babymetal新メンバー太いし顔でかい のは本当か画像で徹底比較!

babymetal新メンバー太いし顔でかいのは本当か画像で徹底比較!

babymetalは、2010年にアイドルとメタルを融合したSU-METAL、MOAMETAL、YUIMETALの当時3人組のメタルダンスユニットでした。

しかし、2018年にYUIMETALが脱退し、それから2人で活動しています。

しかし、2019年にメタルレジタンス第8章からサポートダンサーとして1人加わりツアーで踊るというbabymetalアベンジャーズとして活動をしています。

しかし世間の目は賛否両論で、新メンバーは「顔でかい」、「太い」などという批判の声も…。

実際にSU-METAL、MOAMETALが小柄という印象があるので、新メンバーの画像を比較してしまうと思われても仕方がないのかなとも思います。

今回は、babymetalの新メンバーは本当に顔でかいのか、太いのか画像付きで比較をしてまとめてみました。

 

babymetal新メンバー太いし顔でかいのは本当?

海外でも活躍するbabymetalに新メンバーが入るという事で注目を浴びる中、2019年にbabymetalアベンジャーズ(サポートダンサー)として加入した鞘師里保(さやしりほ)さん。

しかし鞘師里保さんが加入してから、babymetalのファンの方からは一部、厳しい声もあがっています。

顔でかいし太くない?
baby metalじゃなくてただのmetalじゃん

などと容姿に対して指摘される事もありました。

どうやらこれは鞘師里保(さやしりほ)さんに向けての感想のようですが、太いし顔でかいというのは本当なでしょうか。

 

babymetal映らないのは太いから?

babymetalがテレビ出演すると、必ずと言ってよいほど「1人だけアップで映っていない!」という意見があります。

確かに見てみると映る頻度が違いますね…どうして3人中の2人はしっかりと映っていて1人は映されなかったのでしょう…。

これも鞘師里保さんが太いからなんじゃないの?などという噂が聞かれることもありますが、それは全くの誤解です!

例えば藤平華乃さんや岡崎百々子さんなど他のbabymetalアベンジャーズも同様で、理由はbabymetalのサポートメンバーだからという理由だけなのです。

サポートメンバー誰が出たとしてもアップでは映らなかったはずなので、決して太いからという理由などではありません!

 

新メンバーで一番顔でかいのは誰?

2019年にbabymetalアベンジャーズとして3人選ばれました。

  • 鞘師里保さん
  • 岡崎百々子さん
  • 藤平華乃さん

この3人の中でファンの方々から「顔が大きい」「太い」などと言われているのは、ツイッターなどでみなさんの感想を見る限りは、おそらく鞘師里保さんのようです。

本当にそうなのか、babymetalメンバーのSU-METALさんとMOAMETALさんと比較してみましょう。

 

babymetalのSU-METAL(中元すず香)さんとの比較

SU-METALさんと鞘師里保さんの顔の大きさを比べてみると、鞘師里保さんの方が大きく感じます。

小さい頃からSU-METALさんはモデル活動をしているだけあって、スラッとした体型で顔もシュッとしていますよね。

しかしこのレベルだと、鞘師里保さんが大きいというよりはSU-METALさんが小顔すぎなのではないでしょうか?

どちらにしても、同じ女性として顔周りが細いのは小顔効果がアップしますし、羨ましいですね♪

 

babymetalのMOAMETAL(菊池最愛)さんとの比較

MOAMETALさんと鞘師里保さんの顔の大きさを比べると、やはり鞘師里保さんの方が大きく感じます。

MOAMETALさんは身長が152cmと小柄な為、小さくて可愛いというイメージがファンの方にあるようです。

実際に全体的に小柄なので、顔も小さく見えますね。

babymetalの2人が特別小顔という事で顔が大きく見えてしまっているのかもしれません。

 

babymetal新メンバー太いのか画像で徹底比較

顔の大きさについても触れてきましたが、実際にはbabymetalの2人が特別に顔が小さいだけなように感じました。

次に、体型についても「太い」と言われてしまっている鞘師里保さんですが、分かりやすく代表的なTV出演シーンやLIVEなどの画像と共にまとめてみましょう。

 

紅白の時の画像(2020年)

babymetalが紅白に出る事をファンの方々はとても喜んでいる様子が伝わります。

2020年の紅白初出場では、サポートダンサーとして出演したのは岡崎百々子さんです。

SU-METALさんとMOAMETALさん、岡崎百々子さんの3人だけの出演となりました。

岡崎百々子さんとメンバーの二人を比較してみると、鞘師里保さんのとの比較と同様で、やはり小柄なイメージがあります。

SU-METALさん、MOAMETALさんも細くスラッとしているイメージですよね!

紅白に出場した3人と鞘師里保さんを比べて、も鞘師里保さんより細い事が分かります。

babymetal結成してから10周年目にして紅白に初出場しました。

紅白では、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を歌いました。

babymetalのファンの方からは「カッコ良すぎた!」と歓喜の声が広がっていたでしょう。

 

Glastonbury2019の時の画像(2019年)

実は鞘師里保さんはかなり体系の変化が激しい方のようで、衣装によって太く見えてしまう事もあるのかもしれません。

しかし鞘師里保さんを初めて知る方も、babymetalで踊っている姿を見ればキレキレのダンスに驚くようです。

モーニング娘。時代から注目されてきた鞘師里保さんですから、やはりダンスはさすがですね!

鞘師里保さんの笑顔で踊っている姿に癒されるという声もありました。

楽しそうに踊っている姿を見るとこっちまで楽しくなりますよね!

鞘師里保さんの魅力は全力で踊って楽しそうにしている笑顔なんだと感じます。

 

babymetal新メンバー顔でかいのか画像で徹底比較

次に、はじめにメンバーと鞘師里保さんを中心に顔の大きさについて比較しましたが、実際のLIVE映像などではどのように映っていたのか、画像付きでまとめてみました。

 

欧州公演の時の画像(2020年)

2020年2月に行われた欧州公演のライブにサポートダンサーとして鞘師里保さんが出演。

鞘師里保さんは、どの会場でも常に楽しそうに笑顔でダンスしているので見ているファンの方は感動させられるようですね。

ライブ中の写真になるので写り方もあると思いますが、少しエラが張っているように見えます。

しかし顔のエラが目立ってしまうカメラのアングルがあるので、実際に顔が大きいとは限らないでしょう。

鞘師里保さんのパフォーマンスの中で様々な表情を見せるとファンの方は語ります。

私も実際に鞘師里保さんのパフォーマンス姿を拝見させていただきました。

大人っぽいクールな表情から笑顔で楽しそうに踊っている表情と曲によって違うので、つい引き込まれてしまいます。

 

Summer Sonicの時の画像(2019年)

鞘師里保さんが初めてbabymetalのライブに立ったのは2019年のSummer Sonicです。

babymetalのYUIMETALさんが脱退し、SU-METALさんとMOAMETALさんの2人で活動してきました。

しかし、サポートメンバーとして鞘師里保さんが決まり、Summer Sonicの舞台でパフォーマンスを披露する事になります。

鞘師里保さんのパフォーマンスを見たbabymetalのファンの方も圧巻されたと話題となっています。

初めて鞘師里保さんを見た日本人、外国人の一部からは、良い評判を受けられなかった様子。

babymetalに合わない。

といった声もあがっていましたが、キレキレのダンスやパフォーマンスに認められるようになってきました。

外国人からの方から見た 鞘師里保さんは、可愛いくて魅力的な女性だという声も上がっています。

要するに、鞘師里保さんは本当に顔でかい・太いなどというのはどちらでも良い事ですね。

印象的に残るパフォーマンスとそれをファンが評価している事を考えると、容姿だけの評価は気にすることもないのでしょう。

これからも鞘師里保さんの全力パフォーマンスがたくさん見られることを期待しましょう!

 

まとめ

今回、babymetalの新メンバーは本当に顔でかいのか、太いのか画像付きで比較をしてまとめてみました。

2010年に結成されたbabymetalですが、ある日メンバーの1人が脱退してしまった時は、ファンの方々からは衝撃だったでしょう。

あらたな形でbabymetalアベンジャーズとしてサポートダンサーを入れる事になりましたが「顔でかい」、「太い」など一部では容姿を批判するような感想もありました。

しかし、本当なのかこの記事の画像での比較検証を見て、いかがでしたでしょうか?

容姿にとらわれて素晴らしいパフォーマンスを見逃すのは残念な事ですし、これからもbabymetalアベンジャーズのサポートを応援したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたにおすすめ