リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃない?由来は?英語版もあるって本当?

広告

この記事は、リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃない?由来は?英語版もあるって本当?について紹介していきます。

ドラマ『リコカツ』は、ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲と、航空自衛隊官の緒原紘一が出会い、交際ゼロ日でスピード結婚するも、正反対の性格の2人は、衝突し、離婚を決意する物語です。

 

今回は、ドラマ『リコカツ』の中で肝となる、緒原家の家訓に注目していきます。

 

リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃない?由来は?英語版もあるって本当?について知りたい方は、お見逃しなく!

リコカツのお得な視聴方法についてはこちらからどうぞ!

リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃないって本当?

 

 緒原家の家訓とは?

広告

 

リコカツ家訓、この5か条は海上自衛隊第1科学校、海上自衛隊幹部候補生学校の学生に唱和させているものなのです。

 

心の中でこの5か条をその日1日自分の行動を振り返り、自問自答するそうです。

 

リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃないというのは、本当です。

 

参考元https://kaigaidoramasityou.com/2021/04/22/kakun/

 

紘一さんが家訓を破りそうになったのは何話?

紘一さんが家訓を破りそうになったのは、

  • 2話

です。

 

家訓に関する口コミ!

広告

 

リコカツ家訓に対する評価は、賛否両論ありますね。

 

リコカツ家訓の由来は?

広告

 

五省を考えたのは誰?

リコカツ家訓の由来は、海上自衛隊に伝わる「五省(ごせい)」と言われるもので、

考えた方は、

  • 昭和7年当時の海軍兵学校長、「松下 元 少将(まつしたはじめ しょうい)」

です。

 

どういった意味があるの?

五訓の意味を紹介していきます。

 

  • 至誠に悖るなかりしか(しせいになかるもとかりしか)→誠実さや真心、人の心に背くことがなかったか
  • 言行に恥づるなかりしか(げんこうにはずるなかりしか)→発言や行動に過ちや反省がなかったか
  • 気力に缺るなかりしか(きりょくにかけるなかりしか)→精神力や集中力は十分であったか
  • 努力に憾みなかりしか(どりょくにうらみ)→努力を十分にしたか努力不足ではなかったか
  • 不精に亘るなかりしか(ぶしょうにわたるなかりしか)→何かをするとき面倒くさがってはいなかったか

という意味になります。

今でいうチェックリストのようなものですね。

 

創始者『松下元(はじめ)少将』とは誰?

  • 名前:松下元(まつした はじめ)
  • 生年月日:1884年8月10日
  • 出身地:福岡
  • 職業:日本海軍軍人 海軍中中将

 

松下丈吉氏の長男として生れ、中学明善校を経て、1903年12月、海軍兵学校(31期)を卒業、翌年9月、海軍少尉任官となります。

 

日露戦争では「松島」乗組として出征、日本海海戦では「八雲」乗組、1910年5月、海軍砲術学校高等科を卒業、「高雄」砲術長、「薩摩」分隊長、第1艦隊参謀などを歴任し、1914年5月、海軍大学校(甲種12期)を卒業しています。

 

「阿蘇」砲術長、艦政局局員、イギリス出張、第4戦隊参謀などを経て、1921年1月、海相秘書官兼副官となり、加藤友三郎大臣に仕え、「天龍」艦長、海軍省人事局第1課長、「金剛」艦長などを歴任し、1927年12月、海軍少将に進級、人事局長、第3戦隊司令官を経て、海兵校長となり「五省」を発案しています。

 

1932年12月、海軍中将となり、練習艦隊司令官、舞鶴要港部司令官となり、臨時編成された第四艦隊の司令長官在職中第四艦隊事件が発生、その後佐世保鎮守府司令長官などを歴任し、1937年3月、予備役に編入され、最終的には、海軍中将となっています。

 

参考元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%85%83

 

英語版もあるって本当?

広告

英語版もあるのは、本当です。

ただし、英語版は、古語を使用しています。

Hast は、haveの意味、thouは、汝の意味です。

Hast thouは、現代英語に訳すと「Have you」となります。

 

有名な家訓って他に何があるの?

広告

有名な家訓を見ていきます。

ためになる有名な家訓~その1~徳川家康

264年間続く江戸時代を先導した徳川家康、日本の歴史に欠かせない人ですね。

その家訓は、

人の一生は重き荷を負って遠き道を行くが如し、急ぐべからず

不自由を常と思えば不足なし

心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え

勝つことばかり知りて負くることを知らざれば、害その身に至る

己を責めて人を責むるな

及ばざるは過ぎたるに勝れり

となっています。

 

「不自由を常と思えば不足なし」は、「不自由があたり前と思えば、不満を覚えることもない」という意味です。

この家訓の最後の言葉、「及ばざるはすぎたるに勝れり」ですが、論語の「過ぎたるは猶及ばざるが如し」を、家康なりに解釈した言葉なのです。

「度が過ぎることは足りないことと同じくらいよくないこと」といった意味ですが、家康は「足りないことは度が過ぎるよりも優れている」と解釈を変えているのです。

その理由は、「足りていない」と思うことで、もっと成長しなければならないというモチベーションが生まれ、常に緊張感を持って様々なことに取り組めるからなのではないかと言われています。

 

参考元https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/mizuhosmartportal/jigyosenryaku/topic_64.html
参考元https://kakun-project.jimdofree.com/%E5%81%89%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%AE%B6%E8%A8%93%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/

 

ためになる有名な家訓~その2~大隈重信

第8・17代内閣総理大臣、および早稲田大学の創設者である大隈重信

その五訓

  • 物事を楽観的に見よ
  • 怒るな。冷静に物を見よ
  • むさぼるな
  • 愚痴をこぼすな
  • 世のために働け

です。

とても分かりやすいですね。

参考元https://rekijin.com/?p=28945

 

ためになる有名な家訓~その3~福沢諭吉

蘭学者、教育者、慶應義塾大学(旧蘭学塾)の創設者である福沢諭吉

家訓 にびのをしへ 日々の教え

  • うそをつくべからず
  • ものを拾うべからず
  • 父母に聞かずして  ものを貰うべからず
  • 強情を張るべからず
  • 兄弟けんか、かたく無用
  • 人のうわさ、かたく無用

です。

福沢諭吉氏の著書「学問のすすめ」の冒頭は、とても有名ですね。

どういう文章かというと、

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといえへり

されども、今廣く此人間世界を見渡すに、

かしこき人ありおろかなる人あり貧しきもあり冨めるもあり貴人もあり下人もありて

其有様雲と坭との相違あるに似たるは何ぞや

となっています。

内容としては、「すべての人間は、生まれながらにして平等である」

「しかしながら実際には賢い人と愚かな人、貧しい人と富んだ人、身分の高い人と低い人がいて、雲泥の差がついている」

「だからこそ、その不平等な差を埋めるため、生まないために、勉強して自分を磨くことをお勧めする」と説いているのです。

 

参考元https://kakun-project.jimdofree.com/2015/02/24/%E7%A6%8F%E6%B2%A2%E8%AB%AD%E5%90%89%E3%81%AE%E5%AE%B6%E8%A8%93-%E3%81%B2%E3%81%B3%E3%81%AE%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%B8/
参考元https://jalapeno31.hatenablog.com/entry/tennhahitnouenihitowotukurazu.saredo1#:~:text=%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82-,%E3%80%8C%E5%A4%A9%E3%81%AF%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AB%E4%BA%BA%E3%82%92%E9%80%A0%E3%82%89%E3%81%9A,%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%86%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
参考元https://precious.jp/articles/-/11076

 

御説教っぽく感じることもあると思いますが、目を通してみてください。

 

まとめ

リコカツ家訓を考えたのは緒原家じゃない?由来は?英語版もあるって本当?について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

それぞれの家庭には、家訓のようなものがある場合があると思います。

出身が違う、育ちが違う者同士が出会い、結婚する、あるいは、似た者同士の結婚もありますね。

けれども、例えそうであったとしても、家庭が違えばそれなりに色々なことに戸惑うことになります。

色々な家訓があって、ためになることも多いと思います。

ぜひ、参考になさってください。

 

広告