極主夫道の喫茶店ロケ地は大森のルアン?スーパーや神社がどこかも特定!

スーパーや神社がどこかも特定!

いよいよ放送開始したドラマ『極主夫道』。

第1話を視聴した皆さんは、ロケ地など気になっているのではないでしょうか?

1話から登場している喫茶店やスーパーは一体どこなのか、特定しました!

なんと喫茶店はロケ地としても有名な大森の「ルアン」であるとか……?

また第2話で登場する神社についてもご紹介します。

では、「極主夫道の喫茶店ロケ地は大森のルアン?スーパーや神社がどこかも特定!」をお送りいたします!

最後までどうぞお楽しみください。

 

極主夫道の喫茶店のロケ地は大森のルアン?

『極主夫道』に出てくる、龍行きつけの喫茶店

とても趣のあるレトロなお店の様子がとても素敵ですよね。

まずはそのロケ地になったお店からご紹介します!

 

喫茶店「珈琲亭ルアン」

ロケ地になったのは、東京の大森にある「珈琲亭ルアン」

1971年創業の老舗純喫茶です。

創業当時のままの内観や、昭和の面影を残すお店は現在も多くの人に愛されているようです。

極主夫道の作中では、龍がスペシャルパフェを頬張っていましたね。

珈琲亭ルアンには、珈琲好きには堪らない種類豊富な珈琲メニューがあるようです。

「時間と手間のかかる水出し珈琲が絶品」、「珈琲が苦手なのに通いたくなる美味しさ」など、かなり高評価を集めています。

 

「珈琲亭ルアン」はロケ地として有名

実はこの喫茶店、外観や内装の素晴らしさから多くの作品のロケ地として使用されているんです。

『極主夫道』の他に珈琲亭ルアンがロケに使われた作品をいくつかご紹介します。

きっと皆さんが見たことのある作品もあるはず!

 

『タリオ 復習代行人の2人』

第1話で白沢がナポリタンを食べる喫茶店ですね。

 

『まだ結婚できない男』

第9話で桑野が黒丹茶を渡されるお店です。

 

『集団左遷!!』

第2話で片岡と花岡が稲葉にとある依頼をする喫茶店です。

 

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

第5話で火村と有栖川が夕狩と行った喫茶店です。

みなさんが観たことのある作品や、他にも思い当たるドラマもあったのではないでしょうか??

 

極主夫道スーパーブンタのロケ地はどこ?

続いては、龍が主夫として食材調達に通う「スーパーブンタ」

こちらもモデルになったお店があるのでしょうか?

 

座間のスーパー「新鮮市場 なかや」

こちらは、神奈川県座間市にある「新鮮市場なかや」

外観、内観共に「スーパーブンタ」としてロケに使用されているようです。

この「新鮮市場なかや」は鮮度や品質はもとより、コスパも高いことで人気のスーパーマーケットで、県内に3店舗展開されています。

  • 座間入谷店
  • 相模原大沼店
  • 寒川店

この3店舗で、『極主夫道』に使われてるのは、座間入谷店です。

実は、その他の店舗もロケ地に使われており、相模原大沼店は『大恋愛 僕を忘れる君と』で、寒川店は『サイレント・ヴォイス season2』で登場します。

 

極主夫道の神社がどこかも特定!

最後にご紹介するのは第2話で、主婦同士の熱き戦い「喧嘩祭」が開催された場所の撮影地についてご紹介します。

乱れる刃、血の洗濯、奪還の道、まさに汗と涙にまみれた戦い……これは一体どこで行われたんでしょう。

 

千葉県野田市の櫻木神社

実はここ、本物の神社をお借りして撮影したようです!

千葉県にある櫻木神社にて撮影されたようで、その目撃情報も多数上がっていました。

まさか、本物の神社であの戦いが繰り広げられていたとは……。


こちらの神社もロケには何度か使用されているようで、『レンタルなんもしないひと』や『私たちはどうかしている』にも登場しています。

 

まとめ

原作は滋賀県草津市を舞台にしている『極主夫道』。

みなさんが気になっているロケ地について、1話に使われている場所からご紹介しました。

1話から登場している喫茶店やスーパーは一体どこなのか特定しましたが、知っている場所はありましたか?

なかでも喫茶店はロケ地としても有名な大森の「珈琲亭ルアン」ということで、他の作品でも見て知っていた方もいるかもしれません。

また第2話で登場する神社についてもご紹介しました。

今後もどんな場所に龍たちが現れるのか、楽しみですね!

以上、「極主夫道の喫茶店ロケ地は大森のルアン?スーパーや神社がどこかも特定!」をお送りいたしました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。