【半沢2】1話の感想とあらすじネタバレ!電脳雑伎集団の契約解除の黒幕は大和田常務?

【半沢2】1話の感想とあらすじネタバレ!電脳雑伎集団の契約解除の黒幕は大和田常務?
Pocket

電脳雑伎集団の契約解除の黒幕は大和田常務なのか、半沢2の1話のネタバレを、あらすじと感想と共にお伝えしていきます。

ついにあの人気ドラマ「半沢直樹」の新シリーズの放送が開始されましたね。

あらすじを読むと、1話では電脳雑伎集団という会社との契約解除が起こってしまうことが、わかりました。

はたしてその黒幕が、あの大和田常務なのか、気になるところですよね!

実際私も1話を視聴したのですが、面白い展開になりそうだなという感想を抱きました。

ちなみに半沢直樹の新シリーズの1話は、ダイジェスト版のみ見逃し配信がされています。(2020年7月20日時点)

でも見逃した方でも大丈夫!

2020年7月26日(日)の15時30分から、再放送がありますよ。

ネタバレが嫌な方は、再放送後にネタバレの項目を読んでみてくださいね。

 

【半沢2】1話のあらすじ

まずは1話のあらすじを、公式から紹介させていただきます!

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。
しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。

こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。
扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。
さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。

一方、大和田は、敵対していたはずの中野頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。
さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。
プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。
買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。
東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう。
そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった。

飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!?
不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

引用:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/ep1.html

1話で東京セントラル証券へ半沢直樹が出向すること、そしてまた銀行と対決していくことが明らかになりました!

あらすじから、東京セントラル証券内でも、出向組と社員組で確執があることが書かれていますよね。

1話は、今後の物語の一番基礎となる部分なので、放送が楽しみですね!

 

【半沢2】1話への期待の声

半沢直樹はやはり人気があるドラマということもあり、新シリーズもすごく視聴者から期待されています。

ネットでもこのように、たくさんの声がありました!

人気の役者さんがたくさんでていることもあり、役者さん目当てな人も多くいました。

またやはり、あの有名なセリフを楽しみにしている方もいましたね。

半沢直樹の魅力といえば、濃いキャラクターということで、どんなクセのある人物がでるのか、楽しみにしている方も見かけましたよ!

 

【半沢2】1話の見どころは?

1話の見どころは、東京セントラル証券と東京中央銀行が対立するきっかけを作った人物は誰か、というところですね。

また銀行内でも新たな派閥争いが起きるということで、それがどうストーリーに影響してくるかというのも、見どころの1つです。

 

東京セントラル証券にも裏切り者が!

また出向先の証券会社にも、銀行へ情報を流していた裏切りものがいます。

それはいったい誰なのか…。

これはネタバレにて、お伝えしていきますね。

 

【半沢2】1話のネタバレ

ここからはネタバレです。

あらすじの通り。1話で東京セントラル証券には、電脳雑伎集団からスパイラルという会社を買収するための契約話がきます。

しかし、なぜかこの情報が親会社である東京中央銀行に抜かれており、この案件が銀行にとられてしまったんです。

しかもそのやり方が、時間外取引だったり巨大組織にならではの資金の使い方という、強引なものでした。

 

電脳雑伎集団との契約が解除になった原因の黒幕

東京中央銀行からの出向組で、証券会社の社員組を見下している半沢の部下の諸田祥一は、銀行の伊佐山泰二と密会!

この2人に、繋がりがあることがわかりました。

伊佐山といえば、あの大和田暁を慕っていた人物ですよね。

しかし、この伊佐山は、中野渡派に鞍替えした大和田を裏切り、今回は三笠洋一郎率いる副頭取派閥についていきます。

そして、案件の情報流失には、諸田の腰巾着と言われている三木重行も関わっていました。

半沢と証券会社の社員である森山雅弘は、仕掛けた罠にハマった三木を連れ、メールの証拠を元に銀行側に提示するのですが、出世を狙う伊佐山はすでに隠蔽工作をしたあと。

つまり、今回電脳雑伎集団との契約が解除になった原因の黒幕は、伊佐山だったというわけです。

 

あの名ゼリフも!

銀行のあまりの横暴なやり方に、半沢はまるでヤクザのようだと言い放ちます。

そしてファンにはたまらないあの名ゼリフ「やられたらやり返す、倍返しだ!」と、伊佐山に宣言。

敵と味方が明白になり、2話へと続いていきます。

 

【半沢2】1話の感想

1話であの有名なセリフが聞けるなんて、テンション上がりますね!

自らの出世のために、親会社に情報を売ってしまった出向組との対立や、あまりに巨大な組織銀行との対立。

ワクワクする展開が期待できます。

理不尽なことをされても、そのぶん、半沢がやり返してスッキリできる物語になると思うので、逆に伊佐山たちが悪い顔をすればするほど、楽しめました。

また新たな名言「施されたら施し返す 。恩返しです!」も話題になっていますよね!

この先もいろんな名ゼリフが飛び出すのかなと思うと、すごく楽しみです。

 

ネットでの反応

1話を実際に視聴した方の、反応をツイッターから集めてみました!

有名人まで話題にしていて、作品の人気の高さが伺えますよね!

現在の時代劇…という感想は、本当的を得ているなと思います。

スカッとするからこその面白さですからね。

また、やはり今回も小ネタがあったようで、原作者のファンの方にも好評でした!

1話の放送で世界トレンド1位を取ったことからも、令和を代表するドラマになるでしょうね。

思わずふふっと笑ってしまうような演出になってしまった場面もあり、とくに1話ではスマホに注目した視聴者が多くいました。

ちなみにこのスマホは撮影時も話題になったことが、公式のツイッターで語られています。

 

まとめ

1話のあらすじを見て、今回の半沢2はさらにドロドロとした世界を描いていくのかなという感想を持ちました。

ネタバレからもわかるように、電脳雑技集団との契約解除の黒幕が、大和田常務でなかったことにはびっくりしましたね。

今回の黒幕の伊佐山と、大和田は別の派閥なので、今後この関係も物語に大いに関係してくることでしょう。

また細かいネタもかなり仕込まれているドラマなので、こういう小ネタ探しも今後していきたいですね。

以上、電脳雑伎集団の契約解除の黒幕は大和田常務なのか、半沢2の1話のネタバレを、あらすじと感想と共にお伝えしてきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。