのです。

今まではあまり気に留めなかったことですが、このタイミングで苗字を明らかにするのは、何か意図を感じます。

女将が何か重要な鍵をにぎっているのではないか?…そんな気がしてなりませんよね。

中野渡頭取とは、上司と部下だった過去以上の関係が この先の展開で描かれるのでしょうか?

早くドラマの続きがみたいですね~!

 

まとめ


半沢直樹2で井川遥の正体は原作にあるかを調べてきました。

原作には女将は登場せず、ドラマのオリキャラということなので、女将の正体のネタバレはできませんでした。

井川遥の怪しいスパイ行動の理由はなぜかも、考察と第7話までのネタバレを交えてお届けしました。

紀本常務の名前を聞いてからの女将・智美の様子は明らかに怪しいですね。

何か関係があることは間違いないでしょう。

今後の『半沢直樹2』では、中野渡頭取と紀本常務の過去が明らかになると思われます。

智美の正体は何なのか?銀行とどんな関係があるのか?

気になることがたくさんあって、ドラマ放送が待ちきれませんね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。