アンサング原作と違うのは相原くるみの年齢?ドラマとの違いを全て徹底解説

アンサング原作と違うのは相原くるみの年齢?ドラマとの違いを全て徹底解説
Pocket

アンサングの第2話が放送されましたね。

漫画や小説が原作のドラマ化は「原作と違う」と比べられがちですよね。

アンサングも例外でなく、「相原くるみの年齢が違う!」「原作とドラマに違いがある!」と原作ファンから多くの声が上がりました。

そこで今回は、アンサングの原作と違う点について徹底的に調べてみました。

やはり相原くるみをはじめとする出演者の年齢は、ドラマと原作で違いがあるようですね。

それでは、原作との違いについて解説していきます!

 

アンサング原作と違うのは相原くるみの年齢?

西野七瀬さん演じる相原くるみは、原作では主人公葵みどりの頼れる同僚です。

しかし、ドラマでは新人の薬剤師となっています。

 

アンサング原作と相原くるみのキャラも違う?

相原くるみは原作では登場シーンが少なくあまり目立たないタイプです。

また、薬剤師2年目の仕事のできるキャラでした。

一方、ドラマでは新人として主要なキャラクターとなっています。

しかも、ドラマ第1話でくるみは「向いてなかったら、(仕事を)辞めようと思っています」というゆとり世代っぽい発言…。

原作のくるみはそういったやる気のない描写はないので、原作とドラマでだいぶキャラが違います!

くるみが、仕事に真摯に向き合うみどりを見て、どのように変わっていくかが楽しみですね。

 

アンサング原作とドラマとの違いを全て徹底解説

実は、アンサングの原作とドラマで人物設定に違いがあるのは、相原くるみだけではありませんでした。

細かい設定も含めると、登場人物はみんな少しずつ設定を変えているみたいだよ!
え、そうなの?具体的には原作とドラマでどこが違うのー!??

はい、では相原くるみ以外に何が変わっているのか、原作とドラマの違いを説明していきますね!

  • 【葵みどり(石原さとみ)】原作では薬剤師2年目の若手。ドラマでは8年目の中堅薬剤師で、相原くるみの指導者。
  • 【瀬野章吾(田中圭)】原作では主任で、ドラマでは薬剤部副部長。
  • 【刈谷奈緒子(桜井ユキ)】原作ではとっつきにくい性格。ドラマでは少し明るい。
  • 【羽倉龍之介(井之脇海)】原作では無口な1年目の薬剤師。ドラマでは3年目の明るいムードメーカー。
  • 【小野塚綾(成田 凌)】原作では薬局で働く薬剤師。ドラマでは親は薬剤師で、本人が薬剤師かはまだ明かされていない。
  • 【販田聡子(真矢みき)】原作では薬剤部部長は販田聡という男性の設定。ドラマでは女性。

 

その他にも、原作にはいなかった人物がドラマに出演しています。

  • 【七尾 拓(池田鉄洋)】瀬野章吾と同じ薬剤部副部長。要注意人物の気配。
  • 【荒神寛治 (でんでん)】ベテランの薬剤師で、医薬品情報を取り扱っているDI室責任者。マジシャンの一面も。
  • 【工藤虹子(金澤美穂)】4年目薬剤師で病院内のゴシップが好き。
  • 【辰川秀三(迫田孝也)】みどりが通う中華料理店の店主で、萬津総合病院では待たせられるとキレると有名な外来患者。

ドラマならではの人物がいることで、原作とはまた違った新しい展開が待っていそうですね!

 

アンサング原作者は誰?

原作者は荒井ママレ先生です。

アンサングの原作は、現在も月間コミックゼノンで連載中です。

薬剤師を舞台とした漫画ということもあり、焼津市立総合病院薬剤科の富野浩充氏が監修し、薬剤師のリアルな姿を描いています。

ドラマだから映像・言葉・音楽と一緒に細かく心理描写できる部分もあれば、漫画だからこそ読者が登場人物の心情を想像して楽しめる部分もあるので、ドラマと合わせて原作も読むと益々面白くなりそうですね!

 

アンサング原作者のドラマの評価は?

原作者の荒井先生も待望のドラマ化だったようですね!

実際に放送されたドラマを観ると、荒井先生も感動的なシーンに心打たれたようで、先生もドラマに太鼓判を押していますね。

原作漫画は、ドラマとは設定が違うため、荒井先生はドラマ派の方にもアンサングの原作漫画も試しに見て欲しいと仰っていますね!

 

アンサングの原作漫画をお得に読む方法を限定公開!

ドラマから入って、アンサングの原作漫画を読みたくなった方は多いですよね。

でもわざわざ書店に買いに行くのは面倒ですし、お金が掛かります。

でも、原作漫画を読んでないと、原作ファンの言っていることが分りませんし、ドラマを100%楽しめてない感じがしてしまいます。

ドラマを見て、アンサングの原作漫画も読みたい、そんなあなたにおすすめなのがFODです。

FODならアンサング原作漫画1巻が最後まで無料で読めるんです!

1巻を読んで面白かったら一気読みしたいのが漫画ですが、お手元のスマホやタブレット、PCでいつでもすぐに最新巻までイッキ読みできます。

しかも注目すべきことは、FODは、現在2週間無料トライアルキャンペーンというお得なキャンペーンを実施中です。

実際に私も登録して、ドラマも漫画も満喫して、キャンペーン期間内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした!

しかし、このお得なキャンペーンはいつ終わってしまうかわかりませんので、あなたも是非このお得なキャンペーンを利用して、アンサングの原作漫画もドラマも満喫してみてくださいね。

>>お得にアンサングの原作漫画をイッキ読みする<<

 

アンサングの原作漫画をお得にイッキ読みするコツ


アンサングの原作漫画を、FODでお得にイッキ読みするために、是非知っておいてほしいコツがあります!

FODのポイントをフル活用すると実質1694円分もお得に、アンサングの原作漫画を読むことができるんです!

FODのポイントは1ポイント1円換算で、3種類の方法でポイントがもらえます。

  • FODプレミアム会員になると、100ポイントもらえます!
  • 8日、18日、28日には400ポイントもらえるので、1ヶ月で1200ポイントもらえちゃいます!
  • 漫画を買った金額の20%がポイントバックされるんです!

アンサングの原作は2020年7月現在5巻まで出ています。

今FODなら1巻は無料で読めるので、最新巻までイッキ読みするには、実質4冊の購入となります。

アンサングの原作漫画をお得にイッキ読みするコツ

FODの1ポイント=1円換算で、アンサングは1冊580円なので、

1,664ポイント+1冊580円無料=実質2,244円分お得にアンサング原作漫画が見れてしまうんです!

>>今すぐFODでお得にアンサングの原作漫画を1巻から最新巻までイッキ読みする

 

アンサングの漫画やドラマの他にFODで何が見れるの?

アンサングの原作漫画をお得にイッキ読みするコツ

FODでは、アンサング以外にも石原さとみさんの人気のドラマや映画が見れるんです!

リチプアやディアシスターは、石原さとみさんの代表作ですよね!

三浦春馬さん主演の二部作映画「進撃の巨人」では、石原さとみさんの原作キャラに忠実な演技が話題になりました。

人気ますます急上昇中の西野七瀬さんが気になる方におすすめなのは、グータンヌーボ2です。

アンサングの原作漫画をお得にイッキ読みするコツ

>>グータンヌーボ2の西野七瀬を今すぐ見る

役を演じる女優、西野七瀬さんも素敵ですが、自然体の西野七瀬さんの魅力が溢れるトーク番組、グータンヌーボ2も、西野七瀬さんファンなら必見です!

>>お得にアンサングの原作漫画をイッキ読みする<<

 

まとめ

ドラマアンサングの、原作と違う点についての解説はいかがでしたでしょうか。

相原くるみだけでなく、他の出演者も年齢やキャリアに原作とは違いがありましたね。

元々漫画のアンサングファンだった方が、「ここは原作と違う!」という視点でドラマを見てしまう気持ちも分かります。

年齢やキャリアの設定によって、葵みどりと相原くるみの関係性にも原作とドラマで違いが出ていましたね。

今回ご紹介した原作と違う点以外にも、今後のドラマで明らかになっていく違いもあるかもしれません。

原作とドラマでどんな違いがあるかも含めて、これからもドラマアンサングを楽しんでくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。