24日本版3話のあらすじ・ネタバレ!朝倉麗の秘密が判明?!

24日本版3話のあらすじ・ネタバレ!朝倉麗の秘密が判明?!

皆さん、話題の24日本版は楽しんでいらっしゃいますか!?

本家のファンの方も、日本版から見始めた方も、みなさんが気になる第3話のあらすじやネタバレについてご紹介していきます。

さて、暗殺計画を企てられている朝倉麗には、なにか良からぬ秘密がありそうですが……。

その辺りも追っていきましょう!

では、「24日本版3話のあらすじ・ネタバレ!朝倉麗の秘密が判明?!」をお送りします。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

24日本版第3話のあらすじ・ネタバレ!


表沙汰にはなっていないものの、あらゆる所で着実に事件が展開しています。

全24話で事件の起こる1日を追うドラマですので、まだ物語は序盤も序盤。

各所で起こっている事件がどのように繋がっていくのか、ドキドキしますね!

 

24日本版第3話のあらすじ紹介

#3「02:00A.M.-03:00A.M.」

「ママ、大好き!」

ようやく電話が繋がった娘、獅童美有(桜田ひより)の口から出た言葉は有り得ないものだった。

獅童六花(木村多江)は動揺を隠せない。

母が娘の異常に気付き始めた頃、KEN(上杉柊平)とGO(犬飼貴丈)は誘拐した美有を謎の男・神林民三(高橋和也)に引き渡すために計画を進めていた。

自分たちの状況に気づいた美有は、意を決して寿々(柳美稀)と逃走をはかるが、KENとGOに追われる中でさらなる悲劇に見舞われてしまう

普段口も聞かない娘にあんなことを言われたら驚きますよね……。

2話では、KEN(=長谷部)とGO(=鮫島)に反抗的な美有の態度に激怒した鮫島が、意識混濁中の寿々の腕を圧し折るというショッキングなシーンもありました。

そんな彼女たちにさらなる悲劇があるとは……一体どうなってしまうのでしょうか。

一方、獅童現馬(唐沢寿明)は、内通者に関わる重要証拠品であるカードキーに朝倉麗(仲間由紀恵)の極秘情報を入力した端末が誰のものかを知って愕然としていた。

持ち主として出てきた名前は、仲間内でもとりわけ信頼を寄せていた水石伊月(栗山千明)だったのだ。

現馬はその事実が信じられず、暗号解析係の明智菫(朝倉あき)に「本当に水石がデータを入力したのか」調査を依頼する。

そんな中、水石の恋人でもある暗号解析係長・南条巧(池内博之)が想定外の行動を起こす。

内通者を見つけ出すために周りを疑いだしたらキリが無いとは思いますが、まさか一番信じていた仲間の名前が出てくるなんて考えませんよね。

現馬に敵対心むき出しの南条が何をしでかすのか、ヒヤヒヤしてしまいます。

そして、ホテルから姿を消した朝倉麗は、闇の情報屋・上州(でんでん)と密会していた。

家族に関する不利益な情報をちらつかせたキャスター・山城まどか(櫻井淳子)に対する口止め工作を依頼するが……。

ただでさえ、命を狙われている身である朝倉麗。

上州と呼ばれる見るからに怪しげな男と秘密裏にやり取りをしていますが、大丈夫なんでしょうか……?

 

美有と寿々の誘拐事件が朝倉麗暗殺計画を進行中のテロリストたちと繋がっていきます。

そして、端末の使用者として名前の挙がった水石に現馬の疑いの目が向けられてしまいますが、本当に内通者は水石なんでしょうか?

 

24日本版第3話のネタバレ!

