BGキムタクの息子役の田中奏生の年齢や身長と出演作品も紹介

BGキムタクの息子役の田中奏生の年齢や身長と出演作品も紹介

ドラマBGで、キムタクの息子役だった田中奏生さん。

思春期という難しい年頃を完璧に演じていましたね。

あの演技力の高さには驚かされました!

他の出演作品も見てみたいので、これまでの出演作品をリサーチしてみました。

また、田中奏生さんの年齢や身長も気になりますね。

BGでは小柄なイメージがありましたが、子供なので成長もきっと早いですよね。

そこで、BGキムタク息子役の田中奏生さんの現在の身長と年齢も紹介していきますね。

 

BGキムタクの息子役の田中奏生の年齢や身長は?

「田中奏生」という漢字から、親御さんの素敵なネーミングセンスがうかがえます。

アニメ「鬼滅の刃」に出てきそうな名前だし、男の子が生まれたら付けたくなる名前です。

最近では、身長も伸びて、グッと大人な容姿に変わっています。

それでは、名前の読み方や生年月日、身長や出身地、所属事務所を紹介していきます。

 

田中奏生のプロフィール

  • 名前(読み方):田中奏生(かなう)
  • 生年月日:2006年1月25日生まれ(2020年11月現在14歳)
  • 出身地:千葉県
  • 身長:163センチ
  • 所属事務所:研音

2011年に、ドラマ「誰よりも君を愛す」でデビュー。

デビュー以降も、脇役やメインキャストの息子役を演じ続けること多かった田中さん。

以前は、スペースクラフトという事務所に所属していましたが、現在の事務所に移籍。

BG当時の年齢は11歳で身長は145センチ、現在は14歳になり163センチです。

大人の男性とほぼ変わらない背丈になりました。

元々、きりっとした顔立ちが目を惹く田中さん。

成長期ということもあり、さらに、イケメンぶりに磨きがかかりそうです。

 

BGキムタクの息子役の田中奏生の出演作品をご紹介

田中奏生さんは、実は過去にもキムタクと共演していました。

それは、2012年放送ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」です。

キムタクが演じる金田一二三男の近所に住む男の子、鞠丘両太役を演じました。

まだこのときの田中さんは、愛くるしさがにじみ出ていますね。

現在は、まだ若干のあどけなさも残るものの凛々しい俳優に成長しています。

それでは、田中さんの過去作品について紹介していきます。

 

田中奏生のドラマの出演作品は?

田中奏生さんは、2011年から子役として数々のドラマ・映画・CMに多数出演しています。

まず、主なドラマ出演作品から紹介していきます。

 

ドラマ出演作品

  • 出演作品名:BG身辺警護人(島崎瞬)
  • 出演作品名:グッドドクター(新堂奏太)
  • 出演作品名:病室で念仏を唱えないでください(丸山翼)
  • 出演作品名:クロユリ団地~序章~(木下稔)

 

BG身辺警護人

まずは皆さんも知っているBGから!

BGでは、島崎章の一人息子で、口下手な思春期真っ盛りな少年、瞬を演じました。

瞬は年頃ということもあり、父親との距離も複雑です。

離婚したこともあり、ボディガードという危険な仕事をする父に反抗的。

しかし、章の上司が持ってきた差し入れのお菓子を、独り占めしようとする可愛い場面も!

普段は寡黙かつ反抗的ですが、心根は優しいツンデレ系な男の子をうまく表現していました。

 

グッドドクター

山崎賢人さん主演の「グッドドクター」では、新堂湊の兄、新堂奏太を演じました。

湊に人としての優しさや愛情深さを教え、「お前は絶対に医者になれる」と希望を与えた重要な役です。

湊にとって、唯一温かく接してくれた家族でもあります。

湊が胸を叩いて「お兄ちゃんの声」を聞こうとするシーンは涙が止まりません。

 

クロユリ団地~序章~


子役として最も高く評価されたのがこの作品です。

ミノル役を演じ、高すぎる演技力に、「怖すぎる」とネット上でも反響がおきました。

BGとは全く違う、こんな怖い役もやっていたんですね!

 

病室で念仏を唱えないでください

今年、最も泣かされたドラマと言われたこの作品にも出演しています。

田中さんは、友達の父親の形見であるペンケースを川に投げ捨ててしまう少年、翼役を演じました。

自分の身勝手で大切な友達を傷つけてしまい、葛藤する心境を、見事に表現していましたね。

田中さんはあらゆる役にも溶け込める表現力を持っているのではないでしょうか。

そして、その表現力を活かして映画にも数多く出演しています。

 

青のスクールポリス/青のSP NEW

藤原竜也さんが主演を務める2021年ドラマに、生徒役で出演が決定です!

学校内警察とサブタイトルが付いており、どんな内容なのか今から気になりますね。

 

田中奏生の映画の出演作品は?

映画出演作品

  • 出演作品名:クロユリ団地(木下稔)
  • 出演作品名:小さな橋で(広次)
  • 出演作品名:泣き虫しょったんの奇跡(鈴木悠野)
  • 出演作品名:うちうちの面達は(鎌田浩次朗)

 

クロユリ団地

「クロユリ団地~序章~」のアフターストーリー映画として、ミノル役で出演しています。

映画では、ドラマ以上にパワーアップして出逢った人たちを黄泉の国へ連れてっちゃいます。

 

小さな橋で

父親の蒸発をきっかけに、母と姉と暮らす10歳の長男、広次役を演じます。

複雑な家庭環境により精神的に崩れていく母、おまきを支える健気な姿に感動!

おまきが依存する様子に嫌気がさして、家を飛び出すシーンは、男の子の心理を痛い程表しています。

母親が「女」の部分を見せる姿は、広次の年齢の子どもにとって複雑な心境になりますよね。

そんな広次がバラバラになった家族を繋ぎ止めようと奮闘する姿は見逃してほしくないです!

 

泣き虫しょったんの奇跡

この作品では、小学生時代の瀬川晶司の親友、悠野役を演じていました。

悠野は、瀬川と共にプロ棋士を目指して、刺激し合っていく存在です。

瀬川とは成長と共に、将来を考慮して、別の道を歩むことにした悠野。

瀬川が将棋士の道を志すきっかけを作った好戦相手で、知的な雰囲気を持つ、はっきり物を言う悠野は欠かせない存在でしたね。

 

うちうちの面たちは

本作品は、2018年に、若手映画監督が集うプロジェクトで製作された短編ムービーの一つです。

ここでは夫婦喧嘩が原因で、2週間前に母親が失踪した13歳の浩次朗役を演じました。

ただ、浩次朗は母親が「失踪」に見せかけ、屋根裏部屋に身を潜めていることを知っていました。

父と姉の志保にばれないよう、母と2人だけの秘密を共有するかわいい役どころでした。

家族思いなところや一生懸命さは、「小さな橋で」の広次と似ていますね。

 

まとめ

BGキムタクの息子役の田中奏生の年齢や身長と出演作品も紹介をお届けしました。

田中奏生さんは、BGキムタクの息子役だけでなく数多くのドラマや映画に出演していました。

どの役でも演技力の高さが際立った存在です。

年齢は14歳で、身長は163センチでした。

BGの時は145センチだったので、あっという間に伸びていて成長の早さを感じます。

どんどん背が伸びて、男優らしい風格が醸し出していて、今後の出演作品も楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。