BG続編1話感想とネタバレ&あらすじ!島崎章が会社を辞めた理由は?

Pocket

BG続編の1話が、2020年6月18日に決まって、やっと放送されましたね!

そこで、1話のあらすじとネタバレ・感想を公開しちゃいます♪

しかし、2020年春ドラマのBG続編は、1話から なんだか不穏な空気を感じます。

予告動画で、既に木村拓哉さん演じる島崎章が会社を辞めたとか…。

島崎章が会社を辞めた理由は何だったのでしょうか?

気になる あらすじ・ネタバレ・感想、そして章の会社を辞めた理由もご紹介していきます。

 

BG2020の1話ネタバレ感想

予告では、『どこにも属さない』島崎章が見られると言っています。

何があって辞めてしまったのでしょうか?

それぞれのポイントについて詳しくネタバレ解説していきます!

 

【BG2020】1話のストーリーのポイントは?

1話のストーリーの気になる点を5つのポイントをご紹介します。

何か “訳アリ” そうな松尾を警護する事は、危険を伴うとわかります。

松野の本当の目的は何だったのでしょうか?

ここからは1話のポイントをご紹介していきます!

 

  • 日ノ出警備の吸収合併崎「KICKS CORP.」とはどんな会社なのか?

→民間の警護人たちを雇い、政財界のVIPを専門に警護するのが社長の方針です。

そうする事で日本を動かす力を持つ程の権力者たちとコネクションを作りたい狙いなどがありそうです。

 

  • 仲村トオルさん演じる劉光明とは、一体 何者なのか?

→会社の経営以外に、政財界のVIPに警護をこだわるのは、お金の為だけでしょうか?

何かしら裏の顔がありそうな気がしてしまいます。

 

  • 今回警護する元・服役囚の松野の抱えている秘密

→恐らく松野は、何かしらの意図をもって、どうしても研究室に行きたいと思っています。

そして、章に警護を依頼したのも、自分の計画の遂行の為です。

何を計画していて、どんな秘密を抱えているのでしょうか?

 

  • 予告動画の『クビになる』の意味

→これは、章が自分の意思で会社を辞めたわけではない事を意味します。

クビにされるほど、松野の警護の件で 会社に楯突いたのでしょうか?

もしくは、何か秘密を知ってしまい、邪魔になって辞めさせられたのでしょうか?

 

  • 最大のポイント!章が見た “信じられない光景” とは一体なにか?

→何かを目撃してしまい、章は組織に属さずに、個人で松野の警護をします。

これは「KICKS CORP.」の社長・劉光明に絡むことと予想できます。

会社内部の何かを目撃し、会社を信用できなくなったのか、辞めさせられたのか…

どちらにしても、会社に属さず、松野を1人の依頼人として全力で護ることを決めたのでしょう。

『命を懸けて、人を護る』という信念の元、章の警護がみられます。

 

BG2020島崎章が見た”信じられない光景” についてのネタバレ

まず、章が見てしまった “信じられない光景” についてのネタバレです!

与党議員・桑田氏の後援会パーティーにて、不審人物を見事発見し、排除した島崎章。

しかし、自分が負傷してしまった。

後日 章は、桑田氏のパーティーで見た不審人物をホテルのロビーで見かけた。

そのホテルでは社長の劉光明が、メディア取材に応じていた為、章は松野の警護を引き受けたいと直談判に訪れていた。

犯人の後を追って、地下駐車場まで尾行すると、なんと桑田氏の秘書と密会していた。

その後も追跡し 犯人を直接問い詰めると、パーティーで騒ぎを起こすことで、金を受け取っていた。

あの騒ぎはでっち上げで、その上 標的は、一番 経験年数の短い沢口だったのだ。

しかも、その依頼人は他でもない、社長である劉だと言う犯人の言葉に、章は愕然とする。

事実を確かめに再度 社長に会いに行くと、桑田氏と会食中だった。

そこで全ての辻褄が合い、章の最悪の疑念が 確信をに代わってしまったのだ。

これは、章にとったら、許せることではありません。

まして、松野の警護をしたいと申し入れたのを、社長にあしらわれた直後です。

社長にとって自分たち警護人は、会社とVIP顧客の為に動く 単なる道具でしかない。

会社への信頼を失った今、辞めて当然ですね。

 

BG2020松野ついてのネタバレ

では、松野に関するネタバレもしていきましょう!

