バサってどんなトランプゲーム?やってはいけない危険な遊び方やルールも紹介

バサってどんなトランプゲーム?やってはいけない危険な遊び方やルールも紹介
Pocket

「バサ」ってどんなトランプゲーム?やってはいけない理由は?危険な遊び方やルールも調べてご紹介します!

2020年4月29日に放送された「やりすぎ都市伝説で話題となったトランプゲーム「バサ」。

バサは、2019年4月9日にもD.C.GARAGEというTBSの深夜ラジオ番組でアルコ&ピースが話していたみたいです。

バサってどんなゲームなのか調べてみましたが、バサは「麻雀や大富豪」のようなゲーム性で、上がるときに「バサー!」と告げるトランプゲームみたいです。

詳細はなかなか出てきませんが、調べてみると怖い、やってはいけないというほどの危険性は感じませんが…。

話題の「バサ」、怖いトランプゲームらしいのですがやってはいけない理由はなぜなのでしょうか?

トランプゲーム「バサ」のやってはいけない危険な遊び方やルールがあるとの情報もあるので気になりますね。

また、バサは実は…なんていう噂も色々あるので、その辺も含めてさらに掘り下げてご紹介します!

 

バサってどんなトランプゲーム?

バサは、ギャンブル性と中毒性が高いので、やってはいけないと言われています。

バサには「バサ返し」という手があるのが特徴のようで、その手は2倍にも3倍にもなってしまうことがあるようです。

大枠のルールとしては大富豪と麻雀に近いらしいので、麻雀と近いなら確かに中毒性はありそうです。

ただ、これだけではそれほど危険性はなさそうですね。

 

「バサ」怖いゲームが話題

都市伝説でバサの話しが放送されるやすぐにつぶやかれ、Twitterでトレンド入りするほどの話題になっています。

また、バサを検索した方がいて、「そのページは存在しません」となったことで怖いトランプゲームだと話題になっています。

Yahoo知恵袋にも同じような質問が上がっています。

その回答が「友達・家族・恋人を失った」「プライベートで人との交流をしていない」「バサで多くの人を傷付けた」という内容でした。

なので「バサは恐いゲーム」というイメージがさらに加速しているようです。

 

「バサ」怖いゲーム誰が言った?

やりすぎ都市伝説で「バサは恐いゲーム」と言ったのはお笑いコンビ人力車の岡野洋一さんです。

岡野洋一さんは、アルバイト時代にバサを知り、めちゃくちゃ面白かったと感想を述べています。

そのあまりの楽しさから家族や友達を失う人が現れたり、実際にハマった芸人たちは、バサにのめり込み過ぎてしまい、みな芸人を廃業してしまうほどの中毒性を持っているそうです!

面白すぎて人生が崩壊するとも言っていますので、これを聞くとやはり怖いゲームなのかなと思ってしまいますね。

 

「バサ」トランプのやってはいけない危険な遊び方やルールも紹介

バサの危険な遊び方は、トランプの賭け事でギャンブル性を上げることです。

バサのルールも調べてみましたが、英語サイトにはそれらしきものがあるものの、「これがバサのルールだ」というものはありませんでした。

しかし、そのギャンブル性の高さからレバノンでは政府が介入してプレイが禁止されているそうです。

また、「興味本位で突っ込まない方がいいゲーム」だと経験者は述べています。

あまりにも強いギャンブル性と中毒性で、全てを失ってもやめられない人が多いために広まっていないのでしょう。

中東では人気が高くても日本を含めた世界各国にバサが広まらないこと自体が、バサは危険なゲームだと物語っているのかもしれませんね。

 

「バサ」はbasra(バスラ)のこと?

バサはバスラとは違います。

情報があまりにも少ないのではっきりしませんが、バサはギリシャやバチカンといった国が発祥の地ではないかと思われます。

バサは英語翻訳すると「バスラ」になるようですが、ルールを見る限り別のゲームです。

 

「バサ」怖いゲームはアプリがある?

バサという名前のゲームアプリはありませんが、「バスラ」のゲームアプリはあります。

バスラのゲームアプリは2種類あり、いずれもiPhone用です。

APPストアでゲットできますので興味のある方は探してみて下さい。

アプリの名前は「Basra-習慣性のカードゲーム」と「Basra!」です。

 

「バサ」怖いゲームは怖くない?

ギャンブル性や中毒性の高いトランプゲームでも、賭け事にしなければ怖くありません。

バサが怖いトランプゲームだと言われるのはそのギャンブル性にあり、そのギャンブル性が中毒性を生んでいます。

なので、バサを賭け事にせずギャンブル性を下げて遊べば何も怖くありません。

麻雀も賭け事にしなければ楽しいゲームです(^▽^)

ただ、中毒性はありそうなのでハマり過ぎには注意が必要ですね。

 

「バサ」怖いゲームは岡野陽一によるデマ?

このネタ実は知恵袋が元ネタなんじゃね?

岡野陽一が知恵袋パクったってこと?

まぁ「やりすぎ都市伝説」で紹介されてましたし、岡野陽一さんによるデマという説はありえなくはないですよね。

知恵袋で見ておもしろいと思ったので、ノリで話してみたらウケて、噂が広がって番組オファーが来たとか、ラジオでとりあげられたとか?

ただ、おそらく、噂のヤフー知恵袋は、「芸人がラジオで話してた」とあるので、この芸人は岡野陽一さんである可能性がありますから、ヤフー知恵袋が元ネタかどうかは分からないですね。

岡野陽一ってクズ芸人って自称してる人だよね?

どんな芸風なんだっけ?

>>岡野陽一の「バサ」以外のネタやクズエピソードが気になる人はこちらもどうぞ

 

まとめ

以上「バサってどんなトランプゲーム?やってはいけない危険な遊び方やルールも紹介」をお届けしました。

色々調べてみましたが、「バサ」ってどんなトランプゲームなのかという情報はほとんどありませんでした。

しかし、レバノンでは政府が介入して禁止されているという情報もありました。

中には経験者のコメントもあったのですが、都市伝説で都市伝説として紹介されただけあって、バサというゲーム自体が存在するかどうかも怪しい気がしてきました(^_^;

ということで、ネット上でもトランプゲーム、バサのルールについて詳細な情報は明らかになりませんでした…。

何にせよ、大富豪とか麻雀などと同じくらいの中毒性のあるゲームということは分かりました。

しかし、バサのルールを知ってしまうとやってみたくなりますしハマってしまうかもしれないので、これ以上は掘り下げないでおきましょう(^_^;

この情報で高まったトランプゲーム熱は大富豪などで発散しましょう!

そういえば、バサならぬバスラのゲームアプリもありましたね…。

ということで、今回は「やりすぎ都市伝説」で都市伝説として紹介された「バサ」は怖いトランプゲーム?やってはいけない理由は?危険な遊び方やルールも調べてご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。