それでは、事件当日2:00〜3:00の間になにが起こったのか追ってみましょう。

最も内通者の可能性のある人物として水石の名前が出てきたことを踏まえて、現馬は再度明智に水石の端末からデータが入力されていたか再調査を依頼する。

だが、再調査の甲斐も虚しく、そこには水石の端末から入力されという事実しか無かった。

現馬の疑いの目は完全に水石に向けられた

「いつから俺を騙していた?」

明智と共に水石本人に証拠を突きつける。

だが、水石は内通者であることを否定する。

そのカードキーにはデータを入力した日時もしっかりと記録されていたのだ。

6月20日……それは、妻との別居中に水石と付き合っていた現馬が、初めて水石と2人で旅行に行った思い出の日だった。

「嵌められた……。」

現馬からの疑いは晴れるも、水石は「こんなことで私を疑うなんて。」と怒りを露わにするのだった。

水石には完全なアリバイがありました。

現馬本人と一緒にいた(不倫旅行をしていた)という事実があるのです。

では、このカードキーに水石の端末からデータを入力したのは誰なんでしょう。

班長である現馬とのやりとりを終え、落ち込む水石をみた南条。

彼は、水石の現在の恋人なのだ……気にならない筈は無い。

現馬は明らかに何かを隠している。

さらに、水石や明智等、周りの人間を確実に巻き込んでいるのである。

見兼ねた南条は自分のデスクの受話器を取り、どこかへと電話をかけ。

「人を寄越してくれ……班長の重大な疑惑により、解任を要求する。」

彼は本部へ直接掛け合い、現馬の班長解任を依頼したのだ。

大胆にも、本部に現馬に対する不満を直談判した南条。

恋人である水石の様子を見ていて、居ても立っても居られなかったのでしょう。

恋人といえば……

恋人である亜矢子(長井短)に予想外の行動を取られた氷川(片瀬那奈)は、謎の男・神林民三とID入手の報酬について揉めていた。

金に目が眩んだ亜矢子が、報酬の値上げを企んだのだ。

当初報酬の倍、2億ものお金の要求を承諾した神林は、亜矢子と氷川と3人でIDカードの隠し場所に向かう。

亜矢子が隠した本物のカードを神林に渡したと思うと、どこからか発砲され亜矢子は殺されてしまう

息絶える恋人を目の前に、驚き涙を流す氷川。

そんな彼女に神林は更なる仕事の依頼を告げ、氷川もそれを飲むのであった

金の取引による繋がりとはいえ、同じ犯罪を企む身内に恋人を殺されてしまった氷川。

神林の次の依頼を承諾しましたが、果たして素直に実行するのでしょうか。

そんな神林のもとへ運ばれていたのは現馬の娘・美有と、友人・寿々。

自分たちが誘拐されたことに気づいた美有は意を決して逃走を図るが、鮫島と長谷部はすぐに気付き2人を追いかける。

そんな彼女たちの目の前に現れたのはひとりのゴロツキの男。

男は鮫島達に美有達がが逃げた方向の嘘を付き、その代償に金目のものを奪い取る。

美有は助けを求めるが、男はそのまま立ち去ってしまった。

再び逃走を始める美有と寿々は、また別の怪しい男と遭遇することに。

車を持っていたその男に助けを求め、せめて携帯電話を貸して欲しいと頼むも、取り合ってもらえず車に乗せられそうになる2人。

が、そんな彼女達を救う人物が現れる。

先程2人を見捨てた筈のゴロツキの男だった。

彼の助けのおかげで美有は携帯電話を手に入れ、寿々と走り出す。

逃走の途中でその携帯から母に電話した美有は、誘拐され、空港の近くで逃走していることを伝えた。

衝撃の状況を知った母・六花は寿々の父親(神尾佑)に車を出すように頼み、娘の救助へ向かうのだった。

ここでようやく、六花が警察に通報し、誘拐事件が認識されようとしていた。

これで、救助の手が伸ばされる……そう思っていた矢先、更なる悲劇は起こる。

再び迫ってきた鮫島達から逃げていた途中で、寿々が車に跳ね飛ばされてしまったのだ。

動かぬ友人の姿に驚愕する美有。

その場から動けぬまま、再び鮫島達に捕まってしまう

そして、寿々を残したまま鮫島達は美有を連れ去ってしまうのだった。

何処からともなく現れた車。

かなりのスピードで寿々を跳ねましたが、運転手は一体誰だったのでしょう。

動揺した美有や鮫島達は寿々が即死したと思っていますが、実際は最後に寿々が呼吸しているシーンが映されています。

寿々は果たして助かるのでしょうか。

 

リアルタイムで進行中のこの大事件。

3時間の間に、現馬の慕っていた上司は殺され、娘の美有はもう逃げ切れないところまで来てしまいました。

現馬自身も部下から「信用無し」と本部に訴えられ班長解任の危機を迎えようとしています。

水石の怒りも買ってしまった現馬はかなりピンチの状態です。

果たして彼はどのように乗り切るのでしょうか??

続きも乞うご期待です!

 

24日本版へのSNSでの反応は?

本家アメリカ版も3話までは序章ということで淡々と物語が進んでいましたが、3話終わりから一気に展開していき面白味が増したようです。

本家をなぞりながらも、ハラハラ感の増してきた3話。

特に本家を視聴したことの無い方からは高評価も多くなっています。

 

24日本版第3話で朝倉麗の秘密が判明?!