松野は、事件後に千葉の刑務所に拘留されていました。

そこで知り合った元サッカー選手・河野と知り合い、章を紹介したのだという。

そして、どうしても研究所に行きたいとの依頼を、KICKS退社後に引き受けたのだ。

出所当日、松野に頼まれていた携帯電話を渡し、松野の希望通り、公共交通機関での移動が開始。

しかし、様々な場所で週刊誌の記者や、被害者の身内などと遭遇する。

出所に関しての情報は、漏れていないはずなのに・・・

どうも何か事情がありそうですね。

危険をかいくぐり大学に着くが、昼間の時間帯の為、学生も大勢います。

何んとか研究室に辿り着いた松野と章は、教授・坂上と対面します。

坂上を目の前にして、松野の態度は一変する。

松野が服役した過失致死事件の全貌は、松野に何の罪もなかったのです。

松野は坂上教授の起こしてしまった事故を庇っただけ。

しかし、松野が捕まった途端、坂上の裏切りが発覚した。

『尊敬して、信じていたのに、裏切られた・・・』

そんな悔しい気持ちが、松野をこの研究所まで向かわせたのだった。

しかし、坂上はそんな松野と、止めに入った章までも道連れに、自殺を図ろうする。

研究室に設置された、マイナス800度まで冷却できる冷却室に閉じ込められた3人!

中からは開けられない様にコンピューター制御された頑丈な扉は、ビクともしない。

急激に冷気が流れ込み、一気に凍える極限の状態から、章は松野を護ることができるのか?!

ドキドキしますね!

一体どうやって、絶体絶命の状況から逃げ出すのでしょうか?

気になる方は、是非 ドラマをチェックしてくださいね!

 

BG2020の1話の感想


皆さんの1話の感想は、高評価ですね。

初回放送視聴率も17%です!

やはり面白いしカッコいいし、BG最高です!!

 

BG2020の1話ネタバレ島崎章が会社を辞めた理由は?

章が会社を辞めた最大の理由は、章の名言が物語っています。

『金は護れても、命を護ることはできません』

劉社長の方針は、どこまでいってもビジネスとしての警護です。

だからお金になるVIP専任の警護でいいし、わざと騒ぎを起こして話題性や同情票も集める。

それでは、本当に困った人の命を救えない。

警護に身体を張り、命を懸ける章には、KICKSにいる意味などないのです。

章の信念を思い出させてくれたのは、市川実日子さん演じる医師・笠松の言葉でした。

「ボディーガードは人を護る仕事だけど、会社がボディーガードを護ってくれるとは限らない。」

「仕事は後悔のない様にやりなさい」

この言葉の通り、会社は新米ボディーガードである沢口を犯人に狙わせた。

従業員より顧客を絶対視するが故、仲間が会社に傷付けられるのも見過ごせという社長についていけますか?

自分の仕事に誇りを持ち、人の命を護る事にこだわる章には、そんな現場で後悔ない仕事などできないのです。

警護に懸ける熱い想いに感動しますね。

 

BG続編1話ネタバレ無しあらすじ

「BG~身辺警護人~」の1話は、20分拡大で放送されました。

簡単なあらすじもご紹介しておきます。

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いる

IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、

「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった

島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。

彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。

そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。

章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。

その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。

差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。

今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で

研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、

最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!

翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。

だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、

犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。

亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)に

どうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――

そう思いつめたように訴える松野と対面し、章の気持ちは揺れ動くが…。

ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。

しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに!

ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/bg2/story/0001/

冒頭から あのアクションシーンとは、驚きましたね!

負傷の仕方も、その後のセリフも、さすがのキムタクでした!

 

まとめ

BG続編 2020の1話あらすじ・ネタバレ・感想、島崎章が会社を辞めた理由に迫ってきました。

KICKSという会社の裏側には、何か大きな黒い影を感じます。

章が会社を辞めた理由になったのは、やはり劉社長の経営方針でした。

フリーになった島崎章の、新たな魅力たっぷりなシーン満載の予感ですね!

あらすじやネタバレ・感想に関しては、実はまだまだほんの一部なんです。

1話には斉藤工さん演じる高梨の活躍もあるので、気になる方は是非ドラマをチェックしてください。

BGの続編は2020年6月18日スタートで、毎週 木曜 21時~放送ですよ!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。