星の子映画の学校ロケ地はどこ?エキストラ募集の撮影場所を紹介

星の子映画の学校ロケ地はどこ?エキストラ募集から撮影場所を追跡!

絶賛上映中の映画『星の子』、みなさんはもうご覧になりましたか?

まだ観ていない方も、一度見たら頭から離れない不穏なCMは気になっているのではないでしょうか!

映画『星の子』には、かなり大人数のエキストラ募集をした大規模な撮影もあったそうなんです!

この記事では、学校、水かけ、集会などの気になるシーンのロケ地についてご紹介していきます。

もう映画を観た方も、まだ観ていない方も、撮影場所がどこなのかがわかると一層 映画『星の子』を楽しめること間違いなしです!

星の子の学校のロケ地はどこか、エキストラ募集から撮影場所を探っていきたいと思います!

最後までご覧くださいね!

 

星の子映画の学校ロケ地はどこ?

大きなスクリーンに地元が映ったら興奮しますよね~!

主演 芦田愛菜さんで注目の映画『星の子』が10月9日(金)から公開しています!

情報が解禁され、ロケ地についても話題になっているんですよ。

まずは、主演 芦田愛菜さん演じるちひろの通う中学校のロケ地から探っていきます!

 

ちひろの通う中学校のロケ地場所はどこ?

「足利市映像のまち推進課の発表では、映画『星の子』は足利市で撮影が行われたとツイッターに載せています。

場所は、足利市にある足利市立第三中学校です!

この足利市立第三中学校でのシーンは、主人公ちひろが南先生と出会い一目惚れするシーンで使われています。

この事は、足利第三中学校の公式ブログで「昨年12月に三中で撮影した」と紹介されていますので間違いないでしょう!

こんなツイートも見つけました!

はっきりと特定の中学校名がありますので可能性が高そうです!

旭が丘中とは、神奈川県高座郡寒川町にある町立旭が丘中学校の事のようです。

撮影日は12月22日、25日、26日、1月5日の4日間。

主人公と同じ学年の生徒役、男女エキストラを募集して4日間も中学校シーンを撮影していたことから、こちらもちひろが通う中学校として選ばれたロケ地だと思われます!

住所:神奈川県高座郡寒川町小動933

 

星の子映画のエキストラ募集があった撮影場所は?

もしエキストラだとしても、映画に知り合いが出ているなら一層観たくなりますよね!

隅から隅まで真剣に観ちゃいそうです。

映画『星の子』ではエキストラ募集をしていて、かなり大人数での撮影もあったようですよ!

 

宗教団体の集会シーン:法政大学・多摩キャンパス

ある歌を歌ったそうですが、いったい何のシーンに使われたのでしょうか?

映画『星の子』公式ツイッターでは法政大学多摩キャンパスでのエキストラ募集がされていました。

募集では1600人だったようですが、実際は1200人集まったそうです。

コロナ渦で1200人集まっただけでも芦田愛菜さんの人気を感じます!

エキストラさん達は、架空の宗教団体の集会の参加者役だったようですね。

ですので、ちひろ(芦田愛菜)の両親(永瀬正敏と原田知世)が入信している宗教組織の研修会シーンの撮影に使われたのだと思われます。

建物の場所は、法政大学多摩キャンパスの2号館大教室A棟(大ホール)

エキストラで参加した人は、芦田愛菜さんと記念撮影されています~!素敵な記念になりますね。

エキストラさんのツイート「ある歌をみんなで歌った」とありますが、1200人が一体になった大合唱だったんでしょうね。

果たして、どのような仕上がりになっているのか、映画館でチェックするのも楽しみですね!

住所:東京都町田市相原町4342

 

宗教組織の研修合宿シーン:八ヶ岳付近の施設(山梨県北杜市)

こちらは”山梨県北杜市”のツイートです。

2020年1月13日に10代〜70代の男女80人の親子・グループでの参加大歓迎のエキストラを募集していました。

具体的な場所は不明ですが山梨県北杜市・八ヶ岳周辺施設とのことです。

募集内容は、ある組織の研修参加者という役どころだったようですね。

ちひろの両親の入信する宗教団体の研修ということでしょうか。

撮影は朝から夜までを予定していたそうですよ、映画の撮影って大変なんですね~。

 

両親が水をかけるシーン:秦野市「室町 水無川沿い」

その他のロケ地情報も調査しましたのでご紹介していきますね!

こちらは、話題の両親が水をかけるシーンのロケ地だと言われています。

映画『星の子』公式サイトにはその不穏なシーンが掲載されていて、背景が近くの家の雰囲気と似ています。

また、夜中にちひろと、憧れの南先生(岡田将生さん)が乗った車が駐車した場所として使われたのが、こちらだと考えられています。

ここでちひろは、南先生に自分の両親が「奇跡の水」と書かれた水を信じていることを知られてしまいます。

好きな人に愛する両親を「変な奴ら」呼ばわりされ、ちひろの葛藤や心の揺れが描かれた重要シーンなのです!

住所 神奈川県秦野市室町3-6

 

ちひろの自宅などのロケ地も追跡

こちらの写真も映画『星の子』の何かのシーンで使われていたそうなのです!

調査を進めますと、有力な情報を見つけました!

神奈川県厚木市温水にある売出し中の一軒家で『星の子』の撮影が行われたと「有限会社岩倉産業」のブログで紹介されていましたよ!

こちらの建物で映画の撮影をします。

厚木市温水にある一戸建で、

土地面積:116.12㎡(35.12坪)、駐車場は2台可

建物面積:105.15㎡(31.80坪)

間取:3LDK+納戸(4LDK+納戸に変更可能)

築年月:平成15年6月

☆内装リフォーム済で大変きれいです。

☆日当たり良好、玄関は吹き抜けです。

価格は2780万円(税込)です。

なんの映画かというと、来年夏に公開予定の映画で、令和初の芥川賞を受賞した作家である今村夏子先生原作で、作品名は「星の子」です。

https://ameblo.jp/mtg-4191/entry-12560833641.html

 

一軒家ということから、ちひろ(芦田愛菜)らが暮らす家の撮影地だと考えていいのではないでしょうか!

家は小田急線本厚木駅からバスで10分、黄金原バス停より徒歩4分の場所にあります。

「映画『星の子』で使われた家は、実は我が家なんだよ」なんてちょっと自慢したくなりますね!

住所:神奈川県厚木市温水2244

 

まとめ

絶賛上映中の映画『星の子』の学校、水かけ、集会などの気になるシーンの撮影場所についてご紹介していきました!

映画には1200人ものエキストラ募集をする大規模な撮影もありましたね!

撮影場所がどこなのかを確認してから映画を観る方も、映画を観てからロケ地を確認する方も、どちらも映画『星の子』を一層楽しめるのではないでしょうか?

映画を撮影するには、長時間にわたってたくさんの方が関わってできるものなんだと改めて感じました。

皆さんの力が合わさってできたそれぞれのシーンを、映画『星の子』で今一度確認したいです!

星の子の学校ロケ地はどこか、エキストラ募集のあったロケ地などをまとめてきました。

最後までご覧いただきありがとうございました!