物語の大元である「朝倉麗の暗殺計画」。

女性初の総理候補である彼女には、どうやら明るみにはしたくない情報があるようです。

第1話でキャスターの山城が電話で伝えてきた「家族に関する話」というのがその秘密であると思われますが、どのような内容なんでしょうか。

第3話で明かされた彼女の抱える秘密について迫ってみましょう!

 

24日本版第3話で朝倉麗が企むのは口止め?

第2話で上州からの連絡の有無を気にする朝倉麗に対して、部下が「まだあんな人間と繋がりがあるのですか」と諌めます。

そんな言われ方をする上州とは、一体何者!?

見るからに只者ではない気はしますが、最有力総理候補の朝倉麗が繋がっているとバレたらいけない人間ということは、相当危険な人物かと思われます。

そんな上州に対して密会を強行した朝倉麗は、山城に対して朝倉家の秘密に関する口止め工作を依頼しました。

夫にすら相談できなかったことを相談するのですから、上州は朝倉麗の敵ではないと考えて良いのでしょうか。

 

24日本版第3話で明かされる朝倉麗の秘密の原作ネタバレ

本家アメリカ版『24』の第3話では、黒人大統領の最有力候補者であるパーカーの秘密が明らかになります。

パーカーの役どころは、日本版の朝倉麗になります。

そこで、原作『24』の第3話のパーカーの秘密のネタバレをご紹介していきます。

滞在中のホテルを抜け出しカールと密会したパーカーは、キャスターのモーリーンから電話で告げられた内容を伝える。

パーマーの娘・ニコールをレイプした男は自殺したことになっているが、本当は殺された

「そして、その犯人は息子・キースだ

モーリーンはこの情報をテレビで追求すると電話してきたのだった。

憤慨するパーマーにカールは「情報源を突き止めて、もみ消す」と告げ、その場を去っていく。

アメリカ『24』では、過激なシーンも多く、カールの家族スキャンダルも衝撃の内容です。

第3話で朝倉麗の口から語られたスキャンダルも本家と同じ内容でした。

過去に妹・日奈がレイプされてしまった事に激怒した兄・夕太によって、レイプ犯は突き落とされて殺されたというのです。

母のためにケーキを焼き、夜中にも関わらず応援に駆け付ける……そんな微笑ましい子供たちの過去にそんな事があるなんて考えると悲しくなりますね。

朝倉麗は娘の過去を踏まえつつも、息子の犯行は事実では無いとし、報道により子ども達が傷つかぬ様、口止めを依頼しました。

そして、上州はこのスキャンダルが明るみにならぬ様、山城まどかを口止めすると告げ、姿を消します。

本当に、事は無事に済むのでしょうか?

そして、朝倉麗が否定したスキャンダルの真相はいかに……?

 

24日本版の第3話までの伏線


1~3話で明らかになっていない謎をまとめました!

  • 鬼束の持っていた情報の提供者
  • 水石の端末からデータ入力したのは誰か
  • 朝倉麗が相談の電話をしていた “上州” とは何者か
  • 寿々を跳ねたのは誰?

中でも気になるのは、1話で鬼束が現馬の元に持ってきた情報の提供者が未だに不明な事です。

水石の端末を使って彼女に疑いの目を向けようとした人物とも同じなのでしょうか。

現馬が追う「内通者」の手がかりはなかなか出てきません。

第3話では、朝倉麗の抱える秘密が明らかにはなりましたが、上州がどういった人間なのかは謎のままです。

朝倉麗にとって安全な人間なのか、スキャンダルは隠しきれるのか気になります。

そして、逃げる寿々を跳ね飛ばした車。

倒れる寿々を無視してそのまま走り去ってしまいましたが、一体誰が運転していたのでしょう。

辛うじて生きている様子の寿々ですが、この後きちんと助かるのか不安です。

 

謎が少し明らかになれば、また別の謎が湧き出てくる……ハラハラドキドキが止まりません。

 

まとめ

24日本版第3話のあらすじやネタバレをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

気になる朝倉麗の秘密についても、本家と同じ内容をなぞっていますが、今後の展開も同じなのかオリジナルになるのか気になります。

そして、いよいよ完全に捕まってしまった美有や、職場でのピンチを迎える現馬などハラハラさせられますね。

美有達の逃走劇は本当に手に汗握る緊張感でした。

次回第4話も見逃せない1時間、皆さん要チェックですよ!

以上、「24日本版3話のあらすじ・ネタバレ!朝倉麗の秘密が判明?!」をお送りいたしました